[試合結果:明治安田J1]サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズがACL圏内に入る!ジュビロ磐田はJ1昇格プレーオフに回る

明治安田生命J1リーグは第34節9試合が行われた。第34節は4位の北海道コンサドーレ札幌が2位のサンフレッチェ広島札幌ドームで対戦し、2-2で引き分けた。北海道コンサドーレ札幌は2試合負けなし、8試合連続得点、勝点55で順位は4位のままとなっている。サンフレッチェ広島は連敗を6で止め、9試合勝ちなし、10試合連続失点、勝点57で順位は2位のままとなっている。

関連リリース

6位の浦和レッズは5位のFC東京埼玉スタジアム2002で対戦し、3-2で勝利した。浦和レッズは2試合ぶりの勝利、13試合連続得点、7試合連続失点、勝点51で順位は6位から5位に上げた。FC東京は2連敗、3試合勝ちなし、勝点50で順位は5位から6位に落とした。

関連リリース

1位の川崎フロンターレは13位のジュビロ磐田等々力陸上競技場で対戦し、2-1で勝利した。川崎フロンターレは2連勝、5試合連続得点、勝点69で順位は1位のままとなっている。ジュビロ磐田は2連敗、3試合勝ちなし、勝点41で順位は13位から16位に落とした。

関連リリース

3位の鹿島アントラーズは15位のサガン鳥栖カシマサッカースタジアムで対戦し、0-0で引き分けた。鹿島アントラーズは連勝が3で止まり、4試合負けなし、勝点56で順位は3位のままとなっている。サガン鳥栖は5試合負けなし、勝点41で順位は15位から14位に上げた。

関連リリース

12位の横浜F・マリノスは9位のセレッソ大阪日産スタジアムで対戦し、1-2で敗れた。横浜F・マリノスは2連敗、3試合連続得点、勝点41で順位は12位のままとなっている。セレッソ大阪は2試合ぶりの勝利、5試合連続失点、勝点50で順位は9位から7位に上げた。

11位のヴィッセル神戸は10位のベガルタ仙台ノエビアスタジアム神戸で対戦し、3-2で勝利した。ヴィッセル神戸は3試合ぶりの勝利、4試合負けなし、勝点45で順位は11位から10位に上げた。ベガルタ仙台は2連敗、勝点45で順位は10位から11位に落とした。

関連リリース

18位のV・ファーレン長崎は7位の清水エスパルストランスコスモススタジアム長崎で対戦し、4-4で引き分けた。V・ファーレン長崎は連敗を3で止め、7試合勝ちなし、4試合連続失点、勝点30で順位は18位のままとなっている。清水エスパルスは2試合連続引き分け、7試合負けなし、3試合連続得点、勝点49で順位は7位から8位に落とした。

17位の柏レイソルは8位のガンバ大阪日立柏サッカー場で対戦し、4-2で勝利した。柏レイソルは2連勝、3試合連続得点、勝点39で順位は17位のままとなっている。ガンバ大阪は連勝が9で止まり、10試合ぶりに敗れ、10試合連続得点、勝点48で順位は8位から9位に落とした。

16位の名古屋グランパスは14位の湘南ベルマーレパロマ瑞穂スタジアムで対戦し、2-2で引き分けた。名古屋グランパスは2試合負けなし、3試合連続失点、勝点41で順位は16位から15位に上げた。湘南ベルマーレは2試合負けなし、3試合連続失点、勝点41で順位は14位から13位に上げた。

関連リリース

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook