[ニュース:試合レポート]モンテディオ山形がヴァンフォーレ甲府戦の試合後コメントを発表「先制出来ている中でももう1点を取りきる力というは課題だと思います」

モンテディオ山形は9月15日に行われた明治安田生命J2第33節ヴァンフォーレ甲府戦の試合後コメントを発表した。ドローとなったこの試合、栗山直樹選手は「少し攻撃を受ける時間が長くなってしまったかなというのは反省しないといけないと思います」、山田拓巳選手は「正直悔しい試合になりましたが、次もすぐあるので、気持ちをしっかり切り替えてやっていきたいなと思います」とコメントしている。

2018明治安田生命J2リーグ第33節 ヴァンフォーレ甲府戦 試合後選手コメント – ニュース&レポート | モンテディオ山形 オフィシャルサイト
http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2018/n-00008921/

2018年9月15日(土) トップチーム (Q.失点以外は守備については手応えのあった試合では?

続きを読む

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook