コバルトーレ女川 vs グルージャ盛岡:観戦レポート

全国社会人サッカー選手権大会東北予選2回戦。東北1部首位のグルージャ盛岡と2部南首位のコバルトーレ女川が対戦した。コバルトーレ女川は第1回戦で東北1部のプリメーロに2-0で勝利する「ジャイアントキリング」を達成している。トーナメント特有の面白さを発動しているコバルトーレ女川グルージャ盛岡をも食らうのか。グルージャ盛岡は第1回戦に引き続き、メンバーを落として挑む。
20120820-001432.jpg

本気のコバルトーレ女川、攻めきれないグルージャ盛岡

立ち上がりの時間帯は両者手探りのなか、コバルトーレ女川が最初のシュートを放つ。前半2分、コバルトーレ女川は左CKからファーで合わせたが、鋭いシュートはGKの正面を捉える。プリメーロを破った勢いを惜しみなく発揮する。本来ならば当たり前のことだが、明らかに勝ちにきていた。
20120820-002742.jpg
難敵を前にしてしまったグルージャ盛岡は間もなくして攻撃の主導権を握るのだが、シュートまで持ち込めない。変幻自在にバックラインの人数を増やすコバルトーレ女川の徹底した守備戦術を前にボールを収めるのが精一杯となる。

前半21分、なかなかシュートを打たせてもらえないグルージャ盛岡はペナルティエリア手前からMF8松田賢太が強引にシュートしたが、枠を外れる。前半22分には右サイドからのクロスにゴール正面で合わせてゴールネットを揺らしたがオフサイドの判定をとられていた。
20120820-013159.jpg
20120820-012115.jpg
前半36分、グルージャ盛岡は右サイド高い位置で得たスローインからDF3小林亮太が頭で合わせたが、枠を外れる。
20120820-005812.jpg
前半40分、グルージャ盛岡は右サイドのクロスからフリーとなっていたMF5富井英司が頭で完璧に合わせたが、GKのファインセーブに逢う。その後のCKからの攻撃でもいいシュートを放ったがGKに防がれた。
20120820-010729.jpg
20120820-011134.jpg
中がダメなら遠目から、ロングスローはどうかと様々なチャレンジを行うグルージャ盛岡。手探りを続けることで徐々にコバルトーレ女川の守備を欺けるようになったが、あと少しで押し切れそうというところで前半の40分間が終了する。あと5分あったら違う未来が見えていたかもしれない。

少ないチャンスで得点を目指すコバルトーレ女川

グルージャ盛岡が攻め続ける一方でコバルトーレ女川もカウンターから得点を目指す。前半25分、コバルトーレ女川グルージャ盛岡の守備の乱れを突いてFW11井田大地がボールを奪い、シュートまで持ち込むが、角度がなく枠を外れる。前半27分、コバルトーレ女川はFW11井田大地がまたしても盛岡守備陣のパスミスを拾ってシュートするが、GKに処理される。
20120820-002248.jpg
20120820-013958.jpg

動かない後半戦

後半に入ってもグルージャ盛岡の一方的な展開となる。ただしグルージャ盛岡の前線の閉塞感は前半以上。後半24分、グルージャ盛岡はペナルティエリア手前で中央から左に開き、最後はMF14金子恵がシュートを放ったがGKにとられる。直後にコバルトーレ女川が仕掛けたカウンターもシュートはGKに防がれた。
20120820-015947.jpg
後半27分、グルージャ盛岡は遠い位置から放り込まれたボールをFW13加藤浩史がDFを背負いながら強引に反転シュートしたが、GKの正面を突く。
20120820-015709.jpg
後半40+1分、グルージャ盛岡はMF5富井英司の直接FKシュートが左ポストを叩く。
20120820-015101.jpg
グルージャ盛岡としては攻めきれないまま過ごした後半戦。コバルトーレ女川としては何とか守りきった後半戦。選手交代のカードを一切切らず、後半終了は迎えるべくして迎えた。

延長戦でグルージャ盛岡の主力登場

延長戦前にグルージャ盛岡は第1回戦にも出場した主力組を投入する。FW26土遠修平に替えてMF15東山裕太、FW25亀山泰樹に替えてFW11佐藤幸大、MF7高橋悠馬に替えてMF9髙瀬証を投入した。お手並み拝見というところだが、コバルトーレ女川の堅守を前にして劇的な変化は生まれない。攻めても攻めても動かない状況になり、ついに守り続けたコバルトーレ女川にツキが回った。延長前半10分、コバルトーレ女川は左コーナーキックからファーサイドで頭で合わせたシュートが決まり先制点とする。グルージャ盛岡のDFがライン際でクリアしたように見えたが、ゴールインの判定だった。
20120820-014518.jpg

コバルトーレ女川が金星

試合はコバルトーレ女川が1点を守りきって1-0で勝利。メンバーを落としていたとはいえ、東北1部で首位を走っているグルージャ盛岡に競り勝ってしまった。守りきって、守りきって、守りきってつかんだ一つのチャンスをものにしてしまう強さここに。グルージャ盛岡が仕掛けるいかなる攻撃も跳ね返してしまう超守備的なサッカーには恐怖すら感じた。明日の東北代表決定戦を観戦出来ないのが残念でならない。
20120820-020917.jpg
グルージャ盛岡はメンバーを落として挑む作戦に失敗した。最初からフルメンバーで挑んでいたら勝てたか、45分勝負だったら勝てたかと言えばその保証はしかねるくらいにコバルトーレ女川が良かったので何ともいえないところだが。グルージャ盛岡にとって非常に悔しい敗戦となったが、今年最初の敗戦がこのタイミングだったことはまだ前を向ける。この試合をどう振り返り、次につなげ、結果に残すかでこの敗戦をいいものにしたい。
20120820-020606.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook