MondayJFL・地域リーグ!町田、準加盟対決制し4位浮上!YSCC優勝お預け!福島U初優勝へ迫る開幕9連勝!

FC町田ゼルビア、後半開始勝負を制して4位浮上!

JFLは後期第5節が行われた。8位のFC町田ゼルビアは7位の松本山雅FC町田市立陸上競技場で対戦し、3-1で勝利した。FC町田ゼルビアはスコアレスで迎えた後半開始早々にディミッチの得点で先制すると、終盤に勝又の2得点を追加して勝利した。松本山雅FCは前半をスコアレスで終えたが、後半立ち上がりに前掛かりなった裏を突かれた。木島徹也が退場するなど後味の悪い試合となった。FC町田ゼルビアは勝点26で順位は8位から4位に上げた。松本山雅FCは3試合連続勝ちなし、勝点24で順位は7位から9位に落とした。

V・ファーレン長崎、長野と共倒れドロー

3位のV・ファーレン長崎は2位のAC長野パルセイロ南長野運動公園総合球技場で対戦し、0-0で引き分けた。V・ファーレン長崎は4試合連続負けなし、勝点26で順位は3位から6位に落とした。AC長野パルセイロは7試合連続負けなし、4試合連続無失点、勝点26で順位は2位から5位に落とした。

カマタマーレ讃岐、連敗止まらず10位転落

9位のカマタマーレ讃岐は10位のツエーゲン金沢香川県立丸亀競技場で対戦し、1-2で敗れた。カマタマーレ讃岐は3連敗、勝点23で順位は9位から10位に落とした。ツエーゲン金沢は勝点25で順位は10位から8位に上げた。

その他上位では、1位のSAGAWA SHIGA FCは15位のブラウブリッツ秋田守山陸上競技場で対戦し、2-1で勝利した。SAGAWA SHIGA FCは5連勝、7試合連続負けなし、勝点34で順位は1位のままとなっている。

5位のFC琉球は16位のアルテ高崎高崎市浜川競技場で対戦し、2-1で勝利した。FC琉球は2連勝、勝点28で順位は5位から2位に上げた。

6位のHonda FCは11位の佐川印刷SCHonda都田サッカー場で対戦し、2-1で勝利した。Honda FCは3試合連続負けなし、勝点28で順位は6位から3位に上げた。

4位のホンダロックSCは17位のソニー仙台FCユアテックスタジアム仙台で対戦し、1-1で引き分けた。ホンダロックSCは2試合連続引き分け、10試合連続負けなし、勝点26で順位は4位から7位に落とした。

また、最下位だったジェフリザーブズがMIOびわこ草津に3-1で勝利し、今期初勝利を上げている。

YSCC、今季初黒星で優勝お預け!

関東サッカーリーグ1部は前期第3節が行われた。勝てば優勝が決まる1位のY.S.C.Cは6位の流通経済大学FC保土ヶ谷公園サッカー場で対戦し、1-2で敗れた。Y.S.C.Cは勝点28で順位は1位のままとなっている。流通経済大学FCは2試合連続負けなし、勝点16で順位は6位から5位に上げた。2位のさいたまSCと3位のFCコリアが勝利したため、Y.S.C.C.の優勝はお預けとなった。

2位のさいたまSCは4位のtonan前橋秋葉の森総合公園サッカー場で対戦し、1-0で勝利した。さいたまSCは2連勝、勝点21で順位は2位のままとなっている。tonan前橋は3連敗、4試合連続勝ちなし、勝点14で順位は4位から6位に落とした。

3位のFCコリアは7位の神奈川県教員SC保土ヶ谷公園サッカー場で対戦し、3-0で勝利した。FCコリアは4連勝、勝点19で順位は3位のままとなっている。

5位のヴェルフェたかはら那須は8位の東邦チタニウム矢板運動公園陸上競技場で対戦し、3-0で勝利した。ヴェルフェたかはら那須は6試合連続負けなし、勝点17で順位は5位から4位に上げた。東邦チタニウムは2連敗、2試合連続無得点、勝点4で順位は8位のままとなっている。東邦チタニウムは来季の2部降格圏である7位以下が決まった。

SC相模原、1部昇格へ3位クラドラ突き放す!

関東サッカーリーグ2部は前期第3節が行われた。2位のSC相模原は3位のクラブ・ドラゴンズ相模原麻溝公園競技場で対戦し、5-1で勝利した。SC相模原はこの勝利で1部昇格圏である2位以上をグッと近づけた。SC相模原は7連勝、勝点25で順位は2位のままとなっている。クラブ・ドラゴンズは勝点19で順位は3位のままとなっている。

1位のエリースFC東京は8位のACアルマレッザと熊谷スポーツ文化公園補助陸上競技場で対戦し、3-3で引き分けた。エリースFC東京は2試合連続勝ちなし、勝点26で順位は1位のままとなっている。ACアルマレッザは5試合連続勝ちなし、勝点8で順位は8位のままとなっている。エリースFC東京はあと1勝で昇格圏である2位以上が決まる。

福島ユナイテッドFC、初優勝へ迫る開幕9連勝

東北社会人サッカーリーグ1部は第9節が行われた。1位の福島ユナイテッドFCは4位のNECトーキンFC宮城県サッカー場Aで対戦し、2-0で勝利した。福島ユナイテッドFCは9連勝、3試合連続無失点、勝点27で順位は1位のままとなっている。福島ユナイテッドFCはあと2勝で初優勝が決まる。NECトーキンFCは勝点13で順位は4位から5位に落とした。

2位のグルージャ盛岡と3位の秋田FCカンビアーレ、4位の盛岡ゼブラは試合がない。

ヴァンラーレ八戸、大勝で首位浮上!

東北社会人サッカーリーグ2部統合は第7節が行われた。2位のヴァンラーレ八戸は9位のパラフレンチ米沢と対戦し、12-0で大勝した。ヴァンラーレ八戸は6連勝、6試合連続無失点、勝点18で順位は2位から1位に上げた。パラフレンチ米沢は2連敗、勝点4で順位は9位のままとなっている。2位のガンジュ岩手と3位のラインメール青森は試合がない。

ノルブリッツ北海道、2位札大GPを得失点差で突き放す

北海道サッカーリーグは第9節が行われた。1位のノルブリッツ北海道は7位の岩見沢FC北蹴会北電江別サッカー場で対戦し、10-0で大勝した。ノルブリッツ北海道は9試合連続負けなし、勝点23で順位は1位のままとなっている。岩見沢FC北蹴会は4連敗、勝点3で順位は7位から8位に落とした。

2位の札大GPは5位の札幌蹴球団北電江別サッカー場で対戦し、4-1で勝利した。札大GPは2連勝、9試合連続負けなし、勝点23で順位は2位のままとなっている。札幌蹴球団は勝点12で順位は5位から6位に落とした。

今季もノルブリッツ北海道と札大GPのデッドヒートが繰り広げられている。得失点差では「ノリブリッツ北海道 40-19 札大GP」となっており、ノルブリッツ北海道が大きくリード。失点数では札大GPの5失点がリーグ最小となっている。

北信越最終節、アルティスタ東御が2位でフィニッシュ!

北信越フットボールリーグ1部は最終節となる第14節が行われた。1位のJAPANサッカーカレッジは3位のFC上田ジェンシャン千曲市サッカー場で対戦し、2-1で勝利した。JAPANサッカーカレッジは7連勝、勝点37で当然ながら順位は1位のままとなっている。FC上田ジェンシャンは2試合連続勝ちなし、勝点27で順位は3位のままとなっている。上田ジェンシャンは最後の2試合を踏ん張りきれなかった。

2位のアルティスタ東御は8位の福井KSCとまるおかスポーツランドで対戦し、1-0で勝利した。アルティスタ東御は3連勝、5試合連続負けなし、4試合連続無失点、勝点32で順位は2位のままとなっている。

北信越2部も全日程終了。ASジャミネイロが最下位転落

北信越フットボールリーグ2部は最終節となる第14節が行われた。1位の富山新庄クラブは7位のASジャミネイロ聖籠スポーツセンターで対戦し、5-2で勝利した。富山新庄クラブは3連勝、勝点37で当然ながら順位は1位のままとなっている。ASジャミネイロは5連敗、10試合連続勝ちなし、勝点7で順位は7位から8位に落とした。

2位のアンテロープ塩尻は5位のCUPS聖籠JAPANサッカーカレッジグラウンドで対戦し、3-2で勝利した。アンテロープ塩尻は5連勝、勝点33で順位は2位のままとなっている。CUPS聖籠は勝点19で順位は5位のままとなっている。

FC刈谷、4連勝で2位浮上!

東海社会人リーグ1部は第11節と第10節が行われた。4位のFC刈谷は8位のトヨタ蹴球団ウェーブスタジアム刈谷で対戦し、5-0で勝利した。FC刈谷はこの試合で観客数782人を記録している。FC刈谷は4連勝、3試合連続無失点、勝点19で順位は4位から2位に上げた。

3位のFC鈴鹿ランポーレは5位のFC岐阜セカンドと長良川球技メドウで対戦し、1-0で勝利した。FC鈴鹿ランポーレは2連勝、勝点19で順位は3位のままとなっている。FC岐阜セカンドは勝点12で順位は5位のままとなっている。

1位のShizuoka.藤枝MYFCと4位の藤枝市役所は試合がない。

長良クラブ、7試合負けなしで4位キープ

東海社会人リーグ2部は第14節が行われた。4位の長良クラブは8位のコニカミノルタ豊川長良川球技メドウで対戦し、5-1で勝利した。長良クラブは7試合連続負けなし、勝点16で順位は4位のままとなっている。コニカミノルタ豊川は4連敗、勝点8で順位は8位のままとなっている。

1位の中京大学FCと2位のChukyo univ.FC、3位の春日井クラブは試合がない。










関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook