MondayJFL・地域リーグ!AC長野が大勝発進!山口はホーム開幕中山ゴール!

JFL開幕!AC長野パルセイロが大勝発進!

JFLは開幕戦として前期第7節が行われた。長年の念願が叶い、ついにJFL参戦を果たしたAC長野パルセイロはホームにジェフリザーブズを迎えて4-0と大勝。昨年までチームを牽引した2トップ藤田信と宇野沢裕次が1得点ずつあげると、新加入の向慎一が2得点を挙げた。JFLの地域リーグのギャップに苦しむチームが多い中、AC長野パルセイロは地域リーグと変わらぬ爆発力をホームのサポーターに見せる結果となった。1試合を消化しての順位は当然首位。長野はこのまま旋風を巻き起こすことができるか。

AC長野パルセイロと同じくJFL初参戦となるカマタマーレ讃岐は今節おやすみでした。

Jリーグ準加盟全滅

優勝候補の町田ゼルビアはホーム野津田に横河武蔵野FCを迎えての南北多摩合戦。知り尽くした同士の対戦は横河武蔵野が2-1で競り勝った。町田ゼルビアは1点のビハインドで迎えた後半7分に新加入ディミッチのゴールで追いついたが、ロスタイムに追加点を許してしまった。

来季のJリーグ加盟に期待がかかる松本山雅FCはホームにブラウブリッツ秋田を迎えた。
木島徹也のゴールで先制するも、後半に2失点。勝ちきる事が出来なかった。

Vファーレン長崎はFC琉球をホームに迎えた。Vファーレン長崎は開始5分でさい先よく先制するも、オウンゴールで同点に追いつかれると我那覇の移籍後初ゴールを許すなど3失点。悔しいスタートを切った。

昨年2位のSAGAWA SHIGAは1ー2でホンダロックに敗戦。Honda FCMIOびわこ草津に2-0で快勝した。

中山元気移籍後初ゴール!レノファ山口ホーム開幕戦勝利!

中国地域は第3節が行われた。ホーム初戦となったレノファ山口FCは維新公園に宇部ヤーマンを迎えての一戦。1350人を集めた開幕戦は新加入で山口県出身の中山元気のゴールなど3得点を挙げて快勝。まずはきちんと連勝をおさめた。

2連勝で首位に立っていたNTN岡山ファジアーノ岡山ネクストに敗戦。首位陥落とともにファジアーノ岡山ネクストが代わって首位に立った。こちらも開幕2連勝と波に乗っていた三菱自動車水島SCは松江シティFCと対戦して1-1のドロー。2位はキープしたものの混戦につきあってしまう形となった。

中国サッカーリーグは第3節を終えて勝ち点1差に6チーム。混戦が予想される。

奈良クラブ開幕3連勝!

関西リーグは第3節が行われた。2連勝で首位に立っていた奈良クラブ阪南大クラブに3-1で快勝。前半の3得点をきちんと守りきった。その他アイン食品がラランジャ京都に、バンディオンセ加古川が三洋電機洲本にそれぞれ勝利。無敗で奈良クラブに追随している。

2部はアルテリーヴォ和歌山OSAKA KOREAN FCに3-0で勝利して2連勝。2位につけている。

ヴォルカ鹿児島連勝ストップ、!

九州リーグは第4節が行われた。首位のヴォルカ鹿児島は三菱重工長崎と対戦してPK勝利。90分以内での連勝は3でストップした。三菱重工長崎は前節の新日鐵大分戦に続く首位食らい。侮れない存在だ。ヴォルカ鹿児島は首位こそキープしたのの、MSU FCに9-0と大勝したHOYOと同率の首位となっている。

3位には九州SSCに競り勝ったFC鹿児島がつけており、いよいよ上位の顔ぶれが整ってきた印象だ。

JAPANサッカーカレッジ首位奪取

北信越は第3節が行われた。首位に立っていたグランセナ新潟アルティスタ東御に敗戦。1週間で首位を降りる事となった。代わって首位に立ったのはJAPANサッカーカレッジ。JSCはヴァリエンテ富山に5-1と大勝している。






※関西リーグは調整につき最大勝ち点が半分となっています

検索

Twitter

Facebook