鳥取県米子市に新スタジアム!野人続々プロジェクト

ガイナーレ鳥取は鳥取県米子市に新たにスタジアムを建設する「野人続々!プロジェクト」を立ち上げたと発表しました。プロジェクトの内容はサッカー施設の少ない鳥取県に新しくスタジアムを建設するための費用3億円を集めようというものです。
プロジェクトには元日本代表でガイナーレ鳥取のFW岡野雅行が全面的に協力しており、スタジアムの構造自体も岡野本人がオランダのアヤックスで見てきた施設がモデルになっている。スタジアムだけでなく練習場も隣接して作り、完成したら育成にも力を入れやすい環境が整うことになる。プロジェクト名にある『野人続々』とは野人2世を続々と育てていくという意味も込められている。
市民一体型プロジェクトということで個人での出資も一口10,000円で募っている。出資するとレンガやクリスタルオブジェの台座に名前を刻印することが出来る。
このプロジェクトが成功すれば、鳥取市のとりぎんバードスタジアムに次いでJリーグ規格のスタジアムは県内2つめとなる。全県をホームタウンとするのを目的としているガイナーレ鳥取にとって、米子市にも本拠地が出来ることは非常に有意義なことだ。

野人続々!プロジェクト

検索

Twitter

Facebook