横河武蔵野FCvsHonda FC:観戦レポート

JFLの上位決戦

 5位の横河武蔵野FC、6位のHonda FC。JFLで常に上位に名を連ねる両者は6勝2分4敗の同じ戦跡で顔を合わせることとなった。得失点差こそ差がついているが、勝った方が上に行くという非常に分かりやすい構図であった。5位、6位とはインパクトに欠けるが、間違いなくJFLを象徴する上位決戦。灰色の雲に覆われて肌寒い気候に見舞われた武蔵野陸上競技場にはピッチからも客席からも緊迫した空気が漂った。

ここからJリーグ-武蔵野vsHonda

Honda FCがペースを握った前半

 前半はHonda FCがペースを掴んだ。Honda FCは前線から積極的にボールを追い回して横河武蔵野FCの守備をかく乱する。横河武蔵野FCに考える隙を与えず、ボールを奪ってはショートカウンターを繰り返した。Honda FCの攻撃は単純だ。奪ったら横河武蔵野FCの選手を十分に引き付けておきながら一気にトップに配給する。Honda FCは配給に成功すると、そこから前線と中盤の選手が連動してボールを動かしては横河武蔵野FCの守備に穴を開けた。配給からシュートまでの流れが非常に速く、スピード感があふれる攻撃は見ていて心が躍った。

 前半終了間際にはスルーパスから右SB小栗巧が抜け出してGKと一対一のシーンを迎える。小栗は中央にフリーで走りこんでいた新田純也に折り返し、チーム得点王の新田は難なくゴールネットを揺らした。Honda FCが前半終了間際に効果的な得点を奪った——と思われたが、これは無常にもオフサイドの判定だった。

ここからJリーグ-武蔵野vsHonda
ここからJリーグ-武蔵野vsHonda

 横河武蔵野FCは重心を低くしてHonda FCの攻撃を受け続けた。押されながらもサイドで攻撃を組み立てては正確無比のクロスを配給し、チャンスを演出した。それだけではない。横河武蔵野FCは中盤の選手がしっかりとセカンドボールを拾っては2次、3次攻撃を繰り返す。横河武蔵野FCは数こそ少なかったが、厚みの有る攻撃でHonda FCのゴールに迫った。

 前半だけで数多くの決定機を作り出した両者だったが、スコアレスに終わった。

勝負をかけた横河武蔵野FCが狙い通りに先制

 後半に入ると横河武蔵野FCが勝負をかけてくる。前線から積極的にボールを奪いにいき、奪った後はサイドに流しながらビルドアップをかけてHonda FCのゴールにせまった。この攻撃が実ったのは18分。横河武蔵野FCは右サイドでボールを奪うと、浅い位置からゴール前にボールを放り込んだ。十分に整っていない守備ラインの隙をついたクロスに合わせたのは冨岡大吾。冨岡大吾はマークを綺麗に外すと丁寧にボールを頭で叩きつける。叩きつけられたボールはGK清水谷侑樹の手をすり抜けてゴールネット左隅に吸い込まれた。均衡かつ緊迫した試合が横河武蔵野FCの先制点によってついに動いた。

ここからJリーグ-武蔵野vsHonda
ここからJリーグ-武蔵野vsHonda

実らない波状攻撃

 スコアが動いてからは非常に分かりやすい展開となった。横河武蔵野FCは前半同様に守備的な布陣を敷き、攻撃は前線の数人によるカウンターに任せた。攻め続けるのはHonda FCHonda FCはあらゆる手で横河武蔵野FCのゴールに迫った。積極的にボールを前線に放り込んで一発でゴールに迫ろうと試みた。サイドに流れてはクロスから厚みの有る攻撃を試みた。しかし集中して守る横河武蔵野FCの守備陣の粘りや、GK飯塚渉のファインセーブの前にどうにもゴールがこじ開けられない。ロスタイムのCKにはGK清水谷侑樹も攻撃参加する意地を見せたがゴールは遠いままっだった。

ここからJリーグ-武蔵野vsHonda

劇的な幕切れ

 終了間際、Honda FCはPA前でファウルを受けて直接FKのチャンスを得る。キッカーの西望実が放ったシュートはGKが伸ばした左手をかすめてゴールネットを揺らした。主審は得点を告げるホイッスルを鳴らすと、続けて試合終了を告げるホイッスルを鳴らした。

ここからJリーグ-武蔵野vsHonda
横河武蔵野FC 1-1
(0-0)
Honda FC
後半17分 7冨岡大吾 後半50分 8西望実
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook