日立栃木ウーヴァSCvs松本山雅FC:観戦レポート

地域リーグ屈指の好カード

 Aコート第2試合は関東サッカーリーグ2位で決勝大会の出場権を持つ日立栃木ウーヴァSCと同出場権を持たない松本山雅FCの一戦。松本山雅FCが勝利を欲するのはもちろん、日立栃木ウーヴァSCも本気で全社の優勝を狙ってきており、モチベーションでは戦前からいい勝負となっていた。会場は地域リーグ最大規模の松本山雅サポーターと栃木から駆け付けた日立栃木ウーヴァSCサポーターに加えてCコート第1試合「カマタマーレ讃岐vsツエーゲン金沢」を観戦していた地域リーグファンが一挙に集結。平日の昼間とは思えないぐらいに賑わう中で行われた。

ここからJリーグ-日立栃木ウーヴァSCvs松本山雅FC

予定通りに先制した日立栃木ウーヴァSC

 前半は日立栃木ウーヴァSCが一方的に主導権を握った。日立栃木ウーヴァSCはパスを丁寧にまわして中盤を制圧する。サイドから、中央からと攻撃を組み立てて松本山雅FCのゴールに迫っていった。対する松本山雅FC日立栃木ウーヴァSCの攻撃になかなか対応できず苦しんだ。日立栃木ウーヴァSCの強襲を受けてはGKの原祐晃の好セーブをはじめ、体を張って弾き返すのが精一杯だった。

 もちろん、松本山雅FCも守るだけでなく攻める時は攻めていたが、前線にボールを運んでも日立栃木ウーヴァSCの守備の前にボールキープができない。松本山雅FCは厚みのない攻撃に終始したのに加えてシュートすらなかなか打てなかった。

 試合の流れの通り、先制したのは日立栃木ウーヴァSCだった。FW高橋駿太がペナルティエリア前でボールを受けて保持すると、バックラインの裏に走りこんだ前田和也にタイミングよく配球する。ボールを受けた前田和也はGK原裕晃と一対一の局面で簡単にボールをゴール左隅に放り込んでみせた。攻守を続けていたGK原裕晃もさすがにこれを対処することが出来ず、日立栃木ウーヴァSCはまるでお手本のようなポストプレーを披露して先制した。

ここからJリーグ-日立栃木ウーヴァSCvs松本山雅FC
ここからJリーグ-日立栃木ウーヴァSCvs松本山雅FC

遠い1点・・後半は松本山雅がペースを握る

 後半に入ったところでリードしている日立栃木ウーヴァSCがややペースを落とした。これでようやく松本山雅FCが主導権を握る。後半6分に主力の北村隆二と柿本倫明を投入。主力の登場でようやく日立栃木ウーヴァSCに対して効果的な攻撃を組み立てられるようになった。しかし攻撃を組み立てるだけでゴールを割らしてくれるほど日立栃木ウーヴァSCもやわではない。日立栃木ウーヴァSCは体を張った守備で松本山雅FCの決定機を阻止し続けた。繰り返して繰り広げられる松本山雅の攻撃に焦れっとした観客席から発せられる怒号と悲鳴は、時間の経過に比例して大きくなっていった。

ここからJリーグ-日立栃木ウーヴァSCvs松本山雅FC

諦めない松本山雅が終了間際に執念の同点弾

 事件は携帯に日立栃木ウーヴァSCの勝利を報告する速報記事を書き終えた矢先に起こった。

 途中出場の小林陽介が相手のミスを拾って右サイドをドリブルで深くえぐると、タイミングを見ながら丁寧なクロスを上げる。その先に一人で構えていたのはサイドバックの山崎透だった。その一瞬に固まる日立栃木ウーヴァSCの守備陣と固唾を呑む観客席。GK張成道とマークに付いていたDF工藤裕晃は慌てて対応しようとするが、山崎透はGK張成道の位置を確認しながらボールをゴール右隅に、頭で丁寧に叩き込んだ。

ここからJリーグ-日立栃木ウーヴァSCvs松本山雅FC

 松本山雅FCはあれだけ集中していた日立栃木ウーヴァSCが見せたたった一瞬の隙を見逃さなかった。慌てた日立栃木ウーヴァSCは崩れるように守備が崩壊する。ロスタイムには勢いに乗った松本山雅FCが一方的に押し込んで2度の決定機を演出するが決められずに延長戦へ突入した。

 延長戦は主導権を奪い合う緊迫した展開になる。最初は気を取り直した日立栃木ウーヴァSCがやや優勢に攻めるが、松本山雅FCが勢いで徐々にペースを掴む。しかし両者とも大崩することなく延長戦を戦い抜いた。

ここからJリーグ-日立栃木ウーヴァSCvs松本山雅FC

阿部琢久哉が去年の借りを返す決勝弾

 PK戦で思い出すのが昨年の地域リーグ決勝大会。松本山雅FCはグループリーグ最終戦でレノファ山口FCとPK戦で決勝ラウンド進出となる1位を争うことになった。そのPK戦は全員が決めて迎えた4回目の裏に松本山雅FCの阿部琢久哉が外してしまい、これが決定打となってレノファ山口FCにPK戦5-3で敗れている。

 この日のPK戦も3人目まで全員が決める。4人目表も松本山雅FCのDF鐡戸裕史がゴール正面へ丁寧に蹴りこんだ。運命が変わったのは4人目の裏となる。日立栃木ウーヴァSCの石堂俊介が右隅に放ったシュートをGK原裕晃が横っ飛びでキャッチした。歓喜に沸く松本山雅は5人目となる次のキッカーが決めれば勝ちだ。そして5人目のキッカーは去年の決勝大会で外した阿部琢久哉。事情を知っている観客席には必要以上の緊迫感が漂った。しかし、放ったシュートはチームに去年の借りを返す一発となって試合終了。松本山雅FCが劇的な逆転劇で昨年に続くベスト4進出を果たした。

日立栃木ウーヴァSC 1-1
(1-0)
3PK5
松本山雅FC
前半32分13前田和也 後半39分3山崎透
ここからJリーグ-日立栃木ウーヴァSCvs松本山雅FC
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook