地域リーグ決勝大会第2日目結果

 さぁ、運命の最終日。最後に笑うのはどのチームか。昨日の結果のおさらいです。

グループA・・Y.S.C.C.グルージャ盛岡が一騎打ちへ

グルージャ盛岡 4-1 NTN岡山
札大GP 0-4 Y.S.C.C.
チーム PK勝 PK負 勝点 得点 失点 得失点
Y.S.C.C. 2 0 0 0 6 10 0 10
グルージャ盛岡 2 0 0 0 6 5 1 4
札大GP 0 0 0 2 0 0 5 -5
NTN岡山 0 0 0 2 0 1 10 -9

 グルージャ盛岡NTN岡山と対戦して4-1で圧勝。Y.S.C.C.も札大GPにシュートを3本しか打たせずに4-0で圧勝した。NTN岡山と札大GPは敗退が決定。

 最終日となる本日はY.S.C.C.グルージャ盛岡の一騎打ちとなる。勝ち点で並んでいるため、勝ったほうが決勝ラウンドへ進出する。

グループB・・AS.ラランジャ京都が首位、矢崎バレンテが敗退

日立栃木ウーヴァSC 1-1
4PK5
AS.ラランジャ京都
JAPANサッカーカレッジ 2-0 矢崎バレンテ
チーム PK勝 PK負 勝点 得点 失点 得失点
AS.ラランジャ京都 1 1 0 0 5 3 2 1
日立栃木ウーヴァSC 1 0 1 0 4 4 2 2
JAPANサッカーカレッジ 1 0 0 1 3 3 3 0
矢崎バレンテ 0 0 0 2 0 1 4 -3

 グループBは先勝していた日立栃木ウーヴァSCとAS.ラランジャ京都が対戦。開始9分間で1点ずつを取り合って1-1で引き分けた。PK戦はAS.ラランジャ京都が勝利。首位に躍り出た。

 背水の陣となっていたJAPANサッカーカレッジ矢崎バレンテの一戦はJAPANサッカーカレッジが本来の試合巧者ぶりを発揮して2-0で勝利。最終日の逆転突破に望みをつないだ。矢崎バレンテは敗退が決定。

 最終日の本日は第一試合で日立栃木ウーヴァSC矢崎バレンテ、第二試合でJAPANサッカーカレッジとAS.ラランジャ京都が激突。日立栃木ウーヴァSCはPK負け以下の成績で敗退が決定。また日立栃木ウーヴァSCが90分勝ちだとJAPANサッカーカレッジの敗退が決まる。第2試合の最後の最後までどこが勝ち上がるかわからない。

グループC・・松本山雅とレノファが因縁つきの直接対決!

沖縄かりゆしFC 1-3 松本山雅FC
レノファ山口FC 4-0 浜松大学FC
チーム PK勝 PK負 勝点 得点 失点 得失点
松本山雅FC 2 0 0 0 6 9 1 8
レノファ山口FC 1 1 0 0 5 5 1 4
沖縄かりゆしFC 0 0 1 1 1 2 4 -2
浜松大学FC 0 0 0 2 0 0 10 -10

 沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC松本山雅FCが完勝。2連勝で首位をキープした。沖縄かりゆしFCは敗退が決定。レノファ山口FCvs浜松大学FCレノファ山口FCが苦しみながらも大勝。浜松大学FCの敗退が決定した。

 最終日となる本日は沖縄かりゆしFCと浜松大学FCレノファ山口FC松本山雅FCが対戦。初出場の浜松大学FCは1点でも奪って帰りたい。レノファ山口FC松本山雅FCの一戦は松本山雅FCがPK負け以上の結果で一次ラウンド突破が決まる。レノファ山口FCは昨年の再現なるか。

グループD・・ツエーゲンと三洋電機が直接対決!

ツエーゲン金沢 2-1 ヴォルカ鹿児島
ヴォルティス・2nd 1-2 三洋電機洲本
チーム PK勝 PK負 勝点 得点 失点 得失点
ツエーゲン金沢 2 0 0 0 6 5 2 3
三洋電機洲本 1 0 1 0 4 3 2 1
ヴォルカ鹿児島 0 1 0 1 2 2 3 -1
ヴォルティス・2nd 0 0 0 2 0 2 5 -3

 ツエーゲン金沢ヴォルカ鹿児島と対戦。得意のCKから2点を先行して逃げ切った。ヴォルカ鹿児島は敗退が決定。ヴォルティス・2ndと対戦した三洋電機巣本は開始8分で先制すると、一次は追いつかれながら後半23分に突き放して勝利。最終日へ望みをつないだ。

 最終日となる本日はツエーゲン金沢と三洋電機巣本、ヴォルティス・2ndとヴォルカ鹿児島が対戦。ツエーゲン金沢はPK負け以上で一次ラウンド突破が決まる。

検索

Twitter

Facebook