松本山雅FCvsツエーゲン金沢:試合終了

ここからJリーグ-P11205541.JPG

松本山雅FC 2-1 ツエーゲン金沢
前半分(松本)6今井昌太
後半19分(金沢)3諸江健太
後半31分(松本)18新中剛史
 後半開始から攻めつづけたツエーゲン金沢は後半9分に19古部健太がスルーパスから右サイドを抜け出してシュートを放つ。このシュートはGKに阻まれる。さらに弾かれた所に15広庭輝が詰めていたがオフサイドを取られて決定機をものに出来なかった。
 さらに18分には19古部健太が松本山雅FCのDFからボールを奪うとそのまま前進する。古部健太はGKと一対一のチャンスを迎えたが阻まれた。再三の決定機を阻まれ続けたツエーゲン金沢だったが攻撃が実ったのは直後のCKだった。
 根本裕一が放ったCKはぴしゃりと諸江健太の頭を捉える。諸江健太は頭でゴールに叩き込んでスコアを同点とした。
 ツエーゲン金沢は勢いそのままに逆転するのかという流れだったが、松本山雅FCが一枚上手だった。
 松本山雅FCは後半31分に新中剛史がセンターサークルを抜けた辺りでロングシュートを放つと、これがまたしても奇麗にゴールに吸い込まれる。松本山雅FCはこのゴールを体を張った守備で守り抜いて勝利。松本山雅FCは全社初優勝を勝ち取った。

検索

Twitter

Facebook