Y.S.C.C.vsAS.ラランジャ京都:観戦レポート

目標なき戦いなのか!?

 このカードは地域リーグ決勝大会への出場資格を持ったチーム同士の対戦となった。出場資格を持ったチームにはあまり本気を出さないチームもあると聞いていたが、果たしてこの2チームはどうなのか。先に答えを言っておくと、この日は両者ともかなり本気だった様子だ。

順調すぎた幕開け

 先にペースを握ったのはY.S.C.C.だった。左サイドを切り崩すと、福井和基が競り合いながらの難しいシュートをゴール右隅に放り込んだ。Y.S.C.C.は開始早々という誰もが望む時間帯にきちんと先制した。試合は攻守ともにできる両者同士らしく、攻守がめまぐるしく入れ替わる展開。観客席の視点が低かったためにあまり細かく見れなかったのが残念だ。

 さらに試合は動く。前半20分にY.S.C.C.がカウンターから鈴鹿源太郎が見事なドライブシュートを叩き込んで突き放す。しぶとく追加点を挙げたY.S.C.C.が2点のリードを得たことで勝負の行方は見えた——はずだった。

ここからJリーグ-Y.S.C.C.vsAS.ラランジャ京都

完璧すぎる勝負強さ

 AS.ラランジャ京都もだてに地域決勝の切符を持っているチームではない。とりあえずミドルシュートからY.S.C.C.のGK浜村大樹が弾いたところを竹中康雄が押し込んで1点を返す。まだ諦めていないといわんばかりの最低限の一発を前半のうちに叩き込んで後半戦へ臨んだ。

 しかし後半も勝負強さを見せたのはY.S.C.C.だった。後半6分にパス1本で中央を突破した福井和基がGKとの一対一を難無く沈めて追加点を挙げ、今度こそ逃げ切り体勢に。さらに後半26分には左サイドを基点に右サイドに展開し、フリーで受けた伊吹丈児がこれを丁寧にゴール流し込んだ。Y.S.C.C.はもがくAS.ラランジャ京都に止めを刺す4点目を入れてセーフティリードを得た。

ここからJリーグ-Y.S.C.C.vsAS.ラランジャ京都

諦めないラランジャが終了間際に猛追

 それでも関西2位であるAS.ラランジャ京都の粘りは異常だった。AS.ラランジャ京都は前線に人数を割いて放り込むパワープレイも見せると、後半30分にミドルシュートで追加点を挙げた。

 残り10分、AS.ラランジャ京都の応援をしていた観客席からは談笑が漏れ始めて諦めムードが漂った。しかしこの諦めムードを一蹴するかのように、一人の男がもうひとつスコアを動かす。後半39分に気を許したY.S.C.C.のDFから中尾真那が強引にボールを掻っさらって追加点を挙げた。一時はY.S.C.C.が4-1とリードしていたものの、終わってみれば4-3の僅差。全社では40分ハーフで行われているが、あと10分あれば状況が変わっていたかもしれない。Y.S.C.C.は決勝大会の前哨戦にふさわしいタフな打ち合いを何とか制した。

ここからJリーグ-Y.S.C.C.vsAS.ラランジャ京都
Y.S.C.C. 4-3
(2-1)
AS.ラランジャ京都
前半3分 9福井和基
前半20分 22鈴鹿源太郎
後半6分 9福井和基
後半26分 14伊吹丈児
前半24分 28竹中康雄
後半30分 28竹中康雄
後半39分 9中尾真那

見せつけた決勝大会進出チームの実力

 勝負は決したがY.S.C.C.、AS.ラランジャ京都共に決勝大会へ向けて強さを見せた。Y.S.C.C.については決定力がもはや敵なしと言える。それも点を取りたい時間帯に確実に取ってくるのは見事としか言いようがない。決勝大会で優勝した昨年のFC町田ゼルビアを思い出した。AS.ラランジャ京都はハイレベルな個人技を持った選手が多くそろっており、点が欲しいときに取りにいける強引さが脅威に感じた。加えて、4-1から4-3まで盛り返した勝利への執念は敵に回すとかなり厄介となる。是非とも45分ハーフでの試合を見てみたかった。Y.S.C.C.の2回戦以降の躍進、両者の決勝大会での活躍に期待したい。

ここからJリーグ-Y.S.C.C.vsAS.ラランジャ京都
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook