横河武蔵野FCvsニューウェーブ北九州:前半終了

ここからJリーグ-P11008931.JPG

横河武蔵野FC 1-0 ニューウェーブ北九州
得点
前半35分(横河)7太田康介
 引いて守って前線では厳しいプレスを仕掛ける。両チーム共通した戦いをしている。相違点は横河武蔵野FCがパスを慎重に回しながらの遅攻を主としているのに対してニューウェーブ北九州がロングボールを利用したた速攻を主としていること。両チームとも前線のプレスに迫力があり、ヒヤヒヤしながら見ている。
 試合の主導権は横河武蔵野FC。ミドルレンジからも積極的にシュートを放つ姿勢を見せており、得点が入るのは時間の問題だった。
 得点は35分、左サイドからのクロスを林俊介がゴール正面でフリーで受けると、シュートではなくゴールラインの裏へパスを選択。これを太田康介が大きく口をあけたゴールに難無く放り込んで先制した。

検索

Twitter

Facebook