[試合結果:JFL]ヴァンラーレ八戸FCとFC今治がJ3参入に王手!FC大阪は3連勝!

JFLセカンドステージは第13節8試合が行われた。第13節は9位のFCマルヤス岡崎が13位の奈良クラブパロマ瑞穂スタジアムで対戦し、1-2で敗れた。FCマルヤス岡崎は2試合ぶりに敗れ、勝点17で順位は9位から10位に落とした。奈良クラブは3試合ぶりの勝利、勝点14で順位は13位から12位に上げた。FCマルヤス岡崎は次回、11月10日に豊橋市民球技場にてHonda FCとJFLセカンドステージ第14節を戦う。奈良クラブは次回、11月11日にならでんフィールドにてラインメール青森F.CとJFLセカンドステージ第14節を戦う。

関連リリース

1位のHonda FCは3位のヴァンラーレ八戸FCHonda都田サッカー場で対戦し、1-1で引き分けた。Honda FCは開幕から続いていた連勝が12で止まり、開幕13試合負けなし、開幕13試合連続得点、勝点37で順位は1位のままとなっている。ヴァンラーレ八戸FCは3試合負けなし、3試合連続得点、勝点25で順位は3位のままとなっている。Honda FCは次回、11月10日に豊橋市民球技場にてFCマルヤス岡崎とJFLセカンドステージ第14節を戦う。ヴァンラーレ八戸FCは次回、11月11日に東員町スポーツ公園陸上競技場にてヴィアティン三重とJFLセカンドステージ第14節を戦う。

関連リリース

4位のFC今治は7位の東京武蔵野シティFCありがとうサービス 夢スタジアムで対戦し、3-0で勝利した。FC今治は6連勝、勝点26で順位は4位から2位に上げた。東京武蔵野シティFCは2連敗、3試合勝ちなし、5試合連続失点、勝点18で順位は7位から8位に落とした。FC今治は次回、11月11日に甲賀市水口スポーツの森陸上競技場にてMIOびわこ滋賀とJFLセカンドステージ第14節を戦う。東京武蔵野シティFCは次回、11月10日に佐伯市陸上競技場にてヴェルスパ大分とJFLセカンドステージ第14節を戦う。

関連リリース

12位のラインメール青森F.Cは11位のヴィアティン三重青森県総合運動公園陸上競技場で対戦し、1-2で敗れた。ラインメール青森F.Cは4連敗、3試合連続得点、勝点12で順位は12位から13位に落とした。ヴィアティン三重は6試合ぶりの勝利、3試合負けなし、3試合連続得点、9試合連続失点、勝点15で順位は11位のままとなっている。ラインメール青森F.Cは次回、11月11日にならでんフィールドにて奈良クラブとJFLセカンドステージ第14節を戦う。ヴィアティン三重は次回、11月11日に東員町スポーツ公園陸上競技場にてヴァンラーレ八戸FCとJFLセカンドステージ第14節を戦う。

関連リリース

14位のホンダロックSCは5位のテゲバジャーロ宮崎都農町藤見公園陸上競技場で対戦し、1-1で引き分けた。ホンダロックSCは連敗を2で止め、4試合勝ちなし、4試合連続失点、勝点11で順位は14位のままとなっている。テゲバジャーロ宮崎は4試合負けなし、5試合連続得点、6試合連続失点、勝点23で順位は5位のままとなっている。ホンダロックSCは次回、11月11日に小林総合運動公園市営陸上競技場にてFC大阪とJFLセカンドステージ第14節を戦う。テゲバジャーロ宮崎は次回、11月11日にKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場にてソニー仙台FCとJFLセカンドステージ第14節を戦う。

2位のMIOびわこ滋賀は6位のソニー仙台FC布引グリーンスタジアムで対戦し、1-3で敗れた。MIOびわこ滋賀は2連敗、勝点24で順位は2位から4位に落とした。ソニー仙台FCは2連勝、3試合負けなし、5試合連続得点、11試合連続失点、勝点22で順位は6位のままとなっている。MIOびわこ滋賀は次回、11月11日に甲賀市水口スポーツの森陸上競技場にてFC今治とJFLセカンドステージ第14節を戦う。ソニー仙台FCは次回、11月11日にKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場にてテゲバジャーロ宮崎とJFLセカンドステージ第14節を戦う。

関連リリース

16位のコバルトーレ女川は8位のヴェルスパ大分宮城スタジアムで対戦し、0-2で敗れた。コバルトーレ女川は2試合ぶりに敗れ、開幕13試合勝ちなし、開幕13試合連続失点、勝点1で順位は16位のままとなっている。ヴェルスパ大分は5試合ぶりの勝利、勝点21で順位は8位から7位に上げた。コバルトーレ女川は次回、11月11日に石巻市総合運動公園フットボール場にて流経大ドラゴンズ龍ヶ崎とJFLセカンドステージ第14節を戦う。ヴェルスパ大分は次回、11月10日に佐伯市陸上競技場にて東京武蔵野シティFCとJFLセカンドステージ第14節を戦う。

10位のFC大阪は15位の流経大ドラゴンズ龍ヶ崎南丹市園部公園陸上競技場で対戦し、3-0で勝利した。FC大阪は3連勝、5試合負けなし、5試合連続得点、3試合無失点、勝点17で順位は10位から9位に上げた。流経大ドラゴンズ龍ヶ崎は2連敗、7試合勝ちなし、9試合連続失点、勝点7で順位は15位のままとなっている。FC大阪は次回、11月11日に小林総合運動公園市営陸上競技場にてホンダロックSCとJFLセカンドステージ第14節を戦う。流経大ドラゴンズ龍ヶ崎は次回、11月11日に石巻市総合運動公園フットボール場にてコバルトーレ女川とJFLセカンドステージ第14節を戦う。

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook