[ニュース:選手情報]徳島ヴォルティスの呉屋大翔選手が右足関節前方インピンジメント症候群の手術を行い全治約3か月

徳島ヴォルティスは呉屋大翔選手が右足関節前方インピンジメント症候群の手術を行い全治約3か月の診断を受けたことを発表した。呉屋選手は5月2日に手術を行った。呉屋選手はここまで明治安田生命J2に7試合出場1得点を挙げている。

呉屋大翔選手の負傷について – 徳島ヴォルティス ニュース
http://vortis.jp/information/news/detail.php?id=768

弊クラブ所属の呉屋大翔選手が、かねてより負傷していた右足の手術をおこない、下記のように診断されましたのでお知らせいたします。

続きを読む

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook