[ニュース:その他]札幌蹴球団の浦谷政司元監督が死去。2008年まで監督に就任

札幌蹴球団は浦谷政司元監督の死去を発表した。浦谷氏は選手として1985年、86年の北海道リーグ連覇に貢献し、1999年から2008年まで監督に就任した。橋谷利崇監督は「現在の練習環境を整えて下さったのは、浦谷さんのおかげです」、柴田和千代コーチは「チームの指導だけでなく、地域のサッカー少年団などにも尽力され、ジュニア年代の育成にも熱心に取り組んでおられました」とコメントしている。

訃報のお知らせ – 札幌蹴球団ブログ SAPPOROFC official blog
https://blogs.yahoo.co.jp/sapporofc1969/35538684.html

【訃報のお知らせ】 札幌蹴球団の中心選手として1985年、1986年のリーグ連覇、そして、1999年から2008年までの10年間、監督としてチームを牽引し、長年にわたり札幌蹴球団を支えて下さいました、

続きを読む

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook