[ニュース:選手情報]ベガルタ仙台のシュミットダニエル選手が右足三角靭帯損傷で全治約2か月。トレーニング中に負傷

ベガルタ仙台はシュミットダニエル選手が右足三角靭帯損傷で全治約2か月の診断を受けたことを発表した。シュミットダニエル選手は9月22日のトレーニング中に負傷した。シュミットダニエル選手はここまで明治安田生命J1に20試合出場している。

シュミット ダニエル選手の負傷について – ベガルタ仙台オフィシャルサイト
http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2017/09/post-5235.html?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=post-5235

当クラブGK1番 シュミット ダニエル選手が9月22日のトレーニングにおいて負傷し、仙台市内の病院にて精密検査 […]

続きを読む

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook