大一番での勝利と涙~スペリオ城北×FC fasciner

こんにちは!メンバーのまきぱんです!

前回に続いて記事を書きます。

人生で初めて2日連続でサッカーの試合を見に行った気がします(笑)

 

 

前回の記事で「絶対に勝たなければいけない大一番」はどのカテゴリーにも存在するということを書きました。

それに関連して今回は東京都2部リーグの最終節スペリオ城北×FC fascinerの試合について執筆します。

 

東京都2部リーグにつきましては、以前に記事を書きましたのでそちらをご覧ください。
7部リーグのチームと繋がる人々〜スペリオ城北×あきる野FC〜 « ココジェイ!

この記事からスペリオ城北がサポーターを増やすための取り組みについても頭に入れた上で読んでみてください。

 

スペリオ城北にとっては、この試合は東京都1部リーグ昇格をかけた「絶対に勝たなければならない大一番」です。

 

東京都2部リーグ(2グループ)

(注)全13試合

1位のチームのみが東京都1部に昇格

<暫定順位>

1 青梅FC  勝点35(13試合) 11勝2分  71得点 9失点 +62

2 スペリオ城北  勝点32(12試合) 10勝2分 59得点5失点 +54

 

見ての通り、スペリオ城北が昇格を達成するには、この最終節で9ゴールを奪って勝利しなければならない状況でした。

9ゴール。少し気が遠くなります。。

東京都2部リーグは40分ハーフ(80分)で試合が行われますので、約9分に1点のペースで得点を重ねなければなりません。

 

それでは観戦記に!

舞台は赤羽スポーツの森公園競技場です。

image

スペリオ城北の大逆転昇格を願って、多くの大弾幕が掲げられています。

image

image

サポーターの思いがフラッグに書かれています。

image

本日もこの集客力。

10月19日にここ赤羽スポーツの森公園競技場で行われた、青梅FCとの上位直接対決では600人が観戦するという記録を打ち立てました。

東京都2部リーグですから、圧巻の集客力です。

 

image

サポーターを増やすための心使い。楽しく応援できる環境。

image

彼らがみんなを巻き込んで応援する姿が印象的でした。

image

僕らもユニホームを貸していただきました!

少し顔が上向きのマスコット君も応援に駆けつけてくれました(笑)(笑)

image

あんぱんまでいただきました(笑)(笑)(笑)

何から何まですいません(笑)

 

image

 

image

いよいよ試合開始!!

ハイライトはYoutubeでご覧ください。

 

 

試合結果からすると

スペリオ城北8-0FC  fasciner

昇格まで1点足りませんでした。

勝点、得失点も同じでしたが、総得点の差で青梅FCに昇格の座を譲りました。

 

試合後は選手はもちろん、多くの方が涙を流していました。

image

特にこのシーン。

サポーターグループの方々の涙はとても印象的でした。

 

ある方の「俺たちは十分やったよ。みんなで選手にスペリオ城北コールしようぜ」

観客席全員でのスペリオ城北コール。

この気持ちは必ず選手に伝わったと思います。

 

9ゴールが必要という条件の中で気持ちで奪った8ゴール。

すべてのゴールが心に残りました。

そして、競技場に来ていた方たちの心にも残ったことでしょう。

「9ゴールを奪うんだ」という気持ちを肌で感じることが出来ました。

 

 

さてこの記事で訴えたいこと。

フットボールを愛することに、カテゴリー上の差は関係ないということです。

日本代表が好き、Jリーグが好き、アマチュアサッカーが好き。

人それぞれです。

が、その「好き」という気持ちに違いはありません。

 

「きっかけ」はあるとしても、好きになってしまったものは好き。それが理由です。

 

好きなチームに情熱を傾けて、応援し、涙し、喜ぶ。

そして、そのチームのために行動する。

トップリーグのサポーターが優勝を逃して悔しがるのと同様に、日本にはカテゴリー関係なく、自らの愛するチームの結果で悲しんだり、喜んだりしている。

 

そんな世界があることを、改めて目で直接見れたことはとても刺激になりました。

 

そして、そんな世界があることはテレビ越しでは絶対に感じられません。

ある程度、日の目を浴びているトップリーグももちろんですが、アマチュアリーグは特にそうです。

 

視野を広げて、競技場に行ってみること。

一緒に応援してみること。

 

そこからがスタートではないでしょうか?

 

そして、プロ、アマ問わず、その「きっかけ」を作ることが僕たちのやるべきことではないでしょうか?

~TFUとは?~

Jリーグ好き同士が交流企画や飲み会・フットサルなどを通して自分のチームの良さを再確認したり他のチームの良さを知ったりしながらJリーグの楽しさを共有する一方、あまりJリーグに興味のない学生さんに楽しさを伝えるためにブログの執筆や観戦企画、スタジアム企画などを提供していく、サッカー団体です。
Twitter:@tfu_jleague

検索

Twitter

Facebook