残留と優勝 ~東京ヴェルディvs湘南ベルマーレ~

こんにちは。今回初めて執筆させていただく熊野です!

自分が観戦した試合は味の素スタジアムで行われたJリーグ ディビジョン2 第36節 東京ヴェルディvs湘南ベルマーレの試合です。

普段は川崎フロンターレを応援していてホームの試合はもちろん、アウェイの試合もほとんど観にいってます。

去年の冬ぐらいからTFUに所属していて、その頃からJ2リーグ、学生サッカー、Fリーグなど様々なカテゴリーを観に行くようになりました。

ここ味の素スタジアムはJ1リーグのFC東京のホームスタジアムでもあります。アクセスは京王線・飛田給駅から徒歩5分です。

CAM00096

それでは観戦記に入ります。

キックオフの1時間前に味の素スタジアムに到着しました。

小腹がすいていたのでスタグルの1つである勝ちタイ焼きおにぎりを買って食べました。

中にはケチャップライスとチーズが入っていてとても美味しかったです。

CAM00098

この試合で湘南ベルマーレは引き分け以上で優勝。

そのため味の素スタジアムにはゴール裏を埋め尽くす程のサポーターが駆けつけていました。

CAM00097

ホームである東京ヴェルディも目の前で優勝されたくないと思いますし、ここ3試合無失点できているので負けられないですね。

CAM00102

試合結果

東京ヴェルディ0-0湘南ベルマーレ

入場者数 8467人

前半は東京ヴェルディが前線からはめていくプレスが機能していて高い位置からボールを奪ってショートカウンターをしていく場面が見られました。

ゴール前まではうまくボールを運んで行けるのですが湘南ベルマーレのディフェンス陣がうまく弾き返していました。

一方、湘南ベルマーレはセットプレーから得点チャンスを作りますがこれをものにすることができず前半を終えます。

 

後半立ち上がりは一転して湘南ベルマーレが攻め立てますが東京ヴェルディのディフェンス陣の体を張った守備で得点を与えません。

中盤あたりから東京ヴェルディが球際の勝負で強さを見せ始め、ショートカウンターを繰り返していました。

しかし湘南ベルマーレも優勝がかかっているので最後まで東京ヴェルディにゴールを割らせませんでした。

タイムアップと共に両チームの選手たちは走りきったのか倒れ込む選手が何人か見受けられました。

湘南ベルマーレは内容的に課題が残る形となってしまいましたが優勝しました。

東京ヴェルディ攻撃面でも守備面でも内容的にはいい形で終われたのではないかと思いました。

CAM00107

5月に行われた同じ試合を観に行ったのですが、その時は湘南ベルマーレがホームということもあり、90分間ボールを支配している印象がありました。

しかし、今回は東京ヴェルディがそんな印象を壊す闘いをしてくれたと思います。

自分は毎節 J2リーグを観に行くわけではないですが、こういった優勝のかかった試合はもちろん面白いですし、以前見たことあるチームでも戦術が変わっていたりするので時間を置いてからもう一回見たりするのもいいのかなと思いました。

スタジアムを出て振り返ってみると味の素スタジアム東京ヴェルディのカラーである緑色にライトアップされていました。

CAM00109

マスコットキャラクターであるヴェルディくんも来場してくれたサポーターをお見送りしていました。

CAM00111

それでは。

~TFUとは?~

Jリーグ好き同士が交流企画や飲み会・フットサルなどを通して自分のチームの良さを再確認したり他のチームの良さを知ったりしながらJリーグの楽しさを共有する一方、あまりJリーグに興味のない学生さんに楽しさを伝えるためにブログの執筆や観戦企画、スタジアム企画などを提供していく、サッカー団体です。
Twitter:@tfu_jleague

検索

Twitter

Facebook