[試合結果:中国地域]松江シティはJXエネルギー水島と対戦し5-2の快勝!手堅く首位をキープ!!

中国サッカーリーグは第13節5試合が行われた。第13節は1位の松江シティFCが3位のJXエネルギー水島松江市営陸上競技場補助で対戦し、5-2で勝利した。松江シティFCは3連勝、開幕11試合連続得点、5試合連続失点、勝点25で順位は1位のままとなっている。JXエネルギー水島は2連敗、3試合連続得点、11試合連続失点、勝点19で順位は3位から6位に落とした。松江シティFCは次回、7月27日に松江市営陸上競技場にて富士ゼロックス広島SCと中国サッカーリーグ第14節を戦う。JXエネルギー水島は次回、7月27日に岡山県補助陸上競技場にてSRC広島と中国サッカーリーグ第14節を戦う。当サイトの投票状況は松江シティFCの勝ちが6票、引き分けが0票、JXエネルギー水島の勝ちが1票となっていた。

関連リリース

5位のデッツォーラ島根ECは4位のSRC広島島根県立サッカー場で対戦し、4-4で引き分けた。デッツォーラ島根ECは連勝が3で止まり、4試合負けなし、4試合連続得点、3試合連続失点、勝点19で順位は5位のままとなっている。SRC広島は2試合勝ちなし、7試合連続得点、6試合連続失点、勝点19で順位は4位のままとなっている。デッツォーラ島根ECは次回、7月6日に松江市営陸上競技場にてヴェルスパ大分と天皇杯全日本サッカー選手権大会第1回戦を戦う。SRC広島は次回、7月6日に大和スポーツセンター競技場にてY.S.C.C.と天皇杯全日本サッカー選手権大会第1回戦を戦う。当サイトの投票状況はデッツォーラ島根ECの勝ちが4票、引き分けが1票、SRC広島の勝ちが2票となっていた。

10位の日立製作所笠戸は2位の富士ゼロックス広島SC下松スポーツ公園総合グランドで対戦し、1-2で敗れた。日立製作所笠戸は4連敗、7試合連続失点、勝点5で順位は10位のままとなっている。富士ゼロックス広島SCは連敗を2で止め、3試合ぶりの勝利、5試合連続失点、勝点22で順位は2位のままとなっている。日立製作所笠戸は次回、7月27日に下松スポーツ公園総合グランドにて三菱自動車水島FCと中国サッカーリーグ第14節を戦う。富士ゼロックス広島SCは次回、7月27日に松江市営陸上競技場にて松江シティFCと中国サッカーリーグ第14節を戦う。当サイトの投票状況は日立製作所笠戸の勝ちが0票、引き分けが0票、富士ゼロックス広島SCの勝ちが7票となっていた。

6位の三菱自動車水島FCは9位のFC宇部ヤーマン政田サッカー場で対戦し、5-2で勝利した。三菱自動車水島FCは2連勝、6試合連続得点、勝点20で順位は6位から3位に上げた。FC宇部ヤーマンは2試合ぶりに敗れ、3試合勝ちなし、5試合連続得点、7試合連続失点、勝点11で順位は9位のままとなっている。三菱自動車水島FCは次回、7月27日に下松スポーツ公園総合グランドにて日立製作所笠戸と中国サッカーリーグ第14節を戦う。FC宇部ヤーマンは次回、7月27日におのだサッカー交流公園サッカー場にてNTN岡山と中国サッカーリーグ第14節を戦う。当サイトの投票状況は三菱自動車水島FCの勝ちが5票、引き分けが0票、FC宇部ヤーマンの勝ちが2票となっていた。

7位のNTN岡山は8位の佐川急便中国SC政田サッカー場で対戦し、0-1で敗れた。NTN岡山は2試合ぶりに敗れ、勝点17で順位は7位のままとなっている。佐川急便中国SCは2試合ぶりの勝利、4試合負けなし、6試合連続得点、勝点15で順位は8位のままとなっている。NTN岡山は次回、7月27日におのだサッカー交流公園サッカー場にてFC宇部ヤーマンと中国サッカーリーグ第14節を戦う。佐川急便中国SCは次回、7月27日に廿日市グリーンフィールドにてデッツォーラ島根ECと中国サッカーリーグ第14節を戦う。当サイトの投票状況はNTN岡山の勝ちが3票、引き分けが3票、佐川急便中国SCの勝ちが1票となっていた。

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

検索

Twitter

Facebook