Y.S.C.C. vs FC琉球:観戦レポート

日本フットボールリーグ第7節。ニッパツ三ツ沢競技場でY.S.C.C.FC琉球が対戦した。Y.S.C.C.FC琉球も前節で久々の勝利を飾っており、ここで勝てば連勝の波に乗れることだろう。天気は曇り時々雨。春の関東に久々の寒さが停滞し、「今日は寒いですね」がこの日の挨拶となる。
20130420-211616.jpg

攻めきれないFC琉球、カウンターのY.S.C.C.

試合開始と共に冷たい雨が降り始める。各自バタバタと雨対策を強いられるなかでの序盤戦となった。FC琉球の試合はなかなか観る機会が無いので、まずはどんなものかという目線で入る。絶好調と噂のFW10高橋駿太とFW9我那覇和樹を前線に置いて、中盤以降で守り組み立てるという印象だ。丁寧なパス回しでじっくり組み立てて行く様子は見ててワクワクする。しかしうまく2トップにボールが収まらず、崩す場面はあまり見られなかった。
20130420-212224.jpg
Y.S.C.C.はいつも通り(なのだと思っているが、)立ち上がりに猛攻を仕掛けようとするもあえなくリアクションサッカーに落とし込まれる。しかしY.S.C.C.の真髄はスピードにあるのでこれはこれで脅威だ。FC琉球の集中した守備を前になかなかシュートまで持ち込めずにいたが、FC琉球が前がかりになり始めたところでY.S.C.C.のチャンスが増えた。前半24分、Y.S.C.C.はカウンターからFW9松田康佑が抜け出してシュートまで持ち込んだが、シュートはGKの正面を捉える。
20130420-212536.jpg
いよいよY.S.C.C.の持ち味が発揮されたところで得点までは時間の問題だった。前半30分、Y.S.C.C.はカウンターからFW24井上和馬が左サイドでボールキープし、ゴールに対して斜めの位置からシュートを放つ。これが右サイドネットに突き刺さってY.S.C.C.が先制した。
20130420-213203.jpg

個人技ですかさず同点

FC琉球としては出鼻をくじかれた感じになった。ここからどう出るかというところで注目をしたところ、次の展開は割と早かった。前半39分、FC琉球はロングボールが前線にいたMF14棚橋雄介に収まった思ったら、そのままDFを振り切ってGKとの一対一も制した。前半はFC琉球が追いついて1-1で折り返す。
20130420-214507.jpg

手が合わない

前半はとにかくバタバタと攻守が入れ替わり、ボールは所在を迷い続けた印象だ。おそらくパスサッカーがまだ完成していないFC琉球に対してY.S.C.C.がシンプルな速攻を仕掛けていたからこういう印象になったのだろう。後半に入ってもこの印象は変わらず、ボールは所有者を求めて右往左往した。サッカーの試合では勝敗に相性があるように、たまにこう手が合わないカードが存在する。どうもこのカードはそうだったらしい。
20130420-215241.jpg
この状況でどう試合を転がすか。あまり期待せずに見ていたというのが正直なところだが、この期待は大きく裏切られることになる。FC琉球のタレント陣が三ツ沢の舞台で舞った。

後半20分、FC琉球はFW10高橋駿太がカウンターから左に開き、ペナルティエリア内で放ったシュートが右隅に決まった。
20130420-215726.jpg
後半32分、FC琉球はFW9我那覇和樹がペナルティエリア左でボールを落ち着かせて、丁寧に流し込んだ。
20130420-220229.jpg
後半45+3分、FC琉球はMF11小幡純平が右サイドから中央へ向けてボールを運んで放ったシュートを放つと、シュートはDFに当たって軌道を変え、4点目となった。
20130420-220855.jpg

期待外れと期待以上

速報くんレポート | Y.S.C.C.vsFC琉球
試合は4-1でFC琉球が勝利した。5得点も入ったのでとても楽しめたはずなのだが、終わってみると何かしら物足らない感じがした。おそらくその原因はY.S.C.C.に元気が無かった点だろう。確かに いつも通り果敢にボールを奪い、積極的に攻撃を仕掛けるのだが、随所に何かしらの迷いがあるように感じた。その確固たる現象と要因を捉えられなかったのは私の力量不足だ。しかし少なくとも私の知って期待しているY.S.C.C.ではなかった。長いリーグ戦、アマチュアならば尚更だが、たまにはこういう時もある。

勝ったFC琉球もまだまだ連携に改善の余地はありそうだ。中盤で繋げても、それが攻撃に繋げられるまでには至らない。おそらく薩川監督が就任してまだ間もないので戦術が浸透していないだけだろう。その代わりではあるが、個人での破壊力はなかなか見応えがあった。FW9我那覇和樹の落ち着いたボールさばき、FW10高橋駿太の思い切りの良いシュートの姿勢など、随所で楽しませてもらった。組織的なサッカーが成熟するまで時間がかかるだろう。それまで個の能力でどこまでチームを牽引できるか。サポーターを含めたチームの一体感を見るに、その伸びしろは期待してよさそうだ。
20130420-221429.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook