SC相模原 vs FC町田ゼルビア:観戦レポート

日本フットボールリーグ第2節。SC相模原はホーム開幕戦にFC町田ゼルビアを迎えた。初めて迎えるJFLでのホーム戦は初めての有料試合であり、サポーターもビックリするほどに関東リーグから変化があった。それは例えば導線だったり、ケータリングの多さだったり、スタッフの多さだったり。これまで昇格したてのチームが慌ただしくしながらこの「初有料試合」を迎えていたのを見てきただけに、この安定ぶりは流石Jリーグ準加盟チームというべきか、正直驚いた。対戦相手はお隣町田市のFC町田ゼルビアとなる。FC町田ゼルビアは2年ぶりのJFL復帰となり、私自身もFC町田ゼルビアを見るのは2年ぶりとなった。「境川ダービー」とキャプションを打たれたお隣さん対決はどのような化学変化を起こすのか。
20130316-173258.jpg

実力示したSC相模原

FC町田ゼルビアのキックオフで始まった試合は、流れそのままにFC町田ゼルビアがラインを高くして攻勢に出る。しかしSC相模原がその裏を突くようにカウンターを仕掛け、結果としてSC相模原が序盤から多くのチャンスを掴んだ。

前半3分、SC相模原は右サイド高い位置でMF7菅野哲也がボールを奪ってカウンターを仕掛けたが、数的優位でありながらパスコースを切られてチャンスに結び付けない。前半5分には右サイドをFW9森谷佳祐が突破し、ゴールライン際からの折り返しをMF8曽我部慶太が合わせたが、競り合ったDFに防がれてCKへ逃がされる。
20130316-180055.jpg
20130316-175259.jpg
前節、SC相模原AC長野パルセイロを相手に五分以上の試合をしてみせた。そしてまずはJリーグ経験のあるFC町田ゼルビアを相手にしたこの試合も十分に戦えることを示した。

SC相模原がその実力を示す一方で、FC町田ゼルビアは前線にボールを収められず四苦八苦する。2トップにボールを当ててから展開しようとしていたらしいが、徹底したマークにあって全く機能しなかった。それでもしぶとくスピードを活かして前線へボールを運び、セットプレーの機会を得る。綺麗ではない。むしろ泥臭い。しかし今回はこの泥臭さこそがFC町田ゼルビアの強みとなり、試合を動かした。

前半14分、FC町田ゼルビアは右コーナーキックの機会を得ると、簡単に放り込む。これは当然のように跳ね返されてしまうのだが、このこぼれ球をFW9鈴木孝司が拾って直接叩き込んだ。SC相模原の選手の集中力が切れていたのがスタンドからもわかった。決して難しいシュートではなかった。FC町田ゼルビアは練習のようなビッグチャンスを上手く活かして先制点に結びつけた。
20130316-175913.jpg

歴史はそして動き出す

優位に進めていたSC相模原としては何とも勿体無い失点だった。スコアが動いたところでFC町田ゼルビアは前線に人数をかけず、低リスクの試合を展開する。SC相模原は早くも手詰まりとなってしまうわけだ。しかしスタンドはバックスタンドに陣取ったサポーターの他に、メインスタンドからも自然発生的に「相模原」コールが起きる。SC相模原としてはホーム開幕戦をこのままズルズルと落とすわけにはいかない。

前半36分、SC相模原は左サイドから送り込んだボールが相手GKのファンブルを誘うと、このこぼれ球をFW20御給匠が押し込んで同点とした。
20130316-180759.jpg

容赦しないFC町田ゼルビア

そうそう、「境川ダービー」と煽るならばこれくらいやりあってもらった方が来た甲斐があるというものだ。しかしながらこの試合にこれ以上のものを要求するのはあまりにも酷だったとやがて知ることになる。方や関東リーグから上がってきたばかりのチーム。方やJ2から加入してきたチーム。例えばSC相模原のMF7菅野哲也が十分にフィジカルで勝てていたように、例えばFW20御給匠が素晴らしいポジショニングでボールを得られていたように、切り出したら通じる場面は沢山あった。しかし戦術ボードでは語れない「戦い方」という点でFC町田ゼルビアが何枚も上手をいく。先制点がそうだったように、FC町田ゼルビアは攻められ崩されつつもSC相模原の心の隙を的確に突き続けた。

前半41分、FC町田ゼルビアは右サイド後方で得たFKをMF7向慎一が直接決めて突き放すと、前半45+2分にはMF20真野亮二がペナルティエリア直前からはなったシュートが3点目となる。
20130316-181257.jpg

早すぎた決着・・それでも攻め続けるしかなく

試合は前半で決着がついた。後半に入っても両者とりわけ大きな変化を起こすわけでもなく、淡々と攻守を入れ替える。後半5分、SC相模原は左サイドからのクロスにFW20御給匠が足で合わせたが、シュートは左に外れる。ボールが足元に入りすぎてコントロールが難しかった。
20130316-182339.jpg
後半9分、FC町田ゼルビアは右からのクロスにFW9鈴木孝司が頭で合わせたが、シュートはポストに直撃した。
20130316-182902.jpg
攻守を入れ替えつつも、徐々にアイドル状態に入っていったFC町田ゼルビアに対してSC相模原が幾度か惜しいシュートを放った。後半20分、SC相模原は左サイドからのクロスにFW20御給匠が合わせたが、DFに防がれる。後半23分には右サイドでボールを保持したMF7菅野哲也がシュートを放ったが、左に外れた。
20130316-192736.jpg
後半44分、SC相模原はMF10佐野裕哉が左から送り込んだボールをニアに飛び込んだFW28鈴木淳が頭で合わせたが、競り負けてシュートは枠外へ。
20130316-192100.jpg

歴然とした「差」

後半終了間際の後半45+3分、FC町田ゼルビアはカウンターから縦パスに抜け出したFW30岸田和人がそのまま持ち込んでDFもかわしてGKとの一対一を制して4点目を追加する。この得点をもって試合は終了し、FC町田ゼルビアが4-1で勝利した。
20130316-200332.jpg
ひとつひとつのプレーを切り取ったとき、SC相模原は十分に戦えていた。しかし90分間でいかに得点を稼ぐかというミッションに対するチームとしての戦い方はFC町田ゼルビアが圧倒的に上手かった。表れて然るべき歴然とした差が両者の間にあり、その差の通りの結果が表れた。前後半それぞれ終了間際の得点など最たるものだ。試合前、大型画面には毎年優勝の快挙を成し遂げた輝かしい戦績が紹介された。神奈川県3部から始まった優勝列伝もアマチュアの頂点に達した今年はもうおそらく続かない。今年はSC相模原にとって初めて短期決戦とは違った「壁」を感じるシーズンになるのだろう。しかし裏を返せばチームに足らないのはその程度だと思うので、そのギャップを少しでも埋められれば非常に危険なチームになるかもしれない。
20130316-201019.jpg
スタンドでは「町田出身で相模原在住の俺はどっちを応援したらいいんだ」という会話が聞こえてきた。他にも伝え聞いた感じだと、町田市と相模原市におけるこの辺の地域感は非常に独特らしい。名目上は「境川ダービー」とキャプションが打たれていた割に「ダービー」の雰囲気は微塵も感じなかったのはその独特さ故なのだろう。むしろこの狭い地域間それぞれにJリーグ準加盟チームが存在し、全国リーグを戦っている喜びすら感じ取れた。私は岐阜市の長良出身だが、長良と雄総が対戦するようなものなのだろうかとかイメージしてみるがしっくりこない。聞けば両サポーターでも扱いに困っているという。第一歩を踏み出したこの顔合わせが今後、この対戦がどのような歴史を刻んでいくのだろうか。

試合後、完全勝利に歓喜する青きバックスタンド右半分は各々の青を高々と掲げた。当然ではあるが、サポーターの数や盛り上がりでもFC町田ゼルビアが上だった。そのFC町田ゼルビアもJFLに上がりたての頃は今日のSC相模原並かそれ以下のサポーターの数だったことを考えると、ここ数年の積み重ねの大きさが分かりやすい。同じ文化圏を共にするSC相模原もおそらくFC町田ゼルビアと同じように発展していくのだろう。SC相模原が見せた多くの伸び白を、自身でどのように、どこまで、着色し伸ばしていくのか。長い目で楽しみたい。
20130316-204017.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook