横河武蔵野FC vs 東京23FC:観戦レポート

天皇杯東京都予選決勝。JFLの横河武蔵野FCと関東2部の東京23FCが対戦した。その肩書きだけみたら雲泥の差が想像できるが、東京23FCのポテンシャルを感じてしまうと安直な予想に走れない。準決勝で横河武蔵野FC東京ヴェルディユースをPKで、東京23FC専修大学に完封で勝利している。会場は味の素フィールド西が丘。西日で温められた大地は爽やかな風が冷やした。
写真は準備中です。写真の掲載が完了次第、この文言は取り下げます。

東京23FCのパスサッカー

前半1分、東京23FCは左CKからMF4山崎健太がドンピシャヘッドで合わせたが枠外。バクスタからはゴールしたように見えて騒然となった。東京23FCはファーストチャンスをビッグチャンスとし、流れを一気に引き寄せる。東京23FCはピッチを広く使ってボールを動かし、時には細かいパス交換からの突破を試みる。身を投げ出して守ってくる横河武蔵野FCを前になかなか崩し切ることは出来なかったが、魅せるという事に関しては十分だった。

横河武蔵野FC東京23FCのパスサッカーに翻弄される時間が続いたが、一つの突破口を見つける。その鍵となったのがMF14加藤正樹だった。横河武蔵野FCは彼のキープ力を武器に左サイドに起点を作り、ゴールへと迫る。前半13分、横河武蔵野FCはMF14加藤正樹が縦パス1本で抜け出してシュートまで持って行ったが、わずか上に外れる。横河武蔵野FCは前半にこれ以上に多くの決定機を迎えることはなかったが、隙あらばゴールを引き寄せられると東京23FCに示した。

東京23FCのゴールまであと少し。

前半は東京23FCが多くのチャンスを作って終える。前半22分、東京23FCは右CKから最後はバックヘッドでゴールネットを揺らしたが、GKへのファウルがあり得点は認められない。前半33分には中央から右サイドに開き、折り返しを最後はMF8猪股聖哉が十分な体制でシュートをはなったが、枠外へ大きく外れた。

東京23FCが多くのチャンスを作る一方で横河武蔵野FCは最終ラインの裏を突くパスを送り続けるなど新たな突破口を開拓するが、一筋縄ではいかなかった。

横河武蔵野FCの意地と東京23FCのカウンター

後半にはいると横河武蔵野FCが優勢となる。横河武蔵野FCは前半より積極的に前線へボールを送れるようになっており、それだけで東京23FCを幾度となくひやりとさせた。前半からもそうだったが、ミスの回数では圧倒的に横河武蔵野FCの方が少ない。やれば出来るチームがやりだしたらそれは勝る。: 後半8分、横河武蔵野FCはMF8林俊介が後方から送り込んだボールをFW9関野達也が頭で合わせたが、バーを叩いて枠外へ外れた。さすがJFLというべきか、横河武蔵野FCはあれほど元気に攻め続けていた東京23FCを劇的に封じ込めて見せた。

東京23FCは前半ほどにやりたい放題できなくなった。前半のうちに先制できていればと嘆くのも一つだが、そうもいかないのが東京23FCの怖さの一つだ。東京23FCの本当の怖さはカウンターにある。準決勝でも、昨年の全国社会人サッカー選手権大会でも、東京23FCはカウンターサッカーで勝利を引き寄せてきた。後半19分、東京23FCは右コーナーキックからDF3中山友規がドンピシャのヘッドを放ったが、防がれる。東京23FCが流れを再び引き寄せ始めた。

そしてスコアは動き始める。後半26分、東京23の得点者はFW11山本孝平。アシストはMF13三沢慶一。FW11山本孝平は本日1点目。カウンターから左を突破し、クロスを足元で合わせた。

横河武蔵野FCの意地のPK

ある程度予想出来た思わぬ展開に会場が湧いた。このまま試合終了を迎えれば東京23FCのジャイアントキリング達成だ。しかし後半に入って勢いづいていた横河武蔵野FCがそうはさせない。

後半41分、横河武蔵野FCはFW9関野達也の突破からGK21平川正城のファウルを誘い、PKを獲得すると、FW9関野達也がこのPKを左に決めて同点とした。

試合は後半を1-1の同点で終えて延長戦へ運ばれた。

1点を奪い合ってPK戦へ

延長戦は互いに手の内を見せあったことと体力の消耗具合からなかなか最後までボールを運べない展開が続く。ミスが少なく体力にも余裕を見せた横河武蔵野FCがやや優勢ではあったが、東京23FCのカウンターも衰えることがない。次の1点がどちらに入るのか全く予想できない展開となった。

延長前半9分、東京23FCはペナルティエリア直前でタメを作り、後方から走り込んで追い越したDF3中山友規に渡すと、GKと一対一を制して勝ち越した。

延長後半9分、武蔵野の得点者はDF29上田陵弥。DF29上田陵弥が左から持ち込んで競りながら放ったシュートが決まり、同点に追いついた。

気持ちと気持ちをぶつけ合い、前後半に1点ずつを奪った延長戦は同点で終えた。PK戦は全員決めて迎えた5回裏に東京23FCのMF9山下亮介が外し、横河武蔵野FCが5-4で勝利した。横河武蔵野FCは東京サッカートーナメントで初優勝を果たした。

横河武蔵野FCが初優勝

東京23FCのカウンター戦術にハマり、常に先行される難しい試合ではあった。しかし準決勝に引き続き粘り強く追いついてPK戦を制した。JFLでは下位に沈んでいるが、日本一の激戦区である東京予選を突破。盛岡での天皇杯第1回戦へコマを進めた。

東京23FCは格上であるJFLの横河武蔵野FCを相手にしても物怖じせず互角に戦ってみせた。押し切られて追いつかれた点は粘り強く最後まで戦った横河武蔵野FCを褒めるべきだが、守備面でそれを上回れなかったあたりは反省点かもしれない。東京23FCの今年の目標は関東1部への昇格と全国社会人サッカー選手権大会の連覇だそうだ。突如湧いた天皇杯というターゲットを目の前にJFLのチームを相手に手応えを掴んだのは、目標を達成する上で非常に有益な経験になったはず。東京23FCが今年の残りの試合でどれだけの栄光を掴めるのか期待したい。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook