東京23FC vs 専修大学:観戦レポート

東京都サッカートーナメント準決勝。東京カップを制した東京23FCが学生の部代表の専修大学を迎えた。昨年は個人的にいちばん沢山みたチームだったが、今年に入り米山監督になってからは初観戦となる。関東リーグの戦いも覚え、一回り大きくなった(はずの)東京23FCが大学王者にいかにして戦うか。本来ならば仕事上がりからでもキックオフに間に合わない予定だったが、急遽間に合うことになったのでバタバタしながら西が丘サッカー場に入った。肩を落としてすれ違う緑の仲間の姿を見て気を引き締める。
20120815-222831.jpg

微妙で絶妙なバランス

全体的に間延びした印象があった。両チームとも最終ラインから前線まで距離を開け、ピッチ中央に大きなスペースを作る。慎重に入った前半戦の序盤はこのスペースを効果的に使った東京23FCがボールを自由に回し、押し気味に進めた。東京23FCは前線の選手にボールを当てる形で攻撃の起点を作り、緩急のついた攻撃を仕掛ける。よく走る専修大学の守備を前になかなか崩しきれなかったが、コーナーキックを獲得するなどゴールへ迫った。前半13分、東京23FCは左CKからMF4山崎健太がフリーでヘディングシュートしたがGKに防がれる。
20120815-223950.jpg
対する専修大学は全く無理をしない。6-0-4とも言える極端な布陣を敷くと、MF7長澤和輝をはじめとした前線のタレントがドリブルで果敢に仕掛けていった。攻守分離状態とはあまり褒められるものではないが、これが非常に効いていた。前半11分、専修大学はMF7長澤和輝がペナルティエリア直前で強引な突破を試みたが、シュートまで持ち込めない。押していた東京23FCが初めて迎えるひやりとした場面だった。前半16分にはMF27飯田裕之が左サイドを突破し、折り返しをFW22山川翔也がニアに飛び込んだが、上手く合わせれず、シュートは枠外へと転がっていった。
20120815-225021.jpg
20120815-224744.jpg

個で押し切る専修大学、突破口を探る東京23FC

試合は妙な形でバランスがとれた。「守備的な専修大学がいかに押し切るか」という妙な表現を使わなければならない。裏返すと「東京23FCが少ない機会でいかに専修大学を崩すか」。テーマははっきりした。

前半は専修大学の選手が個人技で魅せる場面が続く。そのなかで東京23FCの鍵となったのは高い位置での守備だった。裏をとりたい東京23FCとしては専修大学の守備陣が少しでもラインをあげようとしたときが絶好のチャンスとなる。前半25分、東京23FCはカウンターを仕掛けようとした専修大学守備陣からボールを奪うと、そのままショーとカウンターを仕掛ける。MF17田村聡が素早く右サイドに開き、折り返しを後方から走り込んできたFW10山本恭平が勢いをそのままに合わせた。シュートは枠を外したが、東京23FCが狙うべき形の一つが明らかになった。
20120815-225750.jpg
試合はスコアレスで前半を終える。

専修大学対策成功

後半に入ると、東京23FCが高い位置で守備をするようになる。専修大学の最終ラインを常に脅かし、限られた人数で素早くカウンターを仕掛け続けた。決定的な場面こそなかなか生まれなかったが、ゴール裏のサポーターを盛り上げるには十分な攻撃を繰り返した。

してやられた形となったのは専修大学。バックラインを抑えられたことで、ある意味攻撃の起点を失うことになり、攻め上がれない時間を過ごした。しかしそのなかでも攻撃陣の個人技は光る。後半6分、専修大学はゴール正面の位置で得たFKをMF7長澤和輝が直接狙い、右ポストを叩く。跳ね返ったボールがそのまま左ポストいて跳ね返される叩く非常に惜しい場面だった。
20120815-231417.jpg
攻めきれないが良い流れを掴んでいる東京23FCの攻撃が実ったのは後半14分だった。後半14分、東京23FCは高い位置でボールを奪うと、最前線から裏へ飛び出そうとしていたFW10山本恭平へボールを送る。FW10山本恭平は目の前にいた2人のDFを落ち着いてかわして、大きく開いたゴールマウスにボールを蹴り込んだ。東京23FCが後半に仕掛けた狙い通りの形で先制点を奪った。
20120815-230911.jpg
20120815-232127.jpg

焦る専修大学にカウンター一発

スコアが動いたことで専修大学も選手交代から変化をつける。専修大学は後半25分に長身のFW19大西佑亮を投入する。専修大学はターゲットを作ったことで積極的に放り込めるようになり、試合の主導権を奪い返した。東京23FC専修大学の放り込みとドリブルという個人技を最大限に生かした攻撃を受けることになるが、しぶとく防いでみせた。
20120815-232946.jpg
気がつけば守勢を強いられていた東京23FCは後半38分、カウンターから右サイドに開き、折り返しのこぼれ球をFW10山本恭平がフリーで拾って決める。先制後、我慢の時間帯を過ごすことになった東京23FCがついに勝利を大きく引き寄せる2点目を得た。試合は東京23FCがこのまま耐え切り2-0で勝利。横河武蔵野FCが待つ決勝戦へと駒を進めた。
20120815-233515.jpg
20120815-233716.jpg

全社王者ここにあり

個々のレベルは明らかに専修大学の方が上だった。さすがJFLに勝とも言われる関東大学リーグ1部の首位のチームということはある。しかし主力を先発で使わなかったことなど(怪我などの事情は把握していないのでその場合は失敬)、油断を見せていたのは間違いないだろう。前半は主導権を握って攻めれていたから尚更に実力を過信したということもあったかもしれない。

この格上とも言える相手を前にして勝ってしまう姿はまるで昨年の全国社会人サッカー選手権大会や地域サッカーリーグ決勝大会を見ているようだった。強い相手を目の前にしても我慢して、我慢して、速攻から少ないチャンスを確実に生かす。監督が変わってからの東京23FCを見るのは初めてだったが、昨年のチームを上手く継承しているように見えた。天皇杯、全社と今年も全国をかけた試合が始まる。昨年以上の飛躍を期待したい。20120815-234211.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook