FC GIOCO世田谷 vs FC新宿:観戦レポート

東京都社会人サッカー1部リーグ。FC GIOCO世田谷とFC新宿が対戦した。FC GIOCO世田谷は駒澤大学のOBを中心に組まれたチームで、FC新宿は新宿区協会の管轄のチーム(らしい)。順位は共にパッとせず、FC GIOCO世田谷は8位、FC新宿は最下位に甘んじている。しかしFC GIOCO世田谷はあまり試合を消化していないこともあってまだまだ関東リーグを狙える位置いにいる。試合は首都圏のど真ん中、上智大学四ツ谷グラウンドで10時から行われた。蝉の鳴き声が何とも季節感を表している気候となった。
20120729-143314.jpg

FC新宿が押す展開も点の奪い合いへ

試合は立ち上がりからFC新宿が激しく攻勢を仕掛ける。FC新宿は両サイドの高い位置のスペースを上手く利用し、しぶとくサイド攻撃を仕掛ける。FC GIOCO世田谷は守備に追われる時間が続いた。FC新宿がこのまま押し切るのだろうと思われたがそうもいかないのがこの試合の面白かったところである。前半6分、FC GIOCO世田谷はFW25高橋祐伎の遠目から放ったシュートが味方に当たり、コースが変わる。GKの逆を突いたボールはゴール右へ転がり込んだ。押されていたFC GIOCO世田谷が先制点を奪った。
20120729-143705.jpg
この展開が象徴するように試合はめまぐるしく動く。前半13分、FC新宿は右サイドの浅い位置からゴール前へボールを送り込むと、ゴール正面で丁寧に合わせて同点ゴールを奪う。
20120729-144047.jpg
前半16分、FC GIOCO世田谷は右サイドのクロスからファーサイドでフリーになっていたFW25高橋祐伎が頭で合わせて突き放す。
20120729-144209.jpg
前半32分、FC新宿は縦パスから絶妙なタイミングで抜け出したFW11野中伸基がGKとの一対一を難なく制して同点に追いつく。
20120729-145916.jpg
試合の主導権はFC新宿だった。FC新宿は中盤が激しくポジションチェンジを繰り返してボールを動かすと、2トップへ積極的にボールを送り込む。FC GIOCO世田谷のラインが高くなってきたと見ればライン裏へとボールを送り込んでFC GIOCO世田谷をヒヤリとさせた。前半は2-2の同点で終える。

GIOCO世田谷が後半を主導

後半にはいると途端に試合がこう着する。FC GIOCO世田谷は相手のポストを警戒して守備組織を全く崩さずに、攻撃を限られた人数で仕掛ける。一見して間延びした形となったが、これが意外とよくはまった。FC新宿の攻撃はピタリと止まり、FC GIOCO世田谷はサイドを破れるようになって攻撃機会が増える。この攻撃も間もなくしてFC新宿に対応されてしまうのだが、主導権はGIOCO世田谷が奪い取った。

互いに打つ手を失った試合は途端にこう着する。これと言った見せ場もなく淡々と後半序盤の時間を消費した。セットプレーからようやく動き出したのが後半30分頃になってから。後半29分、GIOCO世田谷は右CKからフリーで頭で合わせたが、GKの正面をとらえる。後半30分、FC新宿は右サイド後方で得たFKから放り込みをFW11野中伸基が頭で合わせたが、GKのファインセーブに合った。
20120730-214336.jpg
20120730-214543.jpg

粘り強く奪った追加点

このままこう着したまま消費してしまうのかと思えなかったのは前半の点の取り合いがあったからと、徐々に気温が上がっていたから。木陰で観戦している身としては何とも涼しいくらいだったが、直射日光を浴びている方はたまったモノじゃにだろう。どこかでどちらかに綻びが出来るのは時間の問題だったと言える。

消耗戦へと移行した試合で有利に立ったのは後半の主導権を握っていたFC GIOCO世田谷だった。FC GIOCO世田谷は何度と失敗しながらも、サイドのスペースへボールを送る。繰り返したこの攻撃が試合を動かした。

後半37分、FC GIOCO世田谷は左サイドからマイナス方向に折り返すと、GKが弾いたボールをFW25高橋祐伎が詰めて3点目とした。FC新宿としてはあと少しでも足が動いていたら防げたかもしれない場面だった。FC GIOCO世田谷は後半41分にも、FW22馬込司が右サイドから速い送り込んだクロスをフリーになっていたFW25高橋祐伎が合わせて突き放す。終盤に2点を奪ったFC GIOCO世田谷が試合を決着づけた。
20120730-215343.jpg
20120730-220327.jpg

終わってみれば僅差の好ゲーム

FC新宿は後半ラストプレーとなるセットプレーから1点を返したが、反撃は実らず追いつけなかった。しかし終わってみれば4-3という僅差でFC GIOCO世田谷が勝利。前半はFC新宿が、後半はFC GIOCO世田谷がそれぞれ優位に進めた試合ではあったが、非常に危うい試合となった。それだけ両チーム共に能動的かつ積極的に仕掛けたというもの。
20120730-220529.jpg
結果だけをみればFC GIOCO世田谷の順当勝利ではあるが、順位から逆算した「順当」という表現はこの試合を振り返る上で誤用となる。それだけ両者の間に差はなかった。勝因と敗因はそれぞれにあるが、第3者としてはとても楽しめる試合だった。こんな試合だったら喜んで毎回早起きしよう。

検索

Twitter

Facebook