福島ユナイテッドFC vs ファジアーノ岡山ネクスト:観戦レポート

地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンド第2節。東北王者の福島ユナイテッドFCと中国2位のファジアーノ岡山ネクストが対戦した。第1節を終えて福島ユナイテッドFCは勝点2でファジアーノ岡山ネクストは勝点0。決して絶対的なアドバンテージはない。この試合で勝点3を積み重ねてJFL昇格を手繰り寄せたいところだ。なお、福島ユナイテッドFCは勝てば第2試合の結果次第でJFL昇格が決まるが、ゴール裏からは3連戦の1試合であることを強調した声が上がるなど、決して浮ついた雰囲気はない。ファジアーノ岡山ネクストはサポーターの「本体」が合流したとのことで盛り上がりを見せてくれた。会場は長崎市かきどまり陸上競技場。前日はとにかく寒かったらしいが、この日は日差しが暖かかった。
20121202-062228.jpg

攻め立てる福島ユナイテッドFC

試合は立ち上がりこそファジアーノ岡山ネクストが攻め込んだが、やがて実権は福島ユナイテッドFCが握る。福島ユナイテッドFCは激しくボールを奪いにいくと、奪ったボールを丁寧に動かし、最後はゴール前へ放り込み続けた。前半2分、福島ユナイテッドFCはペナルティエリア右手前から放り込んだボールをFW9小林康剛が頭で合わせるが、シュートはGKの正面を捉える。
20121202-062956.jpg
前半30分、福島ユナイテッドFCはペナルティエリア手前でボールを動かし、最後はMF6鴨志田誉が重いシュートを放ったが、GKに防がれる。GKからのこぼれ球を狙ってFW11久野純弥がさらに詰めようとしたが、このプレーはGKが許さなかった。
20121202-063745.jpg
前半40分、福島ユナイテッドFCはカウンターから3対1の場面を作り、最後はFW11久野純弥が右サイドを突破したが、丁寧になりすぎてGKに防がれる。
20121202-064049.jpg

攻めきれないファジアーノ岡山ネクスト

ファジアーノ岡山ネクストは積極的に最終ラインの裏へ放り込み、一発での打開を試みる。福島ユナイテッドFCがボールをサイドに逃がそうものならロングスローのチャンスにして見せた。しかし攻め切る場面は全く作れない。福島ユナイテッドFCの守備陣がよく集中していたというのもあるが、焦りからか粗さと単純さが目についた。
20121202-064403.jpg
攻める福島ユナイテッドFCと、守るファジアーノ岡山ネクスト。攻守の構図ははっきりし、「福島ユナイテッドFCがいつ先制するか」というテーマが設定された。

ファジアーノ岡山ネクストの反撃

テーマを設定したところで申し訳ないが、後半はファジアーノ岡山ネクストが本領を発揮し、試合の主導権を握る。ファジアーノ岡山ネクストは中盤でテンポ良くボールを動かして福島ユナイテッドFCを圧倒する。どういうロジックなのかよくわからないが、最初からこれだけやれていれば・・。後半2分、ファジアーノ岡山ネクストは速攻からFW27新中剛史が抜け出してGKとの一対一を迎えるが、防がれる。ファジアーノ岡山ネクストは前半になくゴールへと迫り続けた。
20121202-064806.jpg

福島ユナイテッドFCがこんなに強かったとは・・

後半に入ってファジアーノ岡山ネクストに勢いが出てきたので福島ユナイテッドFCが手詰まりのように見えたが、それは錯覚だった。福島ユナイテッドFCファジアーノ岡山ネクストの攻勢を受け入れつつ、反撃の機会を待つ。その時は後半12分に訪れた。

後半12分、福島ユナイテッドFCはペナルティエリアで最終ラインを突破したFW11久野純弥がGKとの一対一を制する。勢いづくファジアーノ岡山ネクストの足元をすくう先制点を福島ユナイテッドFCが奪った。
20121202-065322.jpg
結局のところ前半に設定されたテーマ通りに試合が運ばれた(運ばれてしまった)わけだ。正直、福島ユナイテッドFCがこれ程に上手く試合を運ぶチームだとは思っていなかった。今年の東日本社会人大会で今年のこのチームを初めて見た時は、もれなく失点する頼りないチームという印象をもっていた。およそグルージャ盛岡との優勝争いも力負けし、地域決勝など難しいミッションだと感じていた。しかし目の前にいる福島ユナイテッドFCはあの頃の面影がない。聞けばシーズンを通して尻上がりにチームの一体感を作り日増しに強くなっていると。これほど劇的にチームが変わるものなのか。震災のあおりで県内の練習施設をまともに使えず、宮城や山形など県外でも練習をすることがあるという。こういう話題の切り口はあまり好きではないが、チームが置かれた逆境は少なからずプラスに作用したのかもしれない。

ファジアーノ岡山ネクストを追い込む2追加点

後半32分、右コーナーキックからFW7時崎塁がファーで折り返したボールをDF13吉溪亘が押し込んで2点目を奪う。勝利を手元まで手繰り寄せる。
20121202-070038.jpg
後半45分、福島ユナイテッドFCはMF27益子義浩がフリーで放ったループシュートをゴールへ放り込む。ファジアーノ岡山ネクストを敗退に追い込みかねない、重い重い3点目を奪ってみせた。
20121202-070438.jpg
試合は福島ユナイテッドFCが3-0で勝利。得失点差プラス3というアドバンテージを得てなお3位以内を勝ち取り、JFL昇格をほぼ手中に収めた。(第2試合の結果、JFL昇格が決まりました。)ファジアーノ岡山ネクストはこれで得失点差マイナス4という大きなハンデを負うことになった。
20121202-070720.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook