レイジェンド滋賀FC vs ASラランジャ京都:観戦レポート

KSLカップ決勝トーナメント第1回戦。レイジェンド滋賀FCASラランジャ京都と対戦した。関西リーグ2位で来季の昇格が決まっているレイジェンド滋賀FCは1部のチームを相手にどれだけ太刀打ちできるか。勝てば準決勝は同じ滋賀県のBIWAKO SC HIRAとあり、決勝戦へのロードマップが計算できる。しかしレイジェンド滋賀FCはこれまでASラランジャ京都に勝ったことがないらしい。嫌な相手と当たってしまったととるか、苦手意識克服の絶好機となるか。
20121111-224242.jpg

攻め続けるレイジェンド滋賀、カウンター上手のラランジャ京都

風下に立たされたレイジェンド滋賀FCが試合開始からひたすらに攻め込む。レイジェンド滋賀FCはラインを高く敷くと、サイドから縦へ素早くボールを送り込み、ASラランジャ京都のゴールへと迫った。前半14分、レイジェンド滋賀FCは早いリスタートから最後はFW11岩田尚記がゴール前でシュートをはなったが、シュートは打ち上げてしまう。前半23分にはペナルティエリア付近で丁寧にボールを回し、右に開いたMF16福島涼太がシュートをはなったが、GKの正面をついた。
20121111-233418.jpg
20121111-233845.jpg
攻め込まれる時間が長かったASラランジャ京都ではあったがレイジェンド滋賀FCのサイドの裏を突くシンプルなカウンターを仕掛け続けた。決定的な場面こそ作れなかったが、あと一つ突破できれば得点となるような状況だった。
20121111-234227.jpg

レイジェンド滋賀FCがPKで先制

前半は共に最後の一つがかみ合わずスコアレスで終えた。あと一つなにかあればというところで後半の戦い方に注目をするわけだが、そのあと一つは思わぬ形で与えられた。前半1分、レイジェンド滋賀FCはFW18石倉淳が右サイドを縦に突破すると、そのままペナルティエリア内へ持ち込んでPKを獲得する。このPKをFW11岩田尚記が確実に決めて先制点とした。
20121112-223118.jpg
ようやく均衡が崩れた。あとは決めるだけだったレイジェンド滋賀FCが何とか押し切ったという得点だったわけだが、これで終わるレイジェンド滋賀FCではなかった。レイジェンド滋賀FCは手を休めることなくサイド攻撃を繰り返す。明日行われる準決勝など全く気にしていないのかと思うくらいに攻め続けた。

止まらないレイジェンド滋賀FCのサイドアタック

後半26分、レイジェンド滋賀FCは左斜め45度の位置でボールを保持したMF26馬渕翼が狙い澄ましたシュートを右隅に決めて2点目とする。
20121112-223947.jpg
後半44分、レイジェンド滋賀FCは右サイドを突破したFW11岩田尚記の折り返しをFW5丸山勝之がゴール正面で合わせようとしたが、これはわずかに合わなかった。結局試合は最後まで攻め続けたレイジェンド滋賀FCが押し切って制した。
20121112-224340.jpg

2部からの刺客となる

試合はレイジェンド滋賀FCが2-0で勝利。噂には聞いていたが、やはり得点力は関西リーグでも随一のものがある。サイドから組み立て、チャンスゾーンでもきちんとボールをさばけている。選手層に難があるらしいが、少なくとも最大出力は2部のチームではない。来年の関西リーグは本当に面白く厳しいリーグとなりそうだ。
20121112-224633.jpg
ASラランジャ京都は結局カウンターが最後まで不発に終わってしまった。しかし狙いをもって真摯に戦っているチームであるし、足元のレベルでも全然引けを取らない。高騰する関西リーグのレベルからあふれる形となってしまったが、また再び輝ける時を楽しみにしたい。

速報くんレポート | レイジェンド滋賀FCvsASラランジャ京都

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook