SC相模原 vs 東京23FC:観戦レポート

KSL市原カップ決勝戦。SC相模原東京23FCが対戦した。この対戦カードを見て思い出すのは昨年岐阜で行われた全国社会人サッカー選手権大会の決勝戦。当時は関東2部の王者と東京都1部の王者として対戦した両者はここ1年で大きく飛躍し、方や関東1部を制し、方や関東2部を制した。勢いに乗る両者が順当にこのトーナメントの頂点で顔を合わせた形となったわけだ。昨年の全国社会人サッカー選手権大会では東京23FCが1点を守り切って勝利。今回の対戦は果たして。決勝の舞台は市原臨界競技場。雲一つとない晴天のなかでキックオフを迎えた。
20121104-142730.jpg

牧歌的な決勝戦

試合は立ち上がりから東京23FCが優勢ですすめる。SC相模原はサイドにボールを収めると、あくまで無理はせず最速でトップに当てて東京23FCの守備を崩しにかかる。ただし東京23FCもその辺は慎重で、しっかりと体を寄せて防ぎ続けた。
20121104-142944.jpg
反撃に出たい東京23FCではあったが、攻撃に関してもかなり慎重だった。東京23FCは奪ってはカウンターを仕掛けるのだが、十分な人数が揃っていない上、SC相模原の守備陣も普通に全員が引いているので最後まで攻めきれない。あまりにも消極的な状況にしばらくは動きがなさそうだったのだが、この読みは大きく外れる。ゆったりとした展開で逆に集中力を切らしたのか、ひょんなタイミングで試合が動く。
20121104-143220.jpg
前半22分、東京23FCはカウンターからDF18渡邉敬人が右サイドを駆け上がり、簡単にクロスを上げると、ペナルティエリア内で構えていたMF17田村聡がうまくマークを外して頭で合わせた。サイド攻撃とはこうも簡単に決まるものなのかと唸らせてくれた。
20121104-143640.jpg
前半25分、SC相模原はMF25地頭薗雅弥がゴール正面からゴール左隅にミドルシュートを叩き込んで同点とする。タイミングもコースもここしかないという見事なシュートだった。あまりにも牧歌的で不安になってしまったが、いよいよ決勝らしくなってきた。
20121104-144325.jpg
20121104-144537.jpg

破壊された決勝戦

そうそう、決勝戦はこれくらい緊張感がなければ。いよいよ盛り上がってくるところだったのだが、期待は見事にへし折られる。前半31分、カウンターをくらったSC相模原はDF14斎藤広野がペナルティエリア内でバックチャージを侵してしまい、退場処分を受ける。確かに退場処分となってもおかしくない場面だったが、少々厳しい判定にも思えた。おまけにPK献上というSC相模原にとって最悪の事態だ。しかし東京23FCはPKのチャンスでFW10山本恭平が左ポスト叩いて無駄にする。
20121104-145728.jpg
フィールド上の人数に差がでてしまい試合のバランスは崩れた。SC相模原は前半40分にワントップに入っていたFW30エウデル・サントスを下げてDF29ファビオ・アギアールを投入する。ワントップを削って守備陣を揃えた。SC相模原はこれで急場を凌ぐつもりだったのだろうが、結果として上手くいかない。前半45分、東京23FCはフリーキックから放り込んだボールをDF14山村和士がゴール右隅へ流し込んで勝ち越した。前半は東京23FCが1点をリードして折り返す。
20121104-150048.jpg
20121104-150235.jpg

東京23FCが順調に突き放す

あまりにも脈絡の無い展開でまとめるのに困る。牧歌的な試合はできるだけ避けてきたつもりだが、ここにきてこんなゆったりとした試合を目の当たりにするとは。聞けばSC相模原は地域決勝へ向け、東京23FCは来季の関東1部へ向け選手層を厚くすることをこの大会の目的にしているという。どうも勝利への貪欲さという点では決勝戦という名に負けてしまっていたらしい。そんな2チームが勝ち上がってきてしまったのも、この大会がまだまだ地位を確立できていない故なのだろう。

後半はSC相模原が縦にコンパクトに保ち、サイドから攻撃を仕掛け続ける。後半3分、SC相模原はDF17小澤雄希が左サイドを突破するが、マイナスの折り返しは誰も合わせられない。逆境に立たされたSC相模原は覆すことができるのか。
20121104-150504.jpg
攻め込まれていた東京23FCだったが、さすがに一人多い状況ではそこまでピンチに陥らない。逆にSC相模原のサイドの裏をとってカウンターを仕掛け続けた。後半6分、東京23FCは左サイドを突破したDF14山村和士がマイナス方向へ折り返し、FW10山本恭平が正面で合わせて追加点とした。
20121104-150835.jpg

攻めきれないSC相模原

一人多い東京23FCが2点目を入れたことで勝負はほぼ決まってしまった。あとはSC相模原がどれだけ盛り返せるかという点が話題となる。後半16分、SC相模原はMF10佐野裕哉が相手GKからボールを奪うが、勢い余ってラインを割る。
20121104-151209.jpg
後半31分、SC相模原は左サイドで得たFKから放り込んだボールをゴール正面でDF29ファビオ・アギアールが合わせたが、右に外れる。
20121104-151607.jpg
ひとつでも決まれば試合は面白くなるのだが、SC相模原は守りに入った東京23FCを崩せないまま時間を消費する。逆に東京23FCは後半43分にこの試合で引退するFW11山本孝平がミドルシュートを決めて突き放す。SC相模原は後半44分にFW28鈴木淳の得点で迫ったが、これまでだった。
20121104-151941.jpg

臨海ではじまり、臨海で終わる

試合は東京23FCが4-2で勝利。決勝戦らしからぬゆったりとした試合は、SC相模原が前半に退場者を出す事故もあり、東京23FCが難なく制した。東京23FCが関東2部に続いて2冠目を達成。今年の1月に市原臨海で始まったシーズンは市原臨海で関東ナンバーワンの称号を得て2012年を締めくくった。
20121110-185020.jpg
SC相模原は地域決勝へ向けて不安要素を残してしまった。あくまでも地域決勝に焦点を合わせていたようだが、3度目の正直を押す材料には遠く及ばない。KSL市原カップの4戦を通じて得たものはあるのか。正解は2週間後、大分県中津市で。緑のゴール裏は「JFLへ行こう」と歌って大会を締めくくった。

速報くんレポート | SC相模原vs東京23FC

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook