VONDS市原 vs FC KOREA:観戦レポート

KSL市原カップ第2回戦。開催地市原市代表として出場している千葉県リーグ1部のVONDS市原と、関東1部のFC KOREAが対戦した。VONDS市原は市原市が主導をとって活動するチームで、かつて関東リーグにも所属したS.A.I市原やJFLにも所属したジェフ・リザーブズの血を継承する。今年の関東リーグ昇格第一候補とも言われているらしい。FC KOREAはつい先日に全国社会人サッカー選手権大会で優勝を果たして全国の地域リーグファンを驚かせた。日本一のチームに新興チームがいかに望むか。
20121021-190449.jpg

勢いで勝るVONDS市原

立ち上がりから勢いよく仕掛けたのはVONDS市原VONDS市原は重心を低く構えてボールを奪い、奪ったあとは簡単に前線へ放り込んで速攻を仕掛けた。前半5分、VONDS市原はカウンターから右サイドをMF18輪湖裕樹が抜け出してシュートを放ったが、ゴール左に外れる。連戦の2日目とは思えないくらいのキレの良さだ。
20121021-190918.jpg
昨日の第1回戦を戦っているか否かで両チームのコンディションは異なる。そういう点では第1回戦を戦っていないFC KOREAの方が有利なのだと思い込んでいたが、そうでもなかった。体の重さという点ではFC KOREAの方が辛そうに見える。初動で後れを取る場面が目につき、判断の遅さも目についた。つい水曜日まで5連戦を戦っていたのだから(木曜と金曜も仕事だったんだろうなあ)仕方がないといえば仕方が無い。

それでもFC KOREAは丁寧なボール回しから何とか最前線までボールを運び、得点の機会を伺う。前半23分、FC KOREAはゴール正面遠目の位置で得たFKからMF19李智星が直接狙ったが、よく落ちた枠内シュートはGKに止められる。
20121021-191412.jpg

動けぬFC KOREAを尻目にVONDS市原が先行

試合はコンディションの差がそのままスコアに反映される。前半30分、VONDS市原はDF23秋葉信秀が左コーナーキックオフのこぼれ球をゴール正面で拾うと、そのまま強烈なシュートを放つ。弾道は甘く、GKの正面を突くものだったが、GKはこれをキャッチしきれず、ゴールの中にボールをこぼしてしまった。GKもろごとシュートをねじ込むなんて漫画の世界の話だと思っていたが、正にそんな世界が目の前で発生した。そのこぼしたボールにもれなく詰めていたFW9宮内亨の動きも見逃せない。
20121021-192358.jpg
前半36分、VONDS市原は右サイドから速攻を仕掛けると、シュートをブロックされたこぼれ球をゴール前でフリーになっていたFW9宮内亨が勢いをそのままにシュートを放つ。一度はクロスバーを叩いて跳ね返ってきてしまったが、漏れなく押し込んで追加点とした。本来ならば跳ね返った時点で寄せておくべきなのだが、それほどにFC KOREAの選手は動けていなかった。
20121021-193435.jpg

FC KOREAが主力投入で反撃開始

窮地に立たされたFC KOREAは前半37分にFW20金賢進に替えてFW11姜豪を、ハーフタイムにDF28馬舜に替えてDF15卞憲洙を投入する。主力の投入で反撃を開始する。FC KOREAの本来のパスサッカーがついにスポレクで披露された。・・と言ってもVONDS市原もそれは分かっていた展開のようで、徹底的に守備の組織を崩さない。最初からこのバランスだったらもっと面白い試合になったことだろう。
20121021-193947.jpg
そしていよいよ本領を発揮したFC KOREAが本来の姿を明らかにする。後半21分、FC KOREAは高い位置でボールを奪うと、そのま得意のショートカウンターを仕掛ける。左サイドからMF21朴世訓がドリブルで持ち上がると、勢いをそのままに放ったシュートが(DFに当たって?)決まった。FC KOREAが2-0という危険なスコアを粉砕した。
20121021-194528.jpg

新興勢力の底力

いよいよ全国社会人サッカー選手権大会王者の底力が見られる。全国社会人サッカー選手権大会で見せつけた不屈の闘志がここ市原市スポレクパークで発揮されるのだ。・・と思ったのはあまりにも尚早だったらしい。後半22分、VONDS市原はカウンターから右サイドをMF10村山翔軌が突破し、折り返したボールをFW9宮内亨が確実に押し込んだ。失点直後という隙が出やすく相手の勢いを消す絶好のタイミングで勝負強さを発揮してしまうあたり県リーグのチームとはとても思えない。
20121021-195531.jpg

県リーグのVONDS市原が貫禄勝ち

FC KOREAは後半32分にもFW9権載龍に替えてMF8皇甫永実を投入するなど攻撃的な交代カードを切ってくるが、VONDS市原の守備を前にシュートに直結する場面は全くと言っていいほどに作れない。しかしよく考えてみればVONDS市原の選手はジェフリザに所属していた元日本フットボールリーガーも多く、戦い方を熟知している。守備に重きを置き、最小限で最大のカウンターを仕掛けてしまうあたりは今年の関東社会人優勝候補と言われる所以なのだろう。主力を落としたFC KOREAなど相手ではなかった。VONDS市原が3-1で勝利。関東1部のチームを立て続けに下す波乱を起こした。
20121021-195852.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook