石川県国体選抜 vs 長崎県国体選抜:観戦レポート

国民体育大会成年男子第1回戦。マイ故郷岐阜県で行われた「ぎふ清流国体」の1発目が大垣市赤坂スポーツ公園で行われた。その開幕を飾る選ばれしチームは石川県と長崎県。石川県はテイヘンズFC(北信越1部)やFC北陸(北信越2部)などの大学生が中心となって構成されており、催し物として行われたJリーグOB選抜チームに空気を読まず勝ってしまったとかなんとか。東日本社会人大会にも出場しており、ベスト4を勝ちとっている。長崎県は三菱重工長崎(九州)が中心となって構成されたチームとなている。所属だけを見るとレベルは対して変わらないか、長崎県の方が勝る。台風接近の中、小雨がぱらついていたが、とりわけ天候に左右されることなく行われた。
20120930-222608.jpg

緒戦

キックオフを終えるとすぐに試合は慌ただしくなる。互いに主導権を握ろうと躍起になり、体力任せに走りまくった。落ち着きがないまま、意図をはっきりさせていたのは石川県だった。石川県はFW9石原卓とMF10白井達也の2トップにボールを集めて高い位置で攻撃の起点を作ろうとする。この攻撃が実り始めるのは後々のことになるが、試合に入る上で準備の差が如実に現れていた。前半9分、石川県は左サイドからのクロスにフリーのDF3内田錬平が正面で合わせたが、枠外に外れる。前半11分、長崎県は左サイドCKからのクロスにファーでDF3浜本拓哉が頭で合わせたが、枠外へ外れる。これぞ緒戦の堅さなのか。枠内シュートが極端に少なかった。
20121002-220204.jpg
20121002-220608.jpg

石川県、もがいて掴んだ先制点

モヤモヤともワクワクとも表現できうるした状態が前半の序盤を支配したわけだが、前述した準備の差がここで表れる。前半21分、石川県はボールをもってペナルティエリア内で突破を試みたFW9石原卓が倒されでPKを獲得する。前半22分に石川県はMF10白井達也がこのPKを確実にモノにして先制点とした。ついに国体サッカー競技成年男子のドラマが始まる。先制して勢いに乗る石川県は前半29分に左サイドから中央へ向けてつなぎ、最後はFW9石原卓がシュートを放つも左に外れる。サイドまでボールを運んでもシュートまで繋げられない長崎県を尻目に、石川県が完全試合のペースを握った。前半の35分間は石川県が1-0でリードして折り返した。
20121002-222115.jpg

長崎県の逆襲

ハーフタイム、長崎県はMF7竹村栄哉に替えてFW9井福晃紀を投入する。「井福ー頼んだぞー!」と観客席から檄が飛んだ様子から相当期待されているらしい。「らしい」から確信に変わるのは早かった。左サイドに入ったFW9井福晃紀はしきりに縦へ縦へとし掛ける。この試みが長崎県の大きな武器となり、前半を覆す源となった。後半13分、長崎県はカウンターから左サイドでFW9井福晃紀がポストとなり、最後はFW6江濱慎介が遠目からシュートを放つが、GKに正面で処理される。後半15分には右サイドからのクロスにMF8假屋健太が頭一つ抜け出して合わせたが、枠外となった。この縦へ素早いカウンターには既視感があると思ったが、それはかつてV・ファーレン長崎が地域決勝を勝ち抜いた時のそれそのもの。偶然なのかもしれないが、もしかしたら長崎県らしいサッカーとはまさにこのカウンターなのかもしれない。長崎県のゴールが近くなってきた。
20121002-222946.jpg

すがる長崎県を突き放す

長崎県が勢いづいてきたところで一方の石川県だが、決してされるがままにしていたわけではない。きちんと守備に重きをおいており、隙あらば攻める意思は見せていた。後半30分、カウンターを仕掛けた石川県はMF8宮田直がペナルティエリア内右サイドでボールをキープし、左サイドネットへ丁寧に突き刺した。追いすがる長崎県を試合終盤で突き放すその強さは侮れない。
20121002-223824.jpg
後半35分に長崎県が左コーナーキックからFW9井福晃紀がニアで合わせて1点を返して試合は終えた。
20121002-224208.jpg

完成度の違いを見せつけた石川県

試合は石川県が長崎県の猛攻を振り払って 2-1で勝利した。リーグカテゴリは同等だっただけに、さすがに後半に入って両者ともエンジン全開になってからは素晴らしく拮抗した試合になった。勝負を分けたのは試合前。スタートから意図をもったサッカーをしかけていたあたり、石川県が長崎県に比べて十分な準備してきたのは想像ができる。しかしながら先週にリーグ戦を終えたばかりの長崎県を石川県と同じレベルで完成度を比較するのは不公平なのだろう。選抜チームを作る難しさと奥深さはまるで国際試合のようだ。
20121002-224620.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook