アイン食品vsTOJITSU滋賀FC:観戦レポート

がんばれ東北!がんばれ東北リーグ!

第1試合を終えた後、第2試合までの時間でドリンクを買いに出た。この日の会場となっていた「キンチョースタジアム」はJ1セレッソ大阪がホームスタジアムとしている事もあって設備自体は充実している。ところが当然のようにこれら設備は使用できない。大阪のシンボル桜が咲き乱れる長居公園の中心にある売店で小腹を満たす事にした。

20110413-203704.jpg

買い物を済ませてスタジアムに戻ってくると、確保してあった座席の真横に大きな弾幕が張ってあった。「ガンバレ東北、東北リーグ!」と書いた下に東北リーグ全チームのチーム名が書いてある。その隣には「湖国からJへ」の見慣れた弾幕。TOJITSU滋賀FCのサポーターによるものだった。東北の皆さん、届きましたか?

20110413-203710.jpg

膠着の前半。アイン食品がやや押し

試合は開始間もなく膠着を迎える。アイン食品TOJITSU滋賀FCもサイドを放棄したかのように中央からの突破を狙い続けた。しかし両チーム共に攻撃の起点を作る事ができない。「阪南大クラブvsバンディオンセ加古川」で使い損ねた「緒戦独特の雰囲気」という言葉をここで用いたい。大きな勝負に出ず、負けないサッカーに徹した両者。ただただ、攻撃の主導権を入れ替えながら時間を過ごすこととなった。

それでも押し気味に試合を進めていたのはホームのアイン食品。6分、アイン食品は左サイドのセットプレーからゴール前にボールを放り込む。一度はGKに跳ね返されたが、このこぼれ球をファーサイドにいた17原賀啓輔が拾う。ゴールを目前にしたビッグチャンス。原賀は難しい体制ながら右足を振り抜いた。ゴールへ向かって丁寧に送り込まれたボールだったが、次の瞬間にはTOJITSU滋賀FCのGK内野勝彦が身を乗り出して難を逃れた。前半で両チーム通してチャンスと言えたのはこのプレーのみ。

20110413-203727.jpg
20110413-203734.jpg

後半もスタイルを変えず

後半も引き続き膠着した時間帯を過ごすこととなる。ハーフタイムを挟んだことで戦術を変えるというのはひとつの手だったかもしれない。具体的に挙げると、両チームとも中央突破が中心となっており、サイドからの崩しが見られなかった。そのことにどちらかが気がついてくれればもっと試合が動いて面白くなるに違いない。ところがそれは私のわがままだった。両チームは後半も中央突破のスタイルを貫いた。

完璧すぎる攻撃でアイン食品が先制

そしてついにアイン食品TOJITSU滋賀FCを押しきる。後半8分、アイン食品は中央で8楠本晋矢がボールをキープすると、左サイドに開いた11吉居昭治にボールを預けた。吉居は中央に人員が揃ったのを確かめると、そのままペナルティエリア内にボールを送る。このボールをゴール正面で受けたのは10武末裕太。ボールを受けた武末は前こそ向けなかったが、ディフェンスを背にボールを保持。十分に守備を引きつけたところで後方にボールを解き放った。ボールが向かった先は攻撃の起点となった8楠本晋矢。相手のマークが甘くなっていた楠本は右足でそれを捉えるとペナルティエリア外からゴール右隅へボールをブチ込んでみせた。

20110413-203743.jpg
20110413-203754.jpg
20110413-203800.jpg
20110413-203828.jpg
20110413-203835.jpg

20110413-203843.jpg

膠着を打開したアイン食品。喜びを爆発させた選手一人一人の肩の力が一気に抜けたのがピッチから伝わってきた。失点で焦りを隠せないTOJITSU滋賀FCに対してアイン食品からは躍動感が満ちてくる。

TOJITSU滋賀FCはチャンスを決めきれず

失点を喫したTOJITSU滋賀FCはカウンターから惜しいシーンをいくつか作るも決めきれない。後半20分、TOJITSU滋賀FCはカウンターで抜け出した途中出場の21田中将吾がGKと一対一のチャンスを得る。落ち着いて沈めたいシーンだったが、アイン食品の守備が入る隙を作ってしまい決定的なシュートは放てなかった。後半のTOJITSU滋賀FCにはチャンスが幾度かあった。決定力不足という無責任な言葉で済ませるのは好きではないが、2年ぶりとなる1部リーグの舞台で十分な力を発揮することができなかった。

20110413-204233.jpg
20110413-204239.jpg

トドメの一発!寄り切ってアイン食品が勝利

後半40分、アイン食品が焦るTOJITSU滋賀FCに止めを刺す。アイン食品は千代原孝徳が右サイドからボールを放り込む。簡単に放り込まれたボールはGKと最終ラインの間にきっちり入り込んだ。曖昧になったボールを捉えることができないTOJITSU滋賀FCアイン食品は待ち構えていた町田智哉がゴール正面でこれを拾うと、それをゴールに楽々と叩き込んだ。

20110413-204309.jpg

我慢比べの開幕戦。ほとんど中央で勝負していた両チームだったが、振り返ればアイン食品の2得点はサイドを効果的に用いた得点ということに気がつく。質が高くかつ豊富な攻撃を繰り出せたアイン食品が優った試合となった。中央突破対決となった一番は寄り切ってアイン食品が2-0で勝利。関西リーグで唯一無失点で開幕戦を終えたアイン食品は首位で2011年シーズンのスタートを切った。

20110413-204314.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook