NK可児vsFC岐阜セカンド:観戦レポート

ゴールデンウィーク。そんな大型連休とは無縁と思いきや、実家で所用をこなさなくなってしまったために故郷の岐阜に帰省。松本で信州ダービーを観戦した足で岐阜に流れた。来週末はまた敵地として訪れるのだからくるのが1週間早い。

5/1毎年恒例の大型連休の3日目は岐阜で迎えた。J2の試合もなく東海リーグも始まっていない岐阜県。しかしながらサッカーのないウィークエンドを過ごすなどあってはならぬ!ということで試合情報を漁ってみる。探せば出てくるものだ。この日は長良川球技メドウで全国社会人サッカー選手権大会(通称:全社)の岐阜県予選の3位決定戦と決勝が行われていた。諸用で3位決定戦は観戦できなかったが、決勝にはなんとか間に合った。

20110507-033932.jpg

岐阜県の全社予選は完全トーナメント方式を採用。東海リーグに所属するチームとてスーパーシードは許されない。今回は長いトーナメントの一端を観戦することとなった。決勝まで勝ち上がっていたのは2チーム。NK可児FC岐阜セカンド。NK可児は岐阜県リーグ1部に所属するチーム。公式ページによると会社員や公務員によって構成されるごく普通の社会人クラブらしい。所在はチーム名のとおり可児市。

FC岐阜セカンドは今年から東海社会人リーグ1部に所属するチーム。J2に所属するFC岐阜のセカンドチームに当たり、2012年に迎える国体の強化チームでもある。両チーム、試合を擦る前から力量は雲泥の差があると言ってもいい。

全社予選ということで、予選を勝ち抜けば東海予選に進むわけだが、今回は事情が異なる。今年の全社は岐阜県開催。ということは開催地枠が岐阜県に1つ与えられるのだ。そう、つまりこれは県予選といえど全社出場を賭けた戦い。JFL昇格・・をどの程度意識しているのかは謎ではあるが、勝てば全国大会出場という重要な一戦だった。

天気は生憎の雨。朝から降りしきっていた雨は長良川球技メドウの芝などなかったかのようにぬかるみに変えてしまい、泥まみれの戦場を整えた。余計なことをしてくれる。

サッカーが出来ないFC岐阜セカンド・・強引な突破を図る

雨に「余計なことをしてくれる」と呪ったであろうチームはFC岐阜セカンドのほうだろう。この日のFC岐阜セカンドはどうもピリっとしない。中盤の中央からサイドに開くように展開しようとするのだが、ぬかるんだピッチにボールを取られて上手く運べずに苦しんだ。

FC岐阜セカンドは10分には左サイドから11が強引に持ち込んでGKと一対一を迎える。しかしながらこれは阻まれてしまい、決めきれなかった。

20110507-034116.jpg

シンプルな攻撃で主導権を握ったNK可児

前半の主導権を握ったのはNK可児NK可児はロングボールを効果的に使って両サイドの高い位置に配給する。高い位置で攻撃の起点を作ると、クロスからFC岐阜セカンドのゴールに迫った。シンプルかつピッチの影響を受けにくい戦術で試合を優位に進めた。

20110507-034023.jpg

20110507-034028.jpg

東海1部に所属するFC岐阜セカンドが優位に試合を進めると思われたが、状況は全く異なった。FC岐阜セカンドが普段どのようなサッカーをしているのか私は知らない。ゆえにこのFC岐阜セカンドが普段と比べてどの程度のものかというのはわからない。

ただひとつ言えるのは、この日に見たFC岐阜セカンドは工夫が全く無く、個々の力でなんとかこじ開けようとするチームだったということだ。そしてそれは非常に特殊な状況の元でのことであり、ピッチコンディションによって器用に戦い方を変えるほどの器用さを持ち合わせたチームではないということを理解した。もっとも、このカテゴリで戦術を器用に変えれるチームなど稀ではあるが。

後半も引き続き

後半も引き続きNK可児が優位に試合をすすめる。しかしながらNK可児の攻撃は体力を消耗したせいかスピードダウンしていってしまう。お互いに激しい当たりを続けていた弊害も出てたのか、NK可児の足はみるみるうちに止っていった。

FC岐阜セカンドは選手を交代しながら適応。相変わらずNK可児が押す展開で試合は進むものの、個の力を活かすべく、カウンターからじわじわとゴールに迫った。

終了間際にFC岐阜セカンドが先制

後半36分、FC岐阜セカンドは左サイドでボールを保持すると、強引な体制からクロスを配給する。NK可児は不意を突かれる形となった。送られた先にいたのはFC岐阜セカンドの29。29はボールを足元へ丁寧に落とすと、思い切りよく左足を振り抜く。ボールはこの試合初めてゴールネットに突き刺さった。

20110507-034204.jpg
20110507-034212.jpg
20110507-034221.jpg

20110507-034306.jpg
20110507-034312.jpg
20110507-034318.jpg

FC岐阜セカンド堂々の優勝!NK可児も岐阜県代表に相応しく

試合はこの1点を無難に守りきったFC岐阜セカンドが勝利。FC岐阜セカンドが岐阜県社会人の頂点が揺らぐことはなかった。勝利したFC岐阜セカンドは開催地代表として本年度の全社に出場することが決まった。br />
20110507-034732.jpg

敗れたNK可児。イレギュラーなピッチコンディションを味方につけたとはいえ、はっきりとした戦術は確実にFC岐阜セカンドを苦しめた。岐阜県の代表として東海の舞台で堂々と戦ってほしい。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook