三洋電機洲本vsAC長野パルセイロ:観戦レポート

地域リーグ決勝大会決勝ラウンド2日目第2試合「三洋電機洲本vsAC長野パルセイロ」。激闘の第1試合が終わり、アウェイ側に陣取っていたカマタマーレ讃岐のサポーターは場所をAC長野パルセイロのサポーターに明け渡した。慌ただしく入れ替わりながら、両者は互いを鼓舞する様にエールを交換。全社、一次ラウンド、決勝ラウンドと、しのぎを削っているうちに随分と仲睦まじくなったらしい。第1試合で逆転勝ちしたカマタマーレ讃岐の勢いを継承するかの様に、AC長野パルセイロは試合前から士気を高めた。本大会最多動員のAC長野パルセイロ。完成度が高く、ノリのいいチャントが市原臨海を一気にホームスタジアムとしてしまった。12人目の戦士が作り上げた舞台にオレンジのイレブンが舞い踊る。

ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ

三洋電機洲本が先手

先にペースを握ったのは三洋電機洲本。これまでスローペースで入ることが多かった三洋電機洲本だったが、勝てばJFL自動昇格が決まるとあって、最初から攻撃的な姿勢を見せた。しかしながら三洋電機洲本の攻撃は長続きしない。まるで雰囲気に押される様にAC長野パルセイロのペースにのまれていくことになる。
ホームの雰囲気に押されるAC長野パルセイロ。あるいは観客である自分自身がホームの雰囲気に影響されていたのかもしれない。AC長野パルセイロはよく集中しており、非常にテンポの早いサッカーを披露した。繰り返される正確なパス交換の前に三洋電機洲本はついていくのが精一杯となってしまい、されるがまま全く何もできなかった。

ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ

長野爆発!開始早々一気に2得点

3分、攻め込まれていたAC長野パルセイロは相手の攻撃をいったん防ぐと、一気に前線へボールを運ぶ。右サイドに開いていた9佐藤大典が一度ボールを受けると、すぐさまトップの10宇野沢祐次へ配球。宇野沢は三洋電機洲本の守備が寄せる隙も与えずに右足でボールを捕らえると、ゴール左隅に押し込んだ。

ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ

8分、AC長野パルセイロは中盤で簡単にボールをつなぐと、前線の13藤田信へ送る。送られたボールは三洋電機洲本の守備に阻まれたと思われたが、三洋電機洲本の守備は足元でクリアを失敗する。ボールがこぼれた先にいたのは藤田。藤田はこぼれてきたボールをぴったりと足元に収めると、あとは簡単にゴール左隅へ蹴り込んだ。

$ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ

AC長野パルセイロが立て続けにまずは2点。試合の流れをぐっと手繰り寄せた。

まだまだこれから

2失点がなんだ。三洋電機洲本は一次ラウンドで藤枝MYFCを相手に2得点を覆している。三洋電機洲本が本領を発揮するのはこれからだ。
10分、三洋電機洲本はカウンターから最後はこぼれ球をフリーの6村上歩夢がゴール正面で受ける。村上は相手守備が寄せきらないうちによく狙って右足を振りぬいた。ボールは一直線にゴール右隅を目指したが、GK諏訪雄大に阻まれてしまった。

ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ
ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ

AC長野パルセイロがとどめの2点

三洋電機洲本がもがいている間に、AC長野パルセイロはさらに追い打ちをかける。26分、AC長野パルセイロは9佐藤大典が右サイドでボールを受けると、素早くゴール前へボールを送る。送られたボールは綺麗に相手の最終ラインの裏を突いた。このクロスに合わせたのは13藤田信。藤田は相手の守備陣と競り合いながらも頭でそれを捕え、ゴールへと流し込んだ。至近距離のシュートに対して三洋電機洲本のGK浅野裕也もきっちり反応して触ったものの、防ぎきれなかった。

ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ
ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ
ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ

43分、AC長野パルセイロは左サイドから中央へ展開。最後は10宇野沢祐次がゴール正面でボールを収めると、ボールをゴール左隅に豪快に叩き込んだ。何気ないシュート一つだが、タイミングをずらした完璧なシュート。これをそつなく出来る選手はこのクラスになかなかいない。

ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ
ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ

三洋電機洲本、なす術なし

三洋電機洲本は気がつけば4失点。AC長野パルセイロの2トップの性格無比なシュートを前に三洋電機洲本の守備の要となっていたGK浅野も手のうちようがない。藤枝会場では藤枝MYFCを相手に2点差を返した三洋電機洲本だったが、このビハインドはあまりにも大きすぎた。
AC長野パルセイロは前半でここ一番の集中力を発揮。大舞台の大一番でベストパフォーマンスを引き出せるあたり、伊達に無駄に熱いと言われた北信越リーグを戦ってきていない。これが北信越地域の強みだ。

低調な後半、攻めきれない三洋電機洲本

前半で4得点を奪ったAC長野パルセイロは後半に入るとペースダウン。守備に重きを置いて、4得点を守りに入った。
AC長野パルセイロの勢いがなくなったところでようやくまともにサッカーが出来るようになった三洋電機洲本。しかし引いた相手に対してなかなか攻撃を組み立てさせてもらえない。後半44分には右CKからファーサイドで折り返したところを17成瀬敬志朗がゴール正面でシュートを放つ。ところがこれは枠を大きく外れてしまった。

ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ

これが北信越

試合はこのまま終了を迎えてAC長野パルセイロが4-0で三洋電機洲本を下した。北信越リーグを象徴する様な強さを見せたAC長野パルセイロと、関西リーグを象徴する様な弱みを見せた三洋電機洲本。あるいは三洋電機洲本は1日目に勝利し、YSCCが2連敗したことで気の緩みが出ていたのかもしれない。AC長野パルセイロはこの勝利で3位以内を確定。三洋電機洲本は最終日に運命を委ねることとなった。

ここからJリーグ-三洋洲本vsAC長野パルセイロ
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook