カマタマーレ讃岐vsAC長野パルセイロ:観戦レポート

地域リーグ決勝大会決勝ラウンド1日目第2試合は「カマタマーレ讃岐vsAC長野パルセイロ」の麺類ダービー。下関で行われた全社決勝で繰り広げられた死闘を再び目の当たりすることになった。全社決勝はカマタマーレ讃岐が後半に2得点を奪って2-0で勝利。一次ラウンドは両者譲らずPK戦までもつれ込んだ結果、カマタマーレ讃岐が勝利。PK勝ちも勝ちとしてしまうと、ここまでカマタマーレ讃岐が2戦2勝で勝ち越している。
開場は第1試合から強風にあおられていたが、第2試合に入ってさらに強さを増す。風をいかに味方につけるかというのが一つのポイントとなった。試合前に行われたコイントスの結果、カマタマーレ讃岐が風上を獲得。先に気候を生かす戦術に出た。

ここからJリーグ-讃岐 - 長野

膠着した前半戦

前半は風上に立ったカマタマーレ讃岐が攻勢に出る。カマタマーレ讃岐は強風を活かすべく積極的にシュートを放ってはGK諏訪を冷や冷やさせた。しかしながら風に乗ったシュートはかえって浮き上がってしまい、枠を捉えることは少なかった。

ここからJリーグ-讃岐 - 長野

そう書くとまるで遠目からのシュートのみで攻め立てていたようになってしまうが、カマタマーレ讃岐は風だけに頼っていたわけではない。攻撃の基本は右サイドからのサイド攻撃。SB下松裕やMF森田栄治が上手く右で起点を作っていた。中央や逆サイドでは飯塚亮がよく動いてボールを動かしていたのも印象的だった。
よく攻めていたカマタマーレ讃岐だったが、なかなか前線に選手をそろえることがなく、単調な攻撃に終始した。薄い攻撃はAC長野パルセイロの守備陣を脅かすほどですらなかった。
対するAC長野パルセイロカマタマーレ讃岐に押される形でなかなか攻撃に転じることが出来なかった。攻める気が無かったわけではなさそうだったが、カマタマーレ讃岐の守備の前にサイドで攻撃の起点を作らせてもらえない。ノーチャンスのまま前半を終えた。

ここからJリーグ-讃岐 - 長野

今季3度目の対戦となったカマタマーレ讃岐AC長野パルセイロ。手の内を知り尽くした間柄とあって、非常に拮抗した試合となっていた。

後半もカマタマーレ讃岐

風上を選択したカマタマーレ讃岐が無得点で折り返した。それならば次はAC長野パルセイロが攻める番だ。そう思いきや後半も主導権を握っていたのはカマタマーレ讃岐だった。
後半4分、カマタマーレ讃岐は左サイド後方でFKを得ると8下松裕がゴール前に放り込む。風の影響とは何だったのか、下松のクロスはゴール前にぴたりと送られた。届いたボールを手にしたのはAC長野パルセイロのGK諏訪。GK諏訪は手を精一杯伸ばしてボールを弾いた。

ここからJリーグ-讃岐 - 長野

ところがここでカマタマーレ讃岐はゴールに対する意識の違いを見せる。GKが弾いたボールに対してきちんとポジションを取っていた。対応したのは13森田栄治。森田はきっちりと跳ね返りをインサイドで捕えてゴールに放り込もうとしたが、わずかに外れてゴールポストを叩いた。

ここからJリーグ-讃岐 - 長野

長野も負けじと

攻撃に厚みを作ってチャンスを作り続けるもなかなかものにできないカマタマーレ讃岐。攻撃に厚みを付けるということは守備を薄くする機会が増えるということであり、カマタマーレ讃岐の攻撃と呼応する形でAC長野パルセイロが徐々にペースアップし始める。
風上に立って試合を進められるAC長野パルセイロが優位と思われたが、AC長野パルセイロもまた風を味方につけることが出来なかった。AC長野パルセイロは丁寧かつ素早くパスを回してカマタマーレ讃岐の守備を縫って行くのだが、ラストパスはどうも浮玉のクロスを選んでしまう。そういう戦い方をしてきたのだから今更変えられないのだろう。このクラスのチームで、気候によって戦い方を変えられるチームは決勝ラウンドに進出できなかったあのチームしか思いつかない。
後半26分、AC長野パルセイロは右サイドから9佐藤大典が簡単に放り込む。カマタマーレ讃岐のゴール前は4対4の状況になっていた。13藤田信と10宇野沢祐次がニアサイドで3人の守備を引きつけると、中央で3大島嵩弘がフリーでボールを受けることになった。大島が首を振ればそこには広大なゴールがまっている。しかし風で流されてきたクロスを大島は捕らえきれず、頭で合わせたボールは明後日の方向へ飛んでいくことになった。

ここからJリーグ-讃岐 - 長野

カマタマーレ讃岐がPK戦を制して1勝

結果的に風に苦しんだ両者はスコアレスでPK戦へ突入。緊張感漂うPK戦は攻守とも素晴らしいパフォーマンスを見せた。それでも全員成功で迎えた7人目裏でAC長野パルセイロは麻生瞬が外してしまい、7-6で勝負を決した。カマタマーレ讃岐が一次ラウンドに続いてAC長野パルセイロにPK勝ち。JFLへ向けた最後の航海は順調な船出となった。

ここからJリーグ-讃岐 - 長野
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook