Y.S.C.C.vs鹿屋体育大学:観戦レポート

天皇杯1回戦平塚会場の第2試合は、地元神奈川県代表のYSCCと鹿児島県代表の鹿屋体育大学が対峙した。YSCCは地域リーグカテゴリの強豪。純アマチュアでありながら今期はすでに関東リーグ優勝を決め、2連覇を達成している。対する鹿屋体育大学はサッカーに限らず広く日本のスポーツを支えている国立大学。今期は逃したが、県代表として毎年国体に出場しているのが同大学だ。
太陽が照りつけていた競技場は日が傾いて心地よくなり、仕事や学校を終えたサッカーファンが集まってきた。

前半

試合が始まると先にボールを保持したのはYSCCだった。YSCCはポゼッションを高めてから得意のパスサッカーで守備を切りくずそうと試みる。対する鹿屋体大は守備からカウンターで得点を狙う。鹿屋体大は速い寄せでYSCCからボールを奪うと正確なフィードで高い位置に攻撃の機転を作っていった。
鹿屋体大はとにかく攻撃的だった。高い位置でボールを収めてから中盤の押し上げが非常によく効いていて、シンプルに次々と攻撃を仕掛けていった。時には遠目の位置から正確無比なロングシュートを狙うなどYSCCの守備を常に脅かし続けた。
そして試合の流れをつかみかけた鹿屋体大が先制する。鹿屋体大は左CKから代田敦資が押し込んで先制した。

ここからJリーグ-YSCC-鹿屋体大

YSCCはボールを細かく繋いで崩しにかかる。ところがYSCCは要となるべき縦バスが全くと言っていいほど入らない。苦し紛れにDFラインの裏にボールを配給するが、その程度で崩れる鹿屋体大ではなかった。

リスタートかと思いきや

後半に入ってようやくYSCCにエンジンがかかる。持ち前のゴール前でのテンポのいいパス回しから幾度か鹿屋体大のゴールに迫る。後半6分には中村竜也がゴール前左サイドでボールを受けてから丁寧にそれをゴールへと放り込む。シュートはこれ以上ない綺麗な弾道を描いたが鹿屋体大のGK井上に片手で弾きだされてしまった。

ここからJリーグ-YSCC-鹿屋体大

後半に押し込まれた鹿屋体大だったが、落ち着いてYSCCの攻撃を受け流すと追加点を奪うことに成功する。鹿屋体大は小森啓一郎が左からPA内へ持ち込むとクロスを配給する。YSCCの守備が一度はこれを跳ね返したが、ボールがこぼれた先に居たのは鹿屋体大の桃井宏和。桃井は落ち着いてそれをゴールへと叩き込んだ。YSCCは劣勢に立たされながら2失点絶体絶命の状況だ。

ここからJリーグ-YSCC-鹿屋体大
ここからJリーグ-YSCC-鹿屋体大
ここからJリーグ-YSCC-鹿屋体大

反撃のYSCCに無情の追加点

差が開いたところでスタンドに変化が起こる。YSCCの応援する声がが一気に倍になった。その正体は中立層がYSCCの応援に加わったわけでなく、水色のシャツを身にまとった子供達だ。サポーターに合わせて、時には自発的に「YSCC!」と声を揃えて会場を盛りあげた。
余裕をもって試合をやり過ごす鹿屋体大に対してYSCCも諦めない。後半42分には右コーナー付近で得たFKから白井が頭でピタッとそれを捉えるが、またしてもGKに阻まれる。さらにそのこぼれ球を青田翔が詰めたがこれもまたGKに阻まれてしまった。

ここからJリーグ-YSCC-鹿屋体大
ここからJリーグ-YSCC-鹿屋体大

なんでここまで攻めてるのに入らないんだ。そう頭を抱えていると、ロングフィード一本でDFラインを抜け出した大山直哉が反対側のゴールネットを揺らした。

越えられなかった壁

地域リーグのカテゴリでは最強クラスとも言えるYSCCが3-0で完敗した。敗退はまだしもYSCCがここまで力の差を見せつけられて敗れるというのはかなり衝撃的だった。YSCCは平日ということでやむない事情はあったのかもしれない。ホームで鹿屋体大の方がコンディションがよさそうに見えたのは異様だった。アマチュアチーム同士で戦う第1回戦が平日に開催された今回の事態は問題視すべきと主張したい。
ただし、負けは負け。試合後、サポーターに向けて「地域決勝に向けて頑張る」とキャプテンが言うようにこれをいい薬としてステップアップしなければならない。YSCCがさらに強くなって地域決勝の舞台に立つと思うと今から非常に楽しみだ。
普段の公式戦で交えることのない学生と社会人。ついついプロ対アマチュアの視点で盛り上がりがちだが、アマチュア同士でも普段交えない相手との対戦は非常に興味深い結果をもたらしてくれた。これが天皇杯ならではの面白さ、興味深さなのだろう。それを目の当たりにできたのはいい機会だったのかもしれない。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook