ガイナーレ鳥取vsソニー仙台FC:観戦レポート

今期の主役ガイナーレ鳥取

今期のJFLの主役は言うまでも無い、首位を絶賛爆走中のガイナーレ鳥取で間違いが無い。2年連続で5位となりギリギリでJリーグ参入を逃している山陰のチームにようやく時代が訪れることとなった。今季は未だ2敗と成績はさることながら、例年の爆発的な得点力を押さえ込んででも確実に勝ちに行っている辺りが印象的だ。
対するソニー仙台は昨年こそ3位と大健闘したが、今季はなかなか勝利に恵まれず中位に甘んじている。しかし前期の対戦ではホームでガイナーレ鳥取に1ー1で引き分けている。終盤に追いつかれての引き分けだけに悔しさは残っていることだろう。また、首位を叩いて浮上のきっかけともしたいところだ。
試合は日が傾いた19:00に開始された。

鳥取ペースの前半戦

試合が開始され手間もなく、アウェーのソニー仙台はなかなか試合に入ることができずにふわついていた。相手が見せたこの立ち上がりの隙を首位ガイナーレ鳥取が逃さない訳がなかった。ガイナーレ鳥取は一気に攻め込んで2点の先行に成功する。
先制点は前半6分にCKからハメドの得点。左サイドのCKから上げられたクロスは一旦中央で跳ね返される。ところがソニー仙台は跳ね返した先が悪かった。そこに構えていたのは立ち上がりからエンジン全開のチーム得点王ハメドだった。しかも、ハメドにはマークが一切ついていない。最も警戒すべき相手をPA内でフリーにした時点で決まったようなものだった。ハメドはGKの動きを冷静に捉えると、足元のそれを丁寧にゴールへと叩き込んだ。
前半11分の2点目も主役はハメドだった。ハメドは右サイドで小井手からボールを預かると、そのままドリブルで強引に右サイドをえぐる。ついにゴールエリアへと差し掛かったところでハメドがとる行動はシュートだと思われた。ソニー仙台の守備陣は完全に彼に目を奪われていた。ついさっき豪快なシュートを決められたばかりだから仕方があるまい。しかしそこでハメドがとった行動はマイナス方向へのクロスだった。不意に放たれたクロスを受けたのは再び小井手だ。小井手は落ち着いてそれを足元に収めると、無人のゴールへ簡単に蹴りこんだ。
2点目のシーンに象徴される様に、右サイドのハメドと小井手のコンビは非常に見応えがあった。これだけで一見の価値があると言ってもいい。
守っては守備的MFの服部が中心となってソニーの攻撃を完全にシャットアウト。特に服部は守備から攻撃に転じる際に散らし役として攻撃に幅を持たせる。前半はガイナーレ鳥取が一方的な試合を見せた。

後半も止まらないガイナーレ鳥取

後半もガイナーレ鳥取は止まらない。後半5分に左サイドのコンビネーションから美尾が突破に成功すると、最終ラインで構える梅田に一旦ボールを預ける。梅田はそのまま反転して突破するそぶりを見せたが、十分に注意を引きつけてからフリーで追いついた美尾へとそれを返した。美尾は左足でボールを持ち変える余裕を見せてから落ち着いて左足を振り抜き、ボールを左サイドの隅へと流し込んだ。
ガイナーレ鳥取がまたしても立ち上がりに得点を奪った。

ソニーが示した鳥取攻略法

ソニー仙台もここで引き下がるほどやわなチームでない。立ち上がりこそ鳥取にしてやられたが、後半はきっちりと鳥取の対策を採ってきていた。具体的にいうと、ソニー仙台はその攻撃をせき止められていた服部と三浦の守備的MFを避けるようにCBの、つまりは最終ラインを徹底して突いてきた。
そこにボールを収めてしまうことでスペースを作り、麻生耕平や大久保剛志のドリブルがかなり効果的に発揮されることになる。攻撃は確かに単調になってしまいがちだったが、前半とは別のチームのように攻撃を繰り返した。
PKを獲得したシーンもそれによる。何がPKだったのかいまいちよく見えなかったが、ガイナーレ鳥取の守備をあわてさせたのは間違いない。PKを獲得したこと自体は幸運だったかもしれないが、ソニー仙台としてはしてやったりの得点だったともいえる。
後半16分にこのPKを大久保剛志が決めて1点を返した。

失点のガイナーレはすぐに守備へシフト

失点してからのガイナーレ鳥取は非常に堅実な戦い方を見せた。
私が知っている去年までのガイナーレ鳥取ならここで4点目を確実に狙ってきたのだが、フォーメーションを完全に守備へとシフト。攻撃の要と言ってもいいであろうサイドハーフも守備に専念し、攻撃は殆どハメドや途中出場の住田に任せてソニーの攻撃に耐えて見せた。守る時間が長かった後半戦だったが、鳥取が2点差を守りきってソニーに勝利した。

ミ◯キーにも敗けず、ラストスパートへ3424人

この日は鳥取県を上げての祭り「しゃんしゃん祭」が行われていた。しかも今年は千葉県のテーマパークから世界的に有名なネズミのキャラクターが来るとのことで例年になく注目度が高かったとのこと。それでも今期の平均以上となる3424人もの動員を達成した。
今年は初めてとなったガイナーレ鳥取のホームゲームだったが、もはやJFLの試合とは思えなかった。試合内容はさることながら、売店の質から観客の一体感まで全てにおいてJリーグの標準にある。例えばそれをJリーグの試合だと言って見せても誰も疑うことが無いだろう。Jリーグはガイナーレ鳥取を待っている。
しかし、ここからが本当の正念場だ。最後の最後まで分からないというのはガイナーレ鳥取自身が一番身に染みて分かっている。中断期間後最初のホームゲームとなるSAGAWA SHIGA戦で得るものを全て得て、あとは一気に駆け上がりたい。
※写真は後日掲載予定

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook