ツエーゲン金沢 vs tonan前橋:観戦レポート

本命か、ダークホースか

 第一試合の信州リーグの余韻どころかサポーターの元に駆け寄る選手たちが残るピッチに黙々と姿を現したのはツエーゲン金沢の選手だった。準決勝第二試合は「ツエーゲン金沢vstonan前橋」の一戦。ツエーゲン金沢は北信越1部で3位のチームであり、本大会で最強を証明した北信越4強の一角だ。ツエーゲン金沢の目標は初となる地域リーグ決勝大会進出。そして所属する北信越からは出場権を逃してしまっているため、今回の全社枠がどうしても欲しいチームでもある。

 勝てば決勝大会進出という状況で、相手は関東2部のtonan前橋となる。強豪を次々と退けてきたツエーゲン金沢にとってtonan前橋は負けようがない相手だった。それでもツエーゲン金沢は気を抜かず、うさぎ狩りに全力を尽くした。

ここからJリーグ-ツエーゲン金沢vstonan前橋

ジェフが降臨!?堅守で耐えたtonan前橋

 関東サッカーリーグ2部に所属しながら組み合わせにも恵まれてベスト4まで勝ち残ったtonan前橋は、ツエーゲン金沢の出鼻を折ろうと早い時間帯での先制点を狙った。クライマックスは開始1分。黄圭煥がミドルレンジから放ったシュートがバーを叩く。tonan前橋は準々決勝でY.S.C.C.を倒した勢いをそのままにツエーゲン金沢のゴールを襲い続けた。

ここからJリーグ-ツエーゲン金沢vstonan前橋

 ところが力尽きるのも早かった。tonan前橋は見る見るうちに元気がなり、徐々にツエーゲン金沢に主導権を渡しざるを得なくなっていった。それでもtonan前橋は綺麗にそろえたバックラインとハーフラインでツエーゲン金沢の攻撃を跳ね返し続けた。その守備の堅さは市原臨海をホームグラウンドにしているJFL最小失点のジェフリザーブズを見ているようだった。

 ツエーゲン金沢は慎重に試合に入ったとはいえ、なかなかtonan前橋からゴールを奪えずに苦戦する。スタンドからはまだかまだかという何とも重い空気が徐々に漂っていた。

前半終了間際にツエーゲン金沢が得点

 なかなかゴールを決められない、重苦しい空気はツエーゲン金沢にとってたいした問題ではなかった。伊達に札大GPやカマタマーレ讃岐といった強豪を退けてきてはいない。ツエーゲン金沢は大会を通じて既に試合巧者として勝負どころと勝ち方を心得ていた。

 重い空気を払拭したのは前半のロスタイムだった。波状攻撃から一度はクリアをされるが右サイドでボールを拾ったビジュがその場で再び前線に向けてクロスを上げる。山なりの弾道を得たクロスに合わせたのはゴール前でフリーになっていた諸江健太だった。諸江健太は大きく飛び上がってクロスの弾道に頭を合わせると、マーカーが居ない分のびのびとゴールにそれをたたきつけた。まるで最初から狙っていたかの見事な時間帯に得点したツエーゲン金沢はリードでハーフタイムを迎えた。

ここからJリーグ-ツエーゲン金沢vstonan前橋

ツエーゲン金沢が試合巧者ぶりを披露

 後半に入り、ツエーゲン金沢は前半のロスタイムでの得点が偶然ではないのを証明する。ツエーゲン金沢は後半の立ち上がりという、またしても不安定になりがちな時間帯にきちんと2点を奪ってtonan前橋にセーフティリードである3点差をつけた。その2得点目はCKからまたしても諸江健太が頭で合わせた得点で、3点目は園田清次の左後方からのクロスをゴール前に走り込んだ古部健太がダイビングヘッドでねじ込んで得た。

 ツエーゲン金沢はいつからこんなに出来たチームになったのだろうか。1ヶ月前に天皇杯の関西学院大学戦を観戦した時には、方向性が見えない試合運びにハラハラしながら見ていたものだ。ところがこの試合も含めて、前回のカマタマーレ讃岐戦でも同様に上手な試合運びをしたという話を聞いている。ターニングポイントは開始1分に得点した札大GPとの延長戦だったか。ツエーゲン金沢はこの大会で大きく成長した様に感じた。

ここからJリーグ-ツエーゲン金沢vstonan前橋

tonan前橋が意地の一発!

 ツエーゲン金沢が強さを見せたところで、tonan前橋も意地を見せる。tonan前橋は中盤の選手を入れ替えて攻撃を促そうとした。フレッシュな選手を得たtonan前橋は3点リードで余裕を見せたツエーゲン金沢に襲い掛かる。後半15分に東田学が右からクロスを上げると、このクロスはツエーゲン金沢のデニスに頭で弾かれるが、そのこぼれ玉を山田智也が魂そのままに詰めて1点を返した。tonan前橋は意地の一発でツエーゲン金沢との点差を2点差に縮めた。

ここからJリーグ-ツエーゲン金沢vstonan前橋

 しかしtonan前橋に2点差を返す元気はなかった。得意の縦へ鋭い速攻はその威力をなくしていく。そしてまたしても後半終了間際にツエーゲン金沢にとどめの一発を食らってしまった。ツエーゲン金沢はカウンターから古部健太が左サイドを抜け出す。抜け出した古部健太は中央でフリーになっていた秋田政輝に折り返しのパスを送ると、秋田政輝はこれを落ち着いて決めてトドメの一撃とした。tonan前橋の快進撃は止まった。tonan前橋の飛び級出場は叶わず3位決定戦へと駒を進める。

ツエーゲン金沢 4-1
(1-0)
tonan前橋
前半39分3諸江健太
後半4分3諸江健太
後半7分19古部健太
後半39分7秋田政輝
後半15分14山田智也

 快進撃が止まったtonan前橋だが、強豪と同じ舞台でやりあえたのは非常にいい経験となったはずだ。来期の関東サッカーリーグは1部での戦いとなる。9地域最高レベルといわれるリーグでの健闘を祈りたい。それと同時に、この快進撃は地域リーグ1部より下のカテゴリに所属しているチームにも非常にいい刺激になったのではないだろうか。確かに関東サッカーリーグは2部でも全国的にはレベルが高いし、それに加えてtonan前橋は組み合わせに恵まれた幸運もあった。しかし、こういう事態は少なくとも起こせるということをtonan前橋が示した。毎年のように起きてくれてはそれはそれで問題ではあるが、関東2部からベスト4入りを果たしたtonan前橋を超えるチームがいつか出てきてくれる夢をみたい。

 勝利したツエーゲン金沢は全社枠からの地域リーグ決勝大会進出が決まった。決勝大会は初出場となる。明日の松本山雅FCとの決勝も勝ったうえで満を持して本番を迎えたい。

ここからJリーグ-ツエーゲン金沢vstonan前橋
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook