ジェフリザーブズvsソニー仙台FC:観戦レポート

始まったばかりとはいえ・・

 太陽が真上に昇ったときの陽気は試合展開と呼応するようにうやむやになり、終わることには冷気が次々に運び込まれた。何かとすっきりしない、というのが率直な感想だ。ジェフが勝利したことに違和感を覚えると同時にいくら反芻してもやはりそれはジェフの勝利であり、かと言ってソニー仙台FCが勝(まさ)っていたかといえば疑問符を頭上に描く。結論を先に述べると、両者とも未完成だ。

ジェフリザーブズ 2-0 ソニー仙台FC

ジェフリザーブズvsソニー仙台FC
ジェフリザーブズvsソニー仙台FC:スタメン
ジェフリザーブズvsソニー仙台FC:前半終了
ジェフリザーブズvsソニー仙台FC:試合終了

ヤングパワー!ジェフリザーブズ

 相手の足が止まっていた時間帯にしっかりと得点を重ねられたのが何よりの勝因だろう。前後半それぞれの早い時間帯に得点しての勝利は非常に美しい2?0であり、若いチームとは思えない勝ち方だ。試合全体を通しても果敢にチャレンジする様子を随所に見せ、サポーターを楽しませた。また試合終盤に押し込まれても一切崩れることなくチーム一体となって跳ね返してみせた。集中力が切れる様子もなく、チームのコミュニティとして力は非常に頼もしくて美しい。それが今日のジェフリザーブズの印象だ。

 不安材料は致命的な一点。攻撃の形が見られなかったことにある。ロングボールを多用してみたり、細かいパスをつないでみたりと基本的な攻め方の統一は随時で出来ている。しかし、武器となるような攻撃パターンあるいは戦術は全く見られなかった。先制点となった日本代表が得意とするCBのオーバーラップがそうだと言われれば確かにそうなのだろう。しかしチームの原点となる、流れの中で狙いをもった攻撃が出来ていなければ上位進出はありえない。それどころか長いシーズン、泥沼にはまったら抜けなくなることもありうる。今回の勝利で満足するのは危険極まりない。
ここからJリーグ-リザvsソニー

ソニー仙台、何も出来ず

 試合前のピッチ内練習よりも前、ピッチ脇で黙々とアップをしているソニー仙台FCの選手の姿があった。雰囲気が非常によくチームとしてまとまっていた点と、前節勝利している点が二重になったことで私としての期待は非常に高まった。しかし、いざ試合が始まるとそこには金縛りにあったかのようにガチガチに固まった白の選手しかいなかった。守りから入った前半の早々に先制されてゲームプランが崩れたのも悪かったか。非常に残念だった。長旅ご苦労様といったところだったのだろうか、結局終了間際にドタバタとゴール前になだれ込んだ時以外は最後までいいところを見せることなく終わってしまった印象だ。
ここからJリーグ-リザvsソニー

混沌と化すか否か

 この時点で開幕2連勝を飾ったチームは皆無だ。今年のJ1の様な派手なスコアになったところもなく、JFLには珍しい全身団子状態もありうる。明日の結果に期待だ。

JFL前期第2節3日目
TDK SC vs 佐川印刷SC
FC町田ゼルビア vs ニューウェーブ北九州
V・ファーレン長崎 vs ガイナーレ鳥取
ホンダロック vs SAGAWA SHIGA FC
三菱水島FC vs 流通経済大学
FC琉球 vs FC刈谷
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook