FC刈谷vsツエーゲン金沢:試合終了

ここからJリーグ-P11206661.JPG

FC刈谷 1-1 ツエーゲン金沢
前半31分(金沢)18根本裕一
後半42分(刈谷)10日下大資
 後半はツエーゲン金沢も攻撃的な姿勢を見せたため、攻守を目まぐるしく入れ替える展開に。リードをしているツエーゲン金沢も攻撃の手を緩めなかった。
 ペースは徐々にFC刈谷に移る。後半28分には左サイドCKのクロスから最後は22高橋良太がゴール正面で頭で合わせたが、上手くミートさせてもらえなかった。
 FC刈谷は続く32分に20姜暁一が右サイドの突破からシュートを放ったが、惜しくもゴール前を横断して枠外へ流れた。
 FC刈谷の反撃が実ったのは後半42分。FC刈谷はゴール正面で得たFKを10日下大資が直接決めて1点を返した。
 FC刈谷は後半44分に混戦から2斉藤啓貴が正面でバイシクルシュートを放つなど意地を見せたが実らなかった。
 ツエーゲン金沢のJFL昇格、FC刈谷の東海社会人リーグ1部への降格が決まった。

検索

Twitter

Facebook