ヴィタヤ監督続投に期待すること

 シーズンオフ恒例の何某がカテゴリを問わずに動いています。JFLでもFC町田ゼルビアの相馬監督就任やブラウブリッツ秋田のあれこれと、話題が絶えませんね。当ブログでは全てを網羅したいとろですが、適当にニュースを摘んでは掘り下げて生きたいと思います。今回はガイナーレ鳥取のヴィタヤ監督続投についてです。

ヴィタヤ監督続投に期待すること

 J2昇格の悲願が叶わず来期もJFLの舞台を戦うガイナーレ鳥取はヴィタヤ監督の続投を発表している。ガイナーレ鳥取はヴィタヤ監督の就任以降2年連続でJリーグ昇格圏外の5位でシーズンを終えている。ヴィタヤ監督は目標が達成できなかったことで去就が注目された。しかし「何が何でも上がらなければいけない」という塚野社長の意向の元で慎重に協議を進めた結果、続投が決まった。また、今年は不在だったヘッドコーチに東京ヴェルディから中村有氏の復帰が決まっており、体制は万全となっている。

 ここからは私の意見だが、フロントの「何が何でも上がらなくてはいけない」意向と「ヴィタヤ監督続投」は矛盾していることを指摘したい。ヴィタヤ監督の続投が報じられたとき、私は数年計画を覚悟したのかと思った。ヴィタヤ監督のサッカーは確かに攻撃的で面白い。今季のリーグ最多得点という結果は十分な評価材料になる。ところが、ヴィタヤのサッカーは対策を執られたら一気に手詰まりを起こすのが致命的な弱点となっていた。今期は奥村泰裕や橋内優也らの補強でそれを補っていたが、根本的な解決には至っていない。

 チームの基盤を作ると言うのならヴィタヤ監督で正解だと思う。ヴィタヤのサッカーを完成させれば非常に魅力的なサッカーとなるからだ。チームのアイデンティティが失われかけている昨今で、俺たちのサッカーは○○だと説明できるのは非常に心強い。ましてそれが勝利至上主義のカウンターサッカーでないのも印象がいい。

 もちろん、ヴィタヤ監督ではJ昇格が絶対に無理とは言わない。しかしヴィタヤ監督を続投させるならばガイナーレ鳥取には昇格を焦ってほしくないというのが願望になる。Jリーグを名乗れる枠はのこり3チーム。その先にはJ2とJFLの入れ替えが始まろうとしている。昇格を急ぐ時代は終わった。今必要とされているのは地域にしっかりと根を張り巡らすことだ。

検索

Twitter

Facebook