沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC:観戦レポート

 1次ラウンド2日目。昨日に始まり明日に終わる3連戦の2日目は既に勝負を分ける一戦でもある。1日目で勝利した松本山雅FCは勝てば突破へ大きく前進し、PK負けを喫した沖縄かりゆしFCは負けたら即終了の背水の陣となっていた。戦前に予想されていた両者の戦力関係は互角。1点を争う均衡した好ゲームが期待されていた。

序盤の主導権を握ったのはかりゆし

 互いに様子を見ながら入った前半戦。まず最初に攻めの姿勢を見せたのは沖縄かりゆしFCだった。沖縄かりゆしFCは正確なロングフィードと正確なクロスを松本山雅FCの最終ラインに放り込んでチャンスをうかがう。前半3分に右サイドのCKから櫻田真平が頭で合わせて惜しいシュートを放つなど、立ち上がりは沖縄かりゆしFCが多くのチャンスを演出した。

ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC

木村勝太の個人技で松本山雅が先制

 相手の守備を崩すために、得意とする攻撃パターンを繰り返すのはひとつの方法だが、時には個人の力で打開することも有効な手段となる。たとえばドリブル、たとえば直接FK、たとえば強烈なミドルシュート。個人技は拮抗しているときこそその威力を発揮してチームに活力をもたらす。この試合の均衡を破ったのは木村勝太、松本山雅FCの背番号9だった。

 それは前半15分に起こる。前線で構えていた木村勝太は後方から放り込まれたボールを足元に収めるとそのままPA内へ進入する。しかし木村勝太の前には沖縄かりゆしFCの守備陣がしっかりと構えており、既に閉塞状態になっていた。次にどう展開してゴールに迫るのか、木村勝太が下した判断はドリブルだった。木村勝太はマークされていた沖縄かりゆしFC杉本勇樹をかわしてボールを中央へ運ぶと左足を振りきってボールをゴール左に蹴り込んだ。木村勝太の個人技で先制した松本山雅FCが状況を打開する待望の先制点を奪った。

ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC
ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC
ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC

焦らないかりゆし

 先制された沖縄かりゆしFCはまったく焦らなかった。プレーを再開してもその失点が無かったかのように松本山雅FCの守備を突き続けた。さすが九州王者といったところか。自分たちのサッカーを貫けば得点は時間の問題、再開後のプレーの一つ一つから勝者になる自信が満ち溢れていた。

 変化を見せなかった沖縄かりゆしFCに対して松本山雅FCは大きく変わる。得点したことで守備への意識が高くなり、沖縄かりゆしFCの攻撃を封じる。攻撃も得意のカウンターが主体となって発動し、リスクを犯さなかった。

ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC

松本山雅が前半で3点をリード

 そして試合は急展開へと導かれる。松本山雅FCは前半26分に右サイドのCKを得ると、そのクロスを山崎透が頭でぴったりと合わせてゴールへ叩き込んだ。松本山雅FCがセットプレーを有効に使って貴重な追加点を上げることに成功した。爆発的に盛り上がるアウェー側メインスタンド、沈黙に包まれるホーム側メインスタンド。会場は2つの表情でくっきりと分かれた。

ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC

 誰がこの展開を予想しただろうか。私もここまではっきりと差がつくとは全く思っていなかった。沖縄かりゆしFCとてさすがに2点のビハインドは想定していない事態だったらしく、焦らざるをえなくなる。しかし焦って前がかりになることはすなわち松本山雅FCの十八番であるカウンターを許すことになる。

 追加点の勢いが残っている前半28分、松本山雅FCのカウンターが発動する。今井昌太が右サイドでボールを保持すると、最終ラインの裏へ走りこもうとしている柿本倫明へ絶妙なロブを上げる。柿本倫明はこのボールを受けて最終ラインの裏へ抜けると、GK高橋信幸の動きをよく見ながら丁寧にゴールへ流し込んだ。目の前で起きている状況を淡々と飲み込んだ観客は何人いたのか、是非ともアンケートをとっておくべきだった。2分間で2点を追加した松本山雅FCが前半で3点のセーフティリードを得た。そしてこの3点は沖縄かりゆしFCの戦意を削ぐのには十分な点差だった。

ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC

消化された後半戦

 後半のピッチに現れたのはまるで別人のようになった22人だった。ハーフタイムにどんな指示を受けてきたかは知らないが、リードしている松本山雅FCからは楽勝ムードが、リードされている沖縄かりゆしFCからは絶望のオーラがそれぞれ放たれてまるで集中を欠いていた。それでも形は追う立場の沖縄かりゆしFCが攻勢となる。沖縄かりゆしFCは前線に5人を配置してターゲットとしたが、ボールを前へと運べない。松本山雅FCのゆるいプレスに追いやられてはバックパスを繰り返した。

 苦しい状況ながら何とかエンジンをかけなおした沖縄かりゆしFCは後半14分にようやく1点を返す。中央後方から飯島慎が浅野大地をめがけてロングフィードを送ると、浅野大地は曖昧になっていた松本山雅FCのマーカーを振り切って裏へ抜け出した。浅野大地はそのまま冷静にボールをゴールに流し込むと、すぐさまボールを拾い上げてセンターサークルへセットした。

ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC

 セーフティリードを崩された松本山雅FCはようやく目が覚める。ただし、松本山雅FCは目が覚めたからと言って何かリスクを負ったアクションを起こすわけでもなく、徹底的に時間稼ぎをした。カウンターの形からどんなに決定的な場面が作れそうな状況になっても攻め込まず、ボールを回して時が過ぎ去るのを待った。耐え続けること30分、柿本倫明がコーナーフラッグ付近でボールを失ったところで試合終了が告げられる。松本山雅FCが昇格のライバル沖縄かりゆしFCに完勝した。

沖縄かりゆしFC 1-3
(0-3)
松本山雅FC
後半14分20浅野大地 前半15分9木村勝太
前半26分3山崎透
前半28分10柿本倫明

 この結果により松本山雅FCと沖縄かりゆしFCの勝ち点差が5に広まったため、沖縄かりゆしFCは一次ラウンド突破の可能性が消滅した。松本山雅FCは首位をキープしたまま最終日のレノファ山口FC戦を迎える。松本山雅FCは引き分け以上で一次ラウンドの突破が決まる。

ここからJリーグ-沖縄かりゆしFCvs松本山雅FC

検索

Twitter

Facebook