レノファ山口FCvs浜松大学FC:前半終了

ここからJリーグ-P11206151.JPG

レノファ山口FC 0-0 浜松大学FC
 試合の主導権を握ったのは浜松大学FC。中盤で丁寧にボールを回してレノファ山口FCを押し込み、中央突破を狙った。しかし浜松大学FCレノファ山口FCの守備を崩すことは出来ず、遠めからミドルシュートを放つことしかできない。
 受けてに回っていたレノファ山口FC浜松大学FCの必死な守備に手を焼く。それでもサイドの深い位置を起点にチャンスを多く作るが、決定的なシュートは25分に左サイドのクロスから8柏原渉が頭で合わせた1回のみだった。

検索

Twitter

Facebook