松本山雅FCvs浜松大学FC:観戦レポート

東海地域代表、浜松大学FC

 地域リーグ決勝大会の一次ラウンドを観戦する会場に鳥取を選んだのにはいくつか理由がある。昨年の目撃者としてレノファ山口FC松本山雅FCの因縁の対決を見たかったというのはひとつの大きな理由だ。しかし数ある好カードのがある中で決定打となったのは浜松大学FCの存在だった。

 確かめたいことがあったのだ。東海地域のサッカーがどれだけ全国に通用するのかということを。いや、既に静岡FC矢崎バレンテが全国の舞台で戦っている姿は目の当たりにしている。しかしこれらのチームは長年東海社会人リーグの上位に君臨しており、全国での戦い方を知っている。だから純粋に東海社会人リーグを勝ち進んできたチームが全国の「真剣勝負の舞台」でどこまで通用するのかを目の当たりにしたかった。

 なぜ東海地域にこだわるのかというと、東海社会人リーグが勝負の世界とはかけ離れた非常に緩い環境で行われているからだ。東海地域のチームは魅了するサッカーをするが、勝つためのサッカーができない。そんな私見を裏付けるなり裏切ってもらうなりしてほしかったのだ。決勝大会初出場の浜松大学FCこそ東海地域の本当の実力を測るのにふさわしかった。そして現実はあまりにも衝撃的だった。

始まりは突然、エースの頭で

 第一試合のPK戦が長引いたことで第2試合へのインターバルは非常に短かった。松本山雅FCのサポーターがせっせと弾幕を張っている間に選手紹介のアナウンスが行われ、緑と白の選手がピッチに整列した。慌しいなか始まった試合は慌しく幕を開ける。

 キックオフと同時に松本山雅FCが一気に攻め立てた。初戦だから、相手が初出場だから、絶対に勝たなくてはいけないから・・理由はいくつでも考えられる。そしてそれは相手が浜松大学FCであるということを考えれば考えるほど正解であり、実際に正解だった。緊張を隠しきれない浜松大学FCに対して松本山雅FCはサイドを突破してチャンスを作ると、先制点をあっさり決めた。前半6分にサイドバックの阿部琢久哉が右サイドをえぐると、試合の流れにそぐわない速いクロスを上げる。そのクロスに対して柿本倫明が勢いよく飛び込んでゴールに押し込めば、浜松大学FCの選手がついてこられるはずがなかった。

 松本山雅FCはさっさとリードを奪うと、ようやく落ち着いてディフェンスラインを深く整える。あとは守りながら得意のカウンターで追加点を狙っていけばよかった。松本山雅FCは開始6分で勝負を決した。

ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC

見せ付けた昇格候補の実力

 浜松大学FCは先制されたことで完全に取り乱した。どんな思いが選手たちの中を駆け巡ったのかは分からないが、プレーに落ち着きがなくなり、ミスを頻発する。浜松大学FCが軽いプレーを連続したことで松本山雅FCが中盤を支配し、スタンドの楽勝ムードに拍車をかけた。

 浜松大学FCがリズムを掴んだのは前半の終盤になってからだった。落ち着きを取り戻した浜松大学FCはパスを丁寧につなげるようになる。するとようやく中盤での支配率を高めて浜松大学FCが得意とするサイド攻撃の形を作り始めた。

 ところが全国の舞台でいくつもの勝利を重ねてきた松本山雅FC浜松大学FCよりも何枚も上手だった。松本山雅FC浜松大学FCの浅くなっていた守備陣を見逃さない。前半42分にカウンターからロングフィード一本で大西康平が浜松大学FCの最終ラインを抜けるとそのままGKを一対一の局面を向かえられるところまでボールを運んだ。さすがに距離が長かったため浜松大学FCの選手に追いつかれてしまったが、絶妙なタイミングで小林陽介が更にオーバーラップで裏へ抜け出していた。大西康平が抜け出そうとしている小林にボールを渡せばあとはゴールに入れるだけとなる。小林陽介はこれをゴール左隅に丁寧に流し込んだ。前半の開始直後と終了間際という二つの重要な時間帯にそれぞれ1点ずつ決めた松本山雅FCが2?0と試合を決定付けた状態で試合を折り返した。

ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC

そしてゴールラッシュへ

 後半も先に攻勢を見せたのは浜松大学FCだった。前半に一度掴んだ勢いを取り戻したかのようにチャンスメイクを試みる。決定機の演出には至らなかったが、後半15分には左サイドのFKから2冨田健が頭で合わせるなど、セットプレーから何度か松本山雅FCのゴールに迫った。

ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC

 ようやく松本山雅FCのゴールを脅かせられるようになった浜松大学FCだったが、集中力がもたなかった。主導権は自然と松本山雅FCに渡り、いよいよ試合のクライマックスを迎える。

 まずは後半21分。右サイドのクロスに対して柿本倫明が一人抜け出してGK吉村成貴と空中で競り合う。柿本倫明はGKを相手にしても頭ひとつ抜け出してボールを捉えると無人のゴールへと流し込んだ。エースが奪った待望の追加点で会場は大いに沸いた。ところがこのプレーは柿本がGK吉村を手で押さえていたとしてファウルの判定。追加点とはならなかったがこのプレーが転機となる。

ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC

 後半26分に左サイドの浅い位置から高沢尚利がファーサイドへクロスを上げると、21分に投入されたばかりの今井昌太がスライディングボレーでゴールに叩き込んで今度こそ3点目を上げる。続く後半27分には流れるような中央突破から最後は高沢尚利がPA内から豪快に蹴りこんで4点目を奪う。4得点を上げた松本山雅FCが勝負を決し、浜松大学FCの戦意はすでになくなっていた。

ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC
ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC

 これでも飽き足らずさらに2点を加える。後半34分には木村勝太がカウンターから目の覚めるミドルシュートゴールに叩き込んで5点目を上げると、42分には今井昌太がPKを獲得して6点目を奪う。松本山雅FCは勝ち点3と共に得失点差6という大きな大きなアドバンテージを獲得して初日を終えた。

ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC
ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC
ここからJリーグ-松本山雅FCvs浜松大学FC
松本山雅FC 6-0
(2-0)
浜松大学FC
前半6分10柿本倫明
前半43分11小林陽介
後半21分6今井昌太
後半27分15高沢尚利
後半34分9木村勝太
後半42分8小澤修一(PK)
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook