地域リーグ決勝大会プレビュー!番外編!

あのチームはどうした??

 最後に番外編として決勝大会を逃した主なチームを簡単に紹介します。

ノルブリッツ北海道(北海道2位)
長年、北海道リーグの王者として君臨していたが札大GPの台頭によって王者の座を譲った。
NECトーキンFC(東北3位)
昨年は無類の強さを誇ったNECトーキンの廃部を受けて生まれ変わったNECトーキンFC。再生初年は上位に食い込んだものの昨年の勢いは完全に収束。グルージャ盛岡福島ユナイテッドFCに屈した。
福島ユナイテッドFC(東北2位)
昇格初年となった今年はグルージャ盛岡と最後まで優勝争いをしたものの得失点差で2位となる。復活をかけた全社ではY.S.C.C.に歯が立たず敗退した。
AC長野パルセイロ(北信越2位)
北信越リーグではJAPANサッカーカレッジを上回れずに2位となる。敗者復活をかけた全社では準決勝まで勝ち進んだが天敵の松本山雅FCに敗れて敗退した。
静岡FC(東海3位)
東海リーグでは昇格初年の浜松大学FCに敗れるなど思うように勝ち星を重ねられず3位で終える。敗者復活を賭けた全社では初戦で福島ユナイテッドFCに敗れて8年連続の決勝大会進出はならなかった。
バンディオンセ加古川(関西4位)
昨年末に経営破綻によりアマチュアクラブとして辛うじて存続。しかし戦力を維持できず。それでも関西リーグでは最後まで上位争いに加わり、4位で終えた。敗者復活を賭けた全社では初戦でカマタマーレ讃岐に敗れる。
アイン食品(関西3位)
例年通り上位争いに加わったが三洋電機洲本とAS.ラランジャ京都の躍進の陰に隠れる形で決勝大会進出ならず。敗者復活を賭けた全社では初戦でFC岐阜SECONDに敗れた。
佐川急便中国SC(中国1位)
中国サッカーリーグを優勝したが、会社の方針により出場を辞退した。
カマタマーレ讃岐(四国2位)
四国リーグでは最終節まで優勝の可能性を残したが、ヴォルティス・2ndとの直接対決に敗れて敗退。敗者復活を賭けた全社では2回戦でレノファ山口FCに勝つなど準々決勝までコマを進めるがツエーゲン金沢に敗れた。
新日鐵大分(九州3位)
シーズン序盤につまずきスタートダッシュに失敗する。終盤にかけて怒涛の追い上げを見せたが沖縄かりゆしFCとヴォルカ鹿児島の勢いを上回れなかった。敗者復活を賭けた全社では2回戦で同大会3位のtonan前橋にPKで敗れた。

 以上、出場16チーム+αの紹介をもってプレビューとしました。以上で紹介したチームは各地域で上位の成績を収めた一握りにすぎません。そしてその一握りの中からJFLに昇格できるのは一つまみのチームとなります。この大会がいかに難しい大会かお伝えできたでしょうか。日本の4部リーグとあってサッカーの質は確かに低いです。しかしこれだけ実力が拮抗したチームが一堂に集い、生死を賭けた真剣勝負をする大会は他にありません。まずは一次ラウンドの3日間。福島県、富山県、鳥取県、高知県の最寄りの会場にぜひとも足を運んでみてください。

検索

Twitter

Facebook