流通経済大学vsTDK_SC:前半終了

ここからJリーグ-P11008141.JPG

流通経済大学 1-0 TDK_SC
得点
前半33分(流経)18 フランク・ベロカル
 4-4-2のシステムでカウンターを戦術とする両チームの対戦。序盤は共にトップにボールが収まらずロングボールをほうり込むだけの草サッカーのようだった。しかし流通経済大学が中盤を前がかりにして全体のプレスをきつくしたことで攻撃に厚みを作り攻撃の主導権を握ると、試合はようやく実態を見せる。
 流通経済大学は強引なドリブルを中心に中央突破から多くのチャンスを作る。33分には強引に打ったミドルシュートのこぼれ玉をフランク・ベロカルがフリーで拾い、丁寧に押し込んで先制した。
 TDK_SCはロングボールを効果的に使って左サイドを中心に攻撃の起点は作るが、決定機を作れていない

検索

Twitter

Facebook