JFL前期第7節:プレビュー

連戦への第1戦

 今節の対戦はどこも好カードとなった。首位のガイナーレ鳥取はJリーグ準加盟で前節連敗を止めた好調FC町田ゼルビアをホームに迎える。ガイナーレ鳥取と勝ち点で並ぶ横河武蔵野FCは復活ののろしを上げたいSAGAWA SHIGA FCとホームで対戦。この2つのカードでおなかいっぱいなのだが、まだまだ序の口。王者Honda FCは無敵艦隊ジェフリザーブズと、準加盟で連勝中のV・ファーレン長崎は負けなし絶好調アルテ高崎と、同じく連勝中のニューウェーブ北九州はホームで連敗を止めたいソニー仙台FCと。その他をその他とくくると、調子が上がらないチーム同士の対戦であり、どのチームの立場に立っても対戦相手は勝利必須だ。

 また、次節は3日後の火曜と水曜に設定されており、ゴールデンウィークとばかりにJFL泣かせの日程となっている。今後の展開を占う1週間となりそうだ。

JFL前期 第7節
4/25 13:00 Honda FC vs ジェフリザーブズ 都田
4/25 13:00 ガイナーレ鳥取 vs FC町田ゼルビア とりスタ
4/25 13:00 横河武蔵野FC vs SAGAWA SHIGA FC 武蔵野
4/25 13:00 ソニー仙台FC vs ニューウェーブ北九州 宮城県
4/25 13:00 MIOびわこ草津 vs FC琉球 上野競
4/25 13:00 V・ファーレン長崎 vs アルテ高崎 長崎県
4/25 13:00 ホンダロック vs 三菱水島FC 宮崎市
4/26 13:00 流通経済大学 vs TDK SC カシマ
4/26 13:00 FC刈谷 vs 佐川印刷SC 刈谷

流れを止めるな!準加盟2番勝負!

4/25 13:00 ガイナーレ鳥取 vs FC町田ゼルビア とりスタ

 準加盟対決第2戦となったこのカードはどちらの立場に立ってもこの時期に嫌な相手となった。

 ガイナーレ鳥取は首位にたちながらもここ3戦は1勝2分と勝ちきれていない。その1勝もホームで最下位FC琉球相手に苦しみながらの勝利。苦しい時期に来ていると言うのが正直なところだろう。この重要な時期に対戦するFC町田ゼルビアはしばらく連敗が続いていたが、前節はホームで流通経済大学に勝って連敗を止めている。

 FC町田ゼルビアは攻撃的な戦術をとっており、同じく強攻撃的な戦術をとるガイナーレ鳥取にとってはやりやすい相手かもしれない。しかしそれはFC町田ゼルビアにとっても同じ事で、打ち合いにならずとも多くの得点機が見られ、最終的に決定力が試合を左右する試合になるはずだ。

ニューウェーブ北九州、3連勝で波に乗れ!

4/25 13:00 ソニー仙台FC vs ニューウェーブ北九州 宮城県

 ある程度の強さがあれば連勝はよくあることだが、3連勝は本当に強いチームにしか許されない肩書きだ。JFL昇格後初となる3連勝をするかどうかで今年のニューウェーブ北九州の真価が問われる。しかし不幸にも今節の相手は大の苦手ソニー仙台FCとなった。昨年の対戦成績はソニー仙台FCの2勝。しかも「3-1」「3-0」といずれの対戦でも3点を取られており、全くいいイメージはない。と言いながら物事の捕らえようには調子がいい状態で苦手な相手と戦えるので、ラッキーなのかもしれない。どう捕らえるかは個人の自由だが、とにかく上位進出への正念場であると言いたい。

 目前の4位Honda FCと5位ジェフリザーブズが対戦するため、6位ニューウェーブ北九州は勝てば順位が上がる。そのためにも勝たなくてはいけない。

攻撃的カウンターVS守備的カウンター

4/25 13:00 V・ファーレン長崎 vs アルテ高崎 長崎県

 ガイナーレ鳥取Honda FC横河武蔵野FCと互角の戦いをし、3勝3分の3位と今年1番の強さを見せているアルテ高崎V・ファーレン長崎が挑む。V・ファーレン長崎は開幕からなかなか勝てずにいたが、前々節の九州ダービー・ホンダロック戦に勝利すると前節は三菱水島FCを相手に苦しみながらも持ち前の爆発力を発揮して大勝。ようやく勝利の航海に乗り出したところだ。カウンターの戦術をとりながらカウンタータイプのチームを得意とするV・ファーレン長崎の攻撃がアルテ高崎の守備に通用するのか、見ものである。

今週は「横河武蔵野FCvsSAGAWA SHIGA FC」「流通経済大学vsTDK SC」を観戦します。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook