ジェフリザーブズvs横河武蔵野FC:レポート/JFL前期第4節1日目

JFL前期第4節1日目結果
ジェフリザーブズ 1-1 横河武蔵野FC
佐川印刷SC 1-2 ホンダロック

無敗継続

 今期1勝2分のジェフリザーブズと2勝1分の横河武蔵野FCで行われた今期無敗同士の一戦は1-1の引き分けに終わった。勝ち点を重ねられることは喜ばしいことだが、両者とも手放しで喜ぶことは出来ないはずだ。

ジェフリザーブズvs横河武蔵野FC:スタメン
ジェフリザーブズvs横河武蔵野FC:前半終了
ジェフリザーブズvs横河武蔵野FC:後半終了

ここからJリーグ-ジェフvs武蔵野

負けないのか、勝てないのか

 無敗といえば聞こえはいいかもしれないが、ジェフの場合は勝てないことを心配しなければいけない。ジェフの守備は完成形であり、守備を整えた後半は特に大崩れすることがなかった。今季初となる失点のシーンも相手のスーパーゴールを褒めるべきであり、守備が乱れた結果とは言えない。4バックはしっかりとそのラインを保ち、中盤の3枚ないし4枚と連動して相手を追い込んで中央突破を許さなかった。

 しかし今回は欠点を見せた。それは横河武蔵野FCがしてみせたようにサイドチェンジに対応しきれない点だ。前線に3枚並べた分中盤も3枚とやや薄くなったことで対応がやや遅れた印象を受ける。攻撃的に出た弊害とも言えるが、今後に向けて修正すべき課題となるだろう。

 そして決定的な問題が攻撃だ。ジェフリザーブズは攻撃が出来ない。今回の得点は相手のDFラインのミスをついた、いわば棚から落ちてきた牡丹餅でしかない。相手を崩すための戦術的な攻撃手段がみられないうちは勝てないジェフから脱却することは出来ない。最重要課題だ。

ここからJリーグ-ジェフ武蔵野

もったいない・・横河武蔵野FC

 もったいない試合を逃した。DFのミスで先制を許し、同点にしたものの逆転には至らなかった。同点直後のジェフリザーブズは明らかに動揺しており、前半のうちに決着がつけられなかったのは心残りだ。これで今期は2勝2分。確実に勝ち点を重ねられているものの、なかなか波に乗ることができない。

 前半の30分頃、すなわち同点にするまでの横河武蔵野FCは最悪だった。形の上では攻撃的であったが、ジェフの勢いに圧倒されるように単純なミスを連発しては尻拭いに走る嫌なシーンが続いた。それでも1点で済んだのは守備において1対1で負けなかったからに他ならない。

 負け試合を覆すためのメソッド。コーナーキックやフリーキックなどのセットプレーを生かすこと。非常に基本的な手段だが効果的だ。強いチームと言うのはセットプレーで点が取れる。横河武蔵野FCがそれだ。その1発が決まったことで浮き足立っていた青いイレブンの足がようやく地に付いた。セットプレーの重要性を改めて確認させてくれた横河武蔵野FCに感謝する。

 横河武蔵野FCの攻撃は非常にシンプルなものだった。オーバーラップを効果的に使ってサイドから攻め、隙をみてはサイドチェンジをしたり、中央に切り込んだりする。まるでお手本のようなサイド攻撃だった。試合の最初からその攻撃が見られたらもっと優位に試合を進めることが出来ただろう。
ここからJリーグ-ジェフ武蔵野

こちらも無敗!ホンダロックが勝利で暫定3位

 ホンダロックがエース原田の2発で佐川印刷SCに勝利した。昇格組でひとり奮闘しているのがホンダロックだ。開幕戦でHonda FCにドロー発進すると、本日の勝利をもって2勝2分けの勝ち点8。こちらも負けなしで横河武蔵野FCと並んでいる。

 対する佐川印刷SCは1分3敗で未勝利継続中。早く波に乗りたい。

明日は「アルテ高崎vsガイナーレ鳥取」を観戦します。

検索

Twitter

Facebook