ジェフリザーブズvs横河武蔵野FC:試合終了

ここからJリーグ-P11003301.JPG

ジェフリザーブズ 1-1 横河武蔵野FC
前半8分(ジェフ)18 金沢亮
前半34分(横河)28 金守貴紀
 後半に変化を見せたのはジェフ。不安定だった重心を後ろに、つまり守備を安定させて後半に臨んだ。また、左サイドハーフを大きく前にはらせてシステムを4-3-3にしたことで両サイドを攻撃の起点にした。
 ジェフリザーブズが守備に入ったことで攻撃の主導権は横河武蔵野FCにうつる。サイドチェンジを効果的に用いてジェフのDFを左右に揺さぶりることでチャンスを作り、幾度か決定的なシュートを放つ。
 後半は終始、攻める武蔵野、カウンターのジェフという構図を保ちながら運ばれたが、両者共に決定機を決められず終了した。

検索

Twitter

Facebook