2009年地域リーグ -東海社会人リーグ

1部

チーム名
静岡FC 静岡
矢崎バレンテ 静岡
藤枝市役所 静岡
中京大学FC 愛知
コニカミノルタSC豊川 愛知
マルヤス工業サッカー部 愛知
浜松大学FC 静岡
トヨタ蹴球団 愛知

2部

チーム名
マインドハウス四日市 三重
佐川急便中京SC 愛知
FC鈴鹿ランポーレ 三重
春日井クラブ 愛知
名古屋SC 愛知
芙蓉クラブ 静岡
中京FC 愛知
伊勢ペルソナFC 三重

大会期間 5月?10月

東東海リーグ

 今年の1部はマインドハウス四日市の2部降格をもって東海リーグとは名ばかりに静岡・愛知プレミアリーグになってしまった。東東海リーグとか名称を変えてみてはいかがだろうか。というのは冗談にもならない冗談だが、2部に活きのいい三重県勢が控えているだけに名を連ねることもない岐阜県勢には失望している。がんばれ、わが故郷。

 今年も例年通りに静岡FC矢崎バレンテがぬくぬくと上位を占めて決勝大会に駒を進めることだろう。差し詰め大きな動きを耳にすることはない。見える未来はこの程度だ。しかしそうはいかないエレメントが2部から昇格した浜松大学FCである。近年、大学チームがやたら活き活きとしているのは言うまでもなく、浜松大学に関しても例外ではない。昨年は1部の中京大学FCを破って全国社会人サッカー選手権大会に出場すると、初戦でノルブリッツ北海道を破る波乱を起こしている。この結果に限って言えば相手の心配をするのが先決だが、可能性を示した浜松大学FCが躍進する可能性は否定できない。静岡FCにしろ矢崎バレンテにしろ、成り上がりのFC岐阜にあっさりと優勝を献上した過去があり、元気なチームにはめっぽう弱いと認識している。もしかするともしかするかもしれない。

2部に潜む三重の怪盗と暴れ馬

 静岡FC矢崎バレンテが懸念する要素はそれだけではない。東海リーグも東北リーグの様な戦国時代へ突入しようとしている。それが2部に所属する三重県の2チーム、FC鈴鹿ランポーレ伊勢ペルソナFCだ。

 将来のJリーグ入りを表明しているのがFC鈴鹿ランポーレである。昨年までは三重FCランポーレと名乗っていたが、鈴鹿クラブとの合併をもって本拠地をそれまでの名張から鈴鹿に移しで『FC鈴鹿ランポーレ』と改名した。骨格がようやく定まってきたところでこれから上昇気流に乗ると思われる。

 そのライバルに当たるのが今年から2部に参戦する伊勢ペルソナFCである。暴れ馬とは名ばかりでなく、昨年は藤枝市役所を破って全社出場を果たしており、初戦でヴォルカ鹿児島に敗れたもののその潜在された力と上昇気流は並外れたものがある。今年も東海の暴れ馬となって盛り立ててくれることだろう。

新しい試み、藤枝MYFC

 長くなってしまったが最後に、その下には静岡県1部に藤枝ネルソン改め藤枝MYFCが将来のJリーグ入りを求めて準備中である。MYFCとは乱暴に言ってしまえばリアルサカつくそのものであり、会員の投票を主にして運営を行う新しい試みである。その説明は同ホームページに任せるとする。しかし既に企画倒れしそうな気配であり、行き先は不安だ。まだ登録されていない方がおられたら無料なので義理でも会員になってみてはいかがだろうか。

サッカークラブ育成オンラインコミュニティ – MYFC

 東海リーグが東東海リーグでは寂しい。サッカー王国にある静岡FC矢崎バレンテの努力も虚しい閉塞感を打開するにはもっともっと活気が必要だ。スローライフを好む東海地域の人間に活気を求めるのは乱暴かもしれないが、サッカー王国をかかえる東海地域だからこそサッカーで盛り上がってほしい。

検索

Twitter

Facebook