JFL後期第15節:決着か混沌か—Jリーグ参入争い

準加盟チームよ、J参入へもうひとふん張りだ

JFL後期第15節対戦
11/15(土) 13:00 佐川印刷SC vs ガイナーレ鳥取 太陽が丘
11/15(土) 14:00 横河武蔵野FC vs ファジアーノ岡山 武蔵野
11/16(日) 13:00 カターレ富山 vs SAGAWA SHIGA FC 富山
11/16(日) 13:00 Honda FC vs ニューウェーブ北九州 都田
11/16(日) 13:00 ジェフリザーブズ vs FC琉球 フクアリ
11/16(日) 13:00 流通経済大学 vs FC刈谷 龍ヶ崎
11/16(日) 13:00 ソニー仙台FC vs 三菱水島FC 七ヶ浜
11/16(日) 13:00 TDK SC vs MIOびわこ草津 仁賀保
11/16(日) 17:00 栃木SC vs アルテ高崎 栃木G

 今週末は天皇杯の第5回戦や関東リーグ昇格を賭けた関東社会人大会、さらには高校サッカー県予選決勝などが行われるなど、今週もシーズン終盤らしい熱い試合が全国各地で行われる。JFLも後期第15節を迎え、残り3試合で運命が決まる。特に栃木SCは今節での4位以内確定がかかっている。さらには4位に順位を落としているファジアーノ岡山と6位の横河武蔵野FCが直接対決するなど、話題に事を欠くことはない。結果次第では4分の3レースは4分の2レースへとハードルが上がることになり、ファジアーノ岡山はその他のJリーグ準加盟チームの運命をも担うことになる。

JFL上位の順位と残りの対戦
順位 チーム名 勝点 得失差 15節 16節 17節
1 Honda FC 69 +37 北九(H) 滋賀(A) 高崎(H)
2 栃木SC 58 +23 高崎(H) 岡山(A) 刈谷(H)
3 カターレ富山 57 +24 滋賀(H) 草津(A) 岡山(H)
4 ファジアーノ岡山 55 +18 横河(A) 栃木(H) 富山(A)
5 ガイナーレ鳥取 54 +21 印刷(A) TDK (H) 流経(A)
6 横河武蔵野FC 53 +12 岡山(H) 北九(A) 琉球(H)
7 流通経済大学 51 +5 刈谷(H) 琉球(A) 鳥取(H)
8 FC刈谷 47 +8 流経(A) 仙台(H) 栃木(A)

栃木SCvsアルテ高崎」:最高の舞台・ホームで4位以内へ一抜けだ!

 栃木SCの4位以内確定の条件はアルテ高崎に勝利し、ガイナーレ鳥取が敗れ、横河武蔵野FCが引き分け以下になること。試合順では一番最後になるため、条件が整えば最高の雰囲気で試合に望めることになる。前節で三菱水島FCを難なく退けた栃木SCにとって、アルテ高崎はハードルになることはない。続くファジアーノ岡山FC刈谷との難敵との対戦を前にしっかりと勝ち点3を積み重ね、余裕を持って残り2戦を迎えたい。

 余談だが、FC岐阜が4位以内確定を決めたときの相手はアルテ高崎である。

カターレ富山vsSAGAWA SHIGA FC」:門番を突破せよ!

 前節、ファジアーノ岡山を敵地で退けたSAGAWA SHIGA FCがカターレ富山の前に立ちはだかる。昨年の覇者SAGAWA SHIGA FCはカターレ富山を除く準加盟チーム全てに勝利しており、Jリーグへの門番としてぜひともカターレ富山の首も取っておきたいところだ。カターレ富山栃木SC同様、条件次第では4位以内がほぼ確定する。それでなくとも、最終節のファジアーノ岡山との直接対決までもつれるのは避けたいのでホームでしっかり勝ち点3を取らなくてはいけない。

横河武蔵野FCvsファジアーノ岡山」:栃木SCカターレ富山をアシストせよ!?

 全国のJFLファンが注目する一戦。横河武蔵野FCが勝利すれば順位が直接ひっくり返るという意味でも両者にとって重要な試合となる。連敗中のファジアーノ岡山にとっては少々厳しすぎる相手となるが、勝利以外はありえない。厳しいチーム状態に追い討ちをかける様に攻撃の要である小林康剛を出場停止で欠くが、言い分けは通用しない。

 ところで、ガイナーレ鳥取が負けるという条件が必要だが、引き分け以上で栃木SCカターレ富山の4位以内をほぼ確定させることが出来る。ファジアーノ岡山はこのあと栃木SCカターレ富山と試合を控えているため、両者のモチベーションをガクッと下げるためにもこの試合は非常に重要となる。

佐川印刷SCvsガイナーレ鳥取」:参入レースは終わらせない

 他の準加盟チームにとって非常に厄介な存在となっているガイナーレ鳥取は、3連勝中と好調の佐川印刷SCに挑む。他の準加盟チームにとってはさっさと離脱してほしいものだが、崖っぷちをひた走る5位ガイナーレ鳥取は勝ち点差1で迫る4位ファジアーノ岡山が難敵3連戦で勝ち点を逃すタイミングを伺っている。しかしガイナーレ鳥取の勝利必至の状況は変わらない。

 栃木SCカターレ富山にしっかりとファジアーノ岡山を叩いてもらうためにも、しっかりと勝利を修め、栃木SCカターレ富山の4位以内確定を阻止したい。

最後は気持ちの問題だ

 早すぎるクリスマスキャロルが足を速め流れ星と柊の飾り物が街を彩る。リーグの美味しいところがぎっしり詰まった終盤の決戦。J1、J2も傍観者にとってはとてもわくわくする展開が続く。しかし当事者やサポーターにとっては胃が痛いだけである。余計な胃薬を飲まないようどこも早めに決着をつけたい。選手、フロント、サポーター、総力戦が続く。

おまけ:傍観者的に面白い展開一覧

展開1:栃木・富山・岡山が4位以内確定・ほぼ確定へ
チーム 結果 勝点の変動 対戦相手
栃木SC 58→61 アルテ高崎
カターレ富山 57→60 SAGAWA SHIGA FC
ファジアーノ岡山 55→58 横河武蔵野FC
ガイナーレ鳥取 54→54 佐川印刷SC
横河武蔵野FC 53→53 ファジアーノ岡山

 平和的に上位で多数決をとるとこうなる。ガイナーレ鳥取横河武蔵野FCの離脱をもって今期のJFLに終わりが見える。しかしさっさと決まってしまうとそれはそれでつまらないものだ。

展開2:2?4位3つ巴、鳥取が高みの見物へ
チーム 結果 勝点の変動 対戦相手
栃木SC 58→59 アルテ高崎
カターレ富山 57→57 SAGAWA SHIGA FC
ファジアーノ岡山 55→56 横河武蔵野FC
ガイナーレ鳥取 54→57 佐川印刷SC
横河武蔵野FC 53→54 ファジアーノ岡山

 ファジアーノ岡山を中心に栃木SCカターレ富山が潰しあいをするなか、ガイナーレ鳥取が着実に勝ち点を重ねて難なく4位以内を確保してしまうというガイナーレ鳥取偏重な展開

展開3:準加盟組ピンチ!横河武蔵野・流経大参戦
チーム 結果 勝点の変動 対戦相手
栃木SC 58→59 アルテ高崎
カターレ富山 57→57 SAGAWA SHIGA FC
ファジアーノ岡山 55→55 横河武蔵野FC
ガイナーレ鳥取 54→54 佐川印刷SC
横河武蔵野FC 53→57 ファジアーノ岡山
流通経済大学 51→54 FC刈谷

 4位以内に入る準加盟チームが一つとかいうJリーグにとってみれば悲惨な結果になりうる状況に。こうなると来年は、さらに準加盟チームが増えることが予想されるのであわよくばニューウェーブ北九州も含めてJFLは準加盟戦国時代へ。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook