アルテ高崎vsカターレ富山:前半終了

P10500071.JPG

アルテ高崎 0-3 カターレ富山
 カターレ富山はPKで早々と先制すると、3人、4人、多いときは5人が高崎の最終ラインに張り付いて裏への飛び出しから速い攻撃を仕掛ける。殆どがオフサイドになり、なかなか狙い通りにはいかない。しかし、それにより出来た前線の密集地帯にクロスを放り込むことで2点を得ている。
 アルテ高崎は前後に分離したカターレ富山の中盤のスペースを生かしてクロスを放り込んだりいい弾道のミドルシュートを放つが、なかなかフィニッシュには至れない。ゴールに至る最後の場面での技術の差がスコアに如実に現れている。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook